特集ワイド


      小沢一郎氏「3度目の政権交代」へ始動 
      為すべきは与野党1対1 
      「自民以外の選択肢」、無党派層動かす

      【奥村隆】


      毎日新聞 2023/8/3 東京夕刊


      
野党候補の一本化で政権交代を実現する有志の会の設立記者会見に臨む立憲民主党の小沢一郎氏(中央)=衆院第1議員会館で2023年6月16日、竹内幹撮影

 御年81歳で政界最古参の立憲民主党、小沢一郎衆院議員が「3度目の政権交代」のラストバトルに向けて動き始めた。1993年8月の細川護熙政権発足の立役者。今年は55年体制崩壊からちょうど30年の節目でもある。2009年の鳩山由紀夫政権樹立に続いて、野党が政権を奪還する算段はできているのだろうか。本人を直撃した。


 記者会見を開いた小沢氏の胸中に去来するのは、抑えきれぬ憂国の思いか、それとも――。永田町で吹き荒れていた「衆院解散風」が急にやんだ直後の6月16日のこと。小沢氏らは「野党候補の一本化で政権交代を実現する有志の会」設立を発表した。立憲民主の執行部以外の衆院議員80人に呼びかけ、8割近くの賛同を集めたという。泉健太体制で「一兵卒」を公言していた剛腕政治家、にわかに「やる気」の顔になっている。

 それから1カ月余。活力みなぎる小沢氏と久々に向き合い、「有志の会を発足させた真意は?」と聞いてみると、冗舌に語り出したのである。「立憲民主党は国民が野党政権を望んでいるのに本人が望まないというまか不思議な状態で、かつて万年野党だった旧社会党よりひどい。このままでは日本の議会制民主主義は完全に壊れてしまう。自公政権か、それに代わる政権かを国民に選んでもらえるようにすべきです」

 どういうことか。泉代表は次期衆院選で獲得議席が150を下回れば引責辞任すると表明し、かつ小選挙区で他党との候補者調整をしない方針を示していた。「150議席では過半数(233議席)に届かず、最初から政権を奪う気などないことになる。政権を取らなければ実現できないのに、公約を並べるだけなら国民に対する背信行為。そんな政党なら解散したほうがいい」。要するにまるで納得していないということだ。

 ふと見ると、壁には、新たに小沢氏の似顔絵入りの手ぬぐいが飾られている。支持者から贈られたといい、「剛腕」の2文字の下に「為(な)すべき事を為すために」と書かれている。今や長老となった小沢氏を突き動かす「為すべき事」とは何か。

 一つ、確実なのは、近年流行する「提案型」という野党像への強烈な違和感だろう。与党との修正協議で得た成果を誇らしげに語る野党政治家について、小沢氏はバッサリだ。「それは万年野党がやること。修正などで喜んでいるのは、官僚の手のひらの上で踊っているようなもの。是々非々なんて当然だ。しかし、根本的な理念が異なる安保法制のような時は体を張ってでも反対し、国民に別の選択肢を示す必要がある」

 旧民主党や旧国民民主党で行動をともにした玉木雄一郎・国民民主党代表が政府の22年度当初予算案に賛成し、野党でも与党でもない「ゆ党」路線と見られていることにも、「ああいうのは特殊だ」とにべもない。

 政権奪還の際、誰を首相に担ごうとするのかも注目される。6月20日発足のいわゆる小沢グループ「一清会」の所属議員には「3度目の政権交代を果たすまでは死んでも死にきれない」と漏らしたらしい。政権交代の暁には、細川氏や鳩山氏のような「誰か」を押し上げるのか、それとも必要とあらば自ら政権を担うのか、今は黙して語らない小沢氏である。

      
記者のインタビューに答える小沢一郎衆院議員=東京都千代田区で2023年7月24日、北山夏帆撮影


 議員会館の応接室で対面するのは3度目だが、以前とは明らかに様子が違う。話に「間(ま)」がないのだ。徐々に早口になり、あれもこれも伝えようとする。両手を大きく広げ、身ぶり手ぶりを交えて自説を展開する。

 そもそも小沢氏が考える「次の政権」とは、どんな姿形となるのだろう。そう聞くと、「長い権力は必ず腐敗する。長期政権で何をやっても権力が揺るがないとなれば、自民党はやりたい放題のことをする。結果、権力の周囲に巨大な既得権、利権構造ができあがるのは当たり前。それで汚職や不祥事が起きているわけです。この利権構造を解体するだけでも、国民にとって政権交代の効果は絶大なものがある」と小沢氏は言う。

 冒頭の「有志の会」が訴えるように、与野党1対1の構図を実現させるのは小沢戦略の要諦だ。その文脈でいえば、小沢氏が日本維新の会創設者の橋下徹氏と対談した7月15日のインターネット番組は興味深い。両者は小選挙区の野党候補を一本化すべく「予備選」を実施する構想で意気投合したのである。かねて橋下氏は、小選挙区ごとの予備選を制した勝者1人が衆院選に出る候補者調整の仕組みを提唱している。

 「橋下さんに大賛成」という小沢氏に、ここで素朴な疑問をぶつけてみた。立憲と維新は外交・安保・憲法などの基本政策が大きく異なる。予備選で維新候補が勝てば、立憲支持者が維新候補に投票しないケースが続出し、その逆もまた起きるのでは? 「そんなことはない」と首を振った小沢氏、さらにこう付け足した。「そんなのはマスコミのへ理屈です。国民の意識、大衆の意識は何か、を考えなければならない。自民党候補か野党候補かの選択を望む意識ですよ」

 統一候補ができたことによって国民の間に大きな期待感が生まれ、単純な足し算よりもはるかに大きな票が出ますよ、と小沢氏は説く。目算では、新たに10~20%の無党派層が投票するようになり、投票率が上がる。「『どうしても自民党』という人はちゃんと自民党に入れる。自民党は嫌だが野党に入れても仕方ないと棄権していた人たちが野党候補の一本化により投票所に足を運ぶ。統一候補の所属する政党以外の支持者は応援しないのではというようなことを言っているのは、選挙をやったことがない人たちです」。泉代表は結局、野党間の候補者調整を呼びかける方向に軌道修正した。

 野党政権と聞いて思い出すのは、安倍晋三元首相が繰り返した「悪夢のような民主党政権」というフレーズだろう。これに小沢氏は断固反論する。「アベノミクスは経済成長につながらず、1人当たりの国民所得が韓国に負ける水準まで落ち込んだ。敵基地攻撃能力(反撃能力)の保有もそう。岸田君(文雄首相)は子どもの火遊びみたいな傾向がある」。自民党は権力欲や執着心によって結合を維持しているが、派閥を統合する傑出した実力者がいなくなり、派閥の力も弱まっている、と言うのである。

 1969年の衆院初当選から54年目を迎えた。「竹下派七奉行」のうち他の6人は既に他界している。今年に入って小沢氏は、かつて師事した田中角栄元首相の郷里・新潟県を訪れた。「雪国出身の田中先生が立候補したのは、出稼ぎしなくても済むような国にするため。私の地元・岩手も人口が減っています。人口減少を止められないのは政(まつりごと)のせい。何とかしなくてはなりません」

 ここまで話したところで、インタビューはお開きとなった。「次回は政権交代後なら、ゆっくり時間を取れますよ。政権交代直前はダメ。全国を歩かなきゃいけないから」。天与の機会さえあれば、最終決戦で自ら全国行脚して陣頭指揮するハラを決めている、という表情だった。【奥村隆】