時代の風

   困難な日韓関係 両国内の和解こそ鍵

   小倉和夫・青山学院大学特別招聘教授


      毎日新聞2019年7月28日 東京朝刊
  
  小倉和夫・青山学院大学特別招聘教授=宮間俊樹撮影


 1994年夏、ところはベトナムのハノイ。社会主義共和国としてのベトナム建国の父、ホー・チ・ミンの肖像を飾った階段の奥の部屋。そこで、南北ベトナム統一後初めて訪問した日本の首相とベトナム首相が、少人数の同行者のみを交えて会談した。随行者全員による会合の直前だった。

 日本とベトナム3人ずつだっただけに、部屋にはくだけた雰囲気が漂っていた。冒頭、ベトナムのボー・バン・キエト首相はかすかな笑みを浮かべながら、村山富市首相の顔を真っすぐ見つめて口を切った。

 あの苦しい抗米戦争(日本で言うところのベトナム戦争)において、日本国民の多くの方々からいただいた励ましに改めて心から感謝します。

 そうした謝意の言葉に、村山首相は心持ちはにかみながらうなずくだけだった。自民党との連立政権だったため、いわゆるベトナム反戦運動に共鳴した社会党出身の首相といえども、言葉を返すことは難しかったに違いない。

 しかし、このエピソードは、政府と政府の関係を超えた国民同士のつながりが、年月や場所を超えて思わぬところ、思わぬときに、国と国とのつながりを強める触媒となりうることを暗示している。

 そのベトナムは、枯れ葉剤の散布から無抵抗の村民の大量殺害まで、あれほど非人道的な殺りくを加えた米国への恨みつらみを公に口にしない。なぜか。それは、当時南北に分断されていたベトナムにとって、抗米戦争は南北間の内戦でもあったからである。

 戦争に勝った北側がいつまでも米国を恨むことは、米国とともに戦った南側との対立を長く国内に引きずることにつながる。それでは国内の政治的統一は危うくなる。すなわち、米国との対外的和解は南北の和解のためにも必要だったといえる。

 98年10月、韓国の金大中大統領が訪日した。金氏は日本の国会演説で、韓国大統領として初めて、第二次世界大戦後、日本が韓国における経済発展と民主社会実現のために協力してくれたことに対し、感謝の意を述べた。

 それ以前、そしてそれ以降も、韓国の大統領の誰もが公に言えなかったことを、金大統領はどうして言えたのか。

 その一つの鍵は、金大中政権が金鍾泌氏率いる保守政党との連立政権だったことにある。朴正熙軍事政権に民主政治の観点から終始反抗してきた金大中氏が、かつて朴大統領の側近だった金鍾泌氏と連立を組んだことは、両氏が過去のわだかまりを解き、和解したことを意味していた。そして、その上でこそ、朴政権下で国交を正常化した日本との「和解」も一歩進めることができたのであった。

 現在、日韓関係は、政治外交面ではかつてないほど曇り空に覆われている。それには短期的な問題、なかんずく日韓両国の政権の体質の違いや、対外戦略の行き違いといった要因も作用している。

 しかし、そこには長期的要因もからんでいる。過去の歴史の評価について両国それぞれの国内において、国民レベルでの「和解」ができていないことである。

 それが証拠に、日本において、かつて植民地主義に反対し、戦争に反抗した人々をどう評価するのかについて、いまだに意見の分裂がある。そして、いわゆる村山談話の言葉「歴史がもたらした内外すべての犠牲者に深い哀悼の念をささげます」という部分の深い意味が、十分に理解されていない。

 村山談話の意味深長なところは、対外的謝罪よりも、むしろこの対内的謝罪ともとれる「内外すべての犠牲者」という言葉にある。ここには「内外」すべての「犠牲者」に心を寄せてこそ真の和解が実現できるという考えが黙示されているのだ。

 他方、韓国においても、日本の植民地支配に協力した人々も多く、その中には自己の利益や地位保全のためではなく、韓国社会の近代化と差別撤廃のためには、「日本人になりきる」ことが真の愛国であると信じた人もいた。そうした人々をどう評価するのか。

 その点について、韓国国内で「和解」の方向が出てこそ、対日関係も改善されるのではあるまいか。=毎週日曜日に掲載