「フィリピン戦の真実」
   ~日本兵の捕虜虐待という大嘘

   アメリカの小学生は日本が大嫌い...?

   ライズアップジャパン事務局


     2020.06.14 ライズアップジャパン

* * * * * *

「日本人は大量の捕虜を殺した。」
「大量強姦を犯した野蛮な猿、日本人」
「捕虜の所持品をすべて巻き上げた。」

21世紀になった今でも
アメリカの小学生は
こう教わっています。

そして、
多くの日本の歴史家も
そう考えざるを得なく
なっています。

しかし、

日本人が残虐だったというのが
事実無根で、
全くのデタラメだったとしたら...

なぜ、
アメリカでは
日本人が残虐であったと
教えられているのでしょうか?

それは、
戦後GHQが、
アメリカにとって都合の悪い
内容の書物を焼き払う、

”焚書(ふんしょ)”を行い、

アメリカにとって
不都合な事実を書いた、
7千冊以上もの戦前の書物が
没収されてしまったからです。

真実が隠されてしまっている以上、

アメリカ人によって
語り継がれている
日本人の姿は、

アメリカ側による
都合のいい
でっち上げだった可能性もある
ということです・・・

1941年から始まった、
フィリピンの戦いを描いた書籍も
戦後に焼き払われた
焚書のうちの一つ。

しかし、
78年の時を超えて、
今ここに復刻版が
できました。


「バタアン半島総攻撃従軍記」


私たち日本人が
知らぬうちに抱かされてきた
日本へのマイナスのイメージは
正しいのでしょうか??

実際、
日本兵は捕虜に対して
どんな扱いをしたのでしょうか??

今回の、
復刻版の焚書を
読むことによって、

アメリカが、
戦後日本に仕掛けたプロパガンダに
気づくことができ、

戦後GHQの日本人洗脳計画が
いかに現代日本人の考え方を
蝕んでいるかが深く理解できます。

あなた自身の目で
真実を確かめてください。

↓ ↓ ↓

この従軍記の著者は
芥川賞受賞作家。
戦後は戦犯作家と汚名を着せられた
火野葦平です。

日本軍に徴収され、
軍に同行した従軍記者です。

彼は、
戦地の様子を
日本へ届けるのが使命でした。

当時、検閲があることを
加味した上でも、

この書籍には嘘では書けない
当時の日本軍、フィリピン軍、アメリカ軍の
やりとりがありありと書かれています。

そして、
残酷な日本兵が3万人以上の捕虜を殺した
バターン死の行進がどんな状況で起きていたのか?
本当に日本人が残虐だったのか?

当時の情報を感じるには十分な内容です。
しかし、この日誌は何らかの理由があり、
戦後GHQによって消し去られました。

78年の時を超え、
今日はあなたにその日誌を、

無料でお渡しする準備ができました。

実際に戦争に同行していた記者の
日誌から実際に当時の様子を感じてみてください。
真実を判断するのはあなたなのですから。