「麻生発言」で考えた…
  なぜ「日本は単一民族の国」と思いたがるのか?

    小熊英二慶応大教授


     毎日新聞2020年2月5日 05時30分(最終更新 2月5日 05時31分)

小熊英二慶応大教授=東京都内で2020年1月17日、梅村直承撮影

 考えている。麻生太郎財務相の「2000年にわたり、一つの国で、一つの民族、一つの王朝が続く国は日本だけ」というあの発言である。語られざる論点が気になっていた。なぜ、彼らは「日本は単一民族の国」と考えたがるのか? 「麻生発言」の周囲を思索した。【吉井理記/統合デジタル取材センター】

 その発言が飛び出したのは、1月13日、麻生氏の選挙区・福岡県直方市でのことである。2019年のラグビー・ワールドカップでの日本の活躍に触れ、「インターナショナルな中、日本は堂々と存在感を発揮した」としたうえで、こう続けた。

 「だから2000年の長きにわたって、一つの国で、一つの場所で、一つの言葉で、一つの民族、一つの天皇という王朝が続いているのはここしかない。いい国なんだなと。これに勝る証明があったら教えてほしい」

 「一つの……」という言葉や考えがお好きなのは伝わるが、これが「いい国」の「証明」になる、という論理はよく分からない。ついでに言えば「一つの……」を麻生氏が連呼するテレビニュースを見て記者が思い浮かべたのは、ナチスが1934年のニュルンベルク党大会で掲げたあの有名な標語「一つの民族、一人の総統、一つの帝国!」であった。


なぜ自国の「優位性」の文脈で繰り返されるのか

 さて、麻生氏の発言が報じられると、相次いで各方面から批判が上がったのは読者もご存じの通りである。



アイヌ民族の先祖を供養するカムイノミイチャルパの儀式に参加する人々=北海道紋別市で2019年8月31日午前11時28分、高橋由衣撮影

 自民党でも、石破茂元幹事長が「アイヌの方々は先住民であることは法律(昨年4月成立のアイヌ民族支援法)でも明らかにした。わが国の方針とは異なる」(1月15日、記者団に)と言明したし、ジャーナリストの青木理さんは「(琉球王国だった)沖縄もそうだし、在日コリアンもたくさんいるし、上皇后陛下がかつて韓国(百済王室と日本の天皇家との)とのゆかりを言っている」(1月19日放送のTBS系「サンデーモーニング」で)と指摘した。

 そもそも、2000年の間に中国大陸や朝鮮半島などから多くの人(異民族)が日本列島に渡来・定着し続けてきたことは今さら記すまでもないのだが、こうした批判に対し、SNS上では「麻生発言の何が問題なのか」という声が少なくないのだ。

 「日本はずーっと単一民族」「どこが不適切なんだ? 日本は一つの民族だろが」「日本人は一つの民族っていう仲間意識の表れなんじゃない? それを否定する人って日本人じゃないよね? 日本嫌いなの?」などなど……。



アイヌ民族を支援する新法案を賛成多数で可決した衆院国土交通委員会=国会内で2019年4月10日、川田雅浩撮影

 麻生氏は総務相だった2005年にも同様の発言をしたし、中曽根康弘元首相も「日本は単一民族だから教育水準が高い」という趣旨の発言(1986年)で物議を醸したことは有名だ。なぜこうした言葉が、自国の「優位性」という文脈で繰り返されるのか?


戦前・戦中は「混合民族論」が主流だった

 「結論から言えば『日本は一つの民族』『日本は単一民族』という物言い、あるいは『自分たちは単一で、同質的な集団だ』という考えは、実はつい最近、特に高度成長期に広がったものです」と指摘するのは、「単一民族神話の起源」などの著書がある慶応大教授で社会学者の小熊英二さんである。


 なにせ国際化、グローバル化の時代である。「日本は単一民族」という言葉、古臭い戦前の言葉かと思っていたから、意外だった。

 小熊さんは「『民族』は実体ではなく、認識の枠組みです。例えば、虹を7色と認識するのが主流の社会もあれば、6色と見る社会もある。でも、虹そのものは色の連続体なので『何色に分けるのが正解』ということはありません。同様に、『民族』の区分に『正解』などないんです」と前置きして、こう続けた。

 余談だが、記者も以前取材したのだが、日本や中国では古来、虹は「不吉なもの」「凶兆」とされていた。「古事記」「日本書紀」では、人の死の場面や、災厄の前兆として現れるのだ。虹を「希望」「愛」「吉兆」などと結びつけて考える西欧や現代日本人の認識とずいぶん異なる。

 「明治20年代(1880~90年代)くらいから、日本列島に住む人々を一つの『民族』とみなす考え方が現れた。『民族』という言葉自体も、そのころの造語なんです。もともとは天皇の下で団結している集団、欧米の植民地化の脅威に対抗する団結の単位と考えられていたのです」

 外国と接したことが少なかった明治期までの日本では、「民族」という枠組みで考える必要がなかった、と想像できる。




1940年に建造された宮崎市の「八紘一宇」の文字が刻まれた塔。戦時中の大東亜共栄圏のスローガン「八紘一宇」を正当化する論理にも「混合民族論」が使われた=1940年撮影

 「ところがその後、日本は台湾、朝鮮を併合し、『多民族帝国』になってしまった。その時代には、日本は『混合民族』の国だ、という論調が支配的になった。『日本人』は中国大陸、東南アジア、朝鮮半島などさまざまな地域から列島に渡来し、天皇の下に『帝国臣民』として同化してきた、という考えです。日本は『民族のるつぼ』で、米国のようだと例えられたりもした。これなら台湾、朝鮮の人たちが国内にいても、天皇の下で団結している、と主張できたのです」

 つまり、他国を併合して植民地化し、異民族を「帝国臣民」に組み入れるのに必須の考えだった、ということだ。小熊さんの著書に詳しいが、混合民族論の一つとして「日本人と朝鮮人の先祖は同じ」という「日鮮同祖論」が大隈重信らによって唱えられ、「日韓併合」(1910年)と、その後の「皇民化政策」の正当化に使われた。書店に「日本人と韓国人は全く違う民族です」と大書したヘイト本が並ぶ令和ニッポンから見れば隔世の感、というか。


「天皇の下、同化する国」をアピール

 政府レベルでも、例えば文部省が「一君万民」思想の下、部落差別の解消を訴えた「国民同和への道」(1942年)には、「日本民族はもともと単一民族として成立したものではない。上代においてはいわゆる先住民族や大陸方面からの帰化人がこれに混融同化し……」という記述がある。

 注意すべきは、こうした考えが、日本は他国よりも「いい国」という優位性を示すものとして捉えられていたことだ。

 「人種差別がある欧米諸国と違って、日本は天皇の下、諸民族を『一視同仁』(平等に慈しみ差別しないこと)で同化してきた。それゆえ倫理的に優れている、と主張されたのです」

 もっとも「差別がない」は建前に過ぎず、国会図書館で戦前の文献を調べてみれば、日本人による中国人・朝鮮人などへの差別を記した資料はいくらでも見つかる。中国人から見た日本人の様子を記した当時の資料にはこんな一節がある。

 「(日本人は)ことに支那人へ対して、その態度が傲岸である。今に『チャンコロ』と呼び、堂々たる公会の席上などで、支那人は臭いと、真っ向から浴びせかけて、同席をも潔しとしない。何かの問題には、その是非を差し置いて、頭から支那人のくせにと連発する」(「一支那青年より日本帝国の青年に与う」王世民著、1935年)


敗戦後は一転、「単一民族国家論」へ

 官民こぞって唱えたその混合民族論だが、敗戦後にはにわかに力を失い、一転、今度は「島国日本は太古から、一民族で平和に静かに暮らしていた」というイメージで語られる「単一民族国家論」に傾き出す。再び小熊さん。

 「植民地を失い、台湾人や朝鮮人を含む混合民族論の枠組みで日本国家を構想する、という圧力がなくなったんです。左派系の歴史学者なども、大日本帝国の反省や、植民地や異民族を支配する『多民族帝国』への批判という視点で、混合民族論を否定したんです」

 敗戦から1950年代くらいは、植民地独立運動が盛んで、国というものは『民族自決』の理想に基づき、「一民族一国家」であるべきだ、と考えられていたこともあるという。

 「ただ、当時の左派系の学者が、『一民族一国家』が理想だ、という場合には、それは目標であって、既成事実ではないと考えられていた。当時は、沖縄は米軍支配下で分断されていたし、貧富の格差も目立っていた。都市と地方の文化的相違も激しく、『日本人』はみな同じ、などと人々が思える状態ではなかった」

 事実、当時の日本は「単一民族」をなしていると言える状況ではなかったらしい。

 麻生氏は「一つの言葉で……」と述べたが、高度成長期までの日本は「言語不通列島」(社会学者の岡本雅享・福岡県立大教授の命名)だったし、明治期の日本では、国内でも通訳が必要なほど、離れた地域の人との会話は成立しづらかったことはよく知られる。

 東京生まれの記者も、2000年代初頭、南九州の山村で取材した古老の言葉が全く分からず、熊本出身の同僚に録音テープを聞いてもらってもやっぱり「翻訳」できず、困り果てて古老に手紙で改めて確認を求めた、という経験がある。海外の人がこの様子を見たら、「日本は単一民族」とは考えないだろう。


60年代に一般化、70年代には批判的な捉え方も

 「『日本は一つの民族が一つの言語で……』という単一民族国家論が既成事実として一般化したのは、テレビが普及し、言語や文化の均質化が進み、貧富の格差が以前ほど目立たなくなった高度成長期、60年代からです。三島由紀夫や石原慎太郎氏などが『日本は単一民族単一言語で文化的共通性があった』などと、肯定的にこの言葉を使い始めたんです」

 なるほど。つまり今度は「単一民族国家・日本」が、民族間の対立や争いのない、まれな「いい国」として、日本の特殊性(優位性)を強調する意味で語られるようになった、ということか。麻生氏は1940年生まれ。「単一民族国家論」が広まり始めた時期に20代を過ごしたことになる。そのころに吸収した考えだろうか。

 そう言えば、日本教育学会長の日大教授、広田照幸さんがこんなことを言っていた。

 「人は自分の環境や経験でモノを語りがちです。政治家も、ごく偏った自分の経験や主観、育った環境で過去を美化したがることがある」

 そう考えると、福岡県生まれながら子どものころから標準語があふれる東京で暮らした麻生氏が「一つの言葉で、一つの民族で……」と考えたがるのも分からないではない。麻生氏より時代が下った世代ならなおさらだろう。

 付言すれば、その単一民族国家論が、今度は「中曽根発言」(86年)以降、左派やメディアで批判的に捉えられるようになったのは、黒人差別の激しかった米国で公民権運動が盛り上がり、「多民族国家」がプラスのイメージで捉えられるようになった70年代以降の傾向だ、というのが小熊さんの論だ。


「単一民族国家は神話に過ぎない」

 ことほどさように、「日本人」像は時代や環境で揺れ続けてきた、ということだ。戦前は「混合民族論」が他国併合や侵略の正当化として主張され、戦後は「単一民族論」が、他国よりも優位だ、特別なんだという文脈で主張する。うーむ、と腕組みしたくなる場面だ。

 小熊さんが最後に問いかけた。

 「『単一民族国家』を、身体的・文化的に同質の人々だけで国家が構成されている状態とするなら、そんなものは存在しない。神話です。神話にすがりたくなるのは、思考を『節約』したいからでしょう。日本の『多数派』の民族の政府の公式名称、ご存じですか? 実は存在しないんです。国内の民族統計を取っている国は多いですが、もちろん日本政府は取っていない。『単一民族』うんぬん以前に、日本はそんなことを考える習慣がないと形容したほうが適切でしょう」

 麻生氏も、確たる事実や信念に基づく発言をしているわけではなく、それこそ「何も考えていない」ということなのだろうか。

 「そう。その一番素朴な心情の吐露が『日本は何千年も一民族でやってきた』というたぐいの発言です。しかし、この『何も考えない』ということが、国籍の違う人たちの市民権や独自文化に対し、全く想像力が働かないという問題に結びついているんです」