「フィリピン戦の真実」
   ~日本兵の捕虜虐待という大嘘

   アメリカの小学生は日本が大嫌い...?

   ライズアップジャパン事務局


     2020.06.15 ライズアップジャパン

本日6/15日まで限定で
特別動画を公開しています。
公開内容は
「フィリピン戦の真実」
~日本兵の捕虜虐待という大嘘 です。
GHQによって没収された焚書を 実質無料でプレゼントしています。


変なことを聞くのですが、
あなたは電車で本を読んでいる時、
その表紙を他人に見られて恥ずかしい、
と思ったことはありませんか?

そんなことない!
自分が読みたい本を読めばいいんだ!
という人がいたらすごく羨ましいです、、、

というのも、僕はかなりこう言ったことが苦手で、
電車やカフェなどで本を読むときは必ずブックカバーをします。

しかし、ある時、
「反日メディアの正体」という本と出会いました。

あなたもご存知かもしれないですが、
この本、やけに胴体がデカくて
ブックカバーをつけることができません、、

家まで持って帰って読めばよかったのですが、
その日はたまたま家に親戚が集まる日で
こういう題名の本を持って帰ったら
何か心配されるかな、、と思い、
やむなく電車の中で読んでみることにしました。

普通の本でも恥ずかしいのに
「反日メディア」と堂々と書かれている本を抱えて読まなければならず、
本の内容が全く頭に入ってきませんでした、、笑

さらによく覚えているのが、
その時、目の前で座っていた
70歳くらいのおじいさんが
ずっと僕の方を見てきていました。

気になった僕は
そのおじいさんの方を向くと
ふいと目をそらされ、
隣にいたお婆さん(夫婦かな?)に、
こっそりと耳打ちをして
その後は全くこちらを見なくなりました。

こんなふうに、
今の日本では
「反日」「戦前の日本」「メディア批判」
などは暗黙のタブーとされ、
電車内でこんな本を読もうものなら
先ほどの僕みたいに
奇異な視線を向けられ、きみ悪がられます。

今回はあなたに
戦後GHQが処分して今はほとんど残っていない
貴重な焚書(ふんしょ)を
プレゼントしようと思い、メールを送りましたが、

多分この本を持っているところを
他の人に見られたり、
電車の中で読んでいたら
変人扱いされるかもしれませんし、、
右派だとなんだのと揶揄されるかもしれません。
日本の本当の歴史を知ろうとしているだけなのに、、

そんな辛い思いをしてまで
GHQに隠された歴史の秘密を知りたいと思う人は
多くはいないと思います、、

それよりも、
夕食後のアイスと一緒に
ソファーで寝転びながら
「池上彰のニュースそうだったのか」
を見ている方がよっぽど気楽で、愉快で、日本のことをわかったような気になれて、、

今回の焚書の復刻には
かなりコストがかかっており、
我々もそんな人たちに提供したいとは
考えていません。

そこで、テレビや新聞といった
既存のマスコミの報道に問題意識を持ち、
その価値がわかる方にこそ、手に取って欲しいと思ったので、、、

日頃から上島先生の教材で学習しているあなたに、
今回約70年ぶりに復刻した焚書をプレゼントしたいと思います。