川畑博信上等兵 ノモンハン従軍記

     川畑博信


     2020年8月15日 朝日新聞


川畑博信上等兵 ノモンハン従軍記1

 地平線まで続く行軍の写真がある。1939年、中国東北部(関東地方)に駐屯していた日本の関東軍が、ソ連の機械化部隊と衝突したノモンハン事件での一コマだ。写真には当時24歳だった上等兵、川畑博信が写っている。川畑が生前、記者に語った体験と残した手記から、死線をくぐった兵士の実体験を再現する。


 兵たちは太陽に焼かれ、重荷にあえぎ、芋虫のように黙々と歩き続けた。小休止のラッパが鳴ると、その場で背?(はいのう)を背にひっくり返り、出発まで1秒でも長く目を閉じていた。宮崎出身の初年兵は、文字通り伸びてしまった。砂の上に座り込み、蹴っ飛ばしてもたたいても立とうとしない。情けないやら腹が立つやら。俺はこいつの銃を持ったうえ、尻を蹴っ飛ばしつつ進まねばならなかった。

 1939年6月22日、俺たちは兵営があったハイラルを出発して200キロ先のノモンハンへ向かっていた。行軍の写真は、このとき撮影された。俺が所属する歩兵第64連隊は主力のひとつだった。

 なんと言っても一番苦しんだのは水。早朝の出発時は草露がおりる。兵たちは乾パンを包むガーゼの袋を草にこすりつけ、水分を含んだ空袋をしゃぶった。集結地点まで丸6日間。苦しくて何も考える余裕などなかった。それでも時折は故郷を思った。しかし、日本はどの方向なのかすらも分からなかった。



敵が頭をもたげた瞬間

 俺にとってこれは2度目の最前線だった。最初の出動は1939年5月20日。37年8月に応召して38年7月に64連隊に配属され、ハイラルへ来て初めての実戦だった。前回の出動ではトラックで丸2日かけ、ノモンハンの手前まで運ばれた。1週間ほど待機して5月28日、再び南進した。

 緩やかな丘を越えた途端、車の脇20~30メートルで、轟音(ごうおん)とともに土煙が上がった。

 敵の砲撃だった。2発、3発……。砲撃は何キロも先からだったが、初めてで震えが止まらなかった。荷台にいた皆がそうだった。

 トラックを降りて散開し、前進した。敵影どころか方角も分からない。伏せていると耳元で「ヒュン、ヒュン」と敵弾が風を切っていく。

 「小隊、前へ」

 号令で走った。丘の稜線を夢中で越え、枯れ草の中へ駆け込んで伏せた。味方が軽機関銃を撃ち始めた。前方に戦車がいるらしい。俺は機関銃の5メートル後ろに伏せた。「あっ」と声がして横を見ると、班長が肩のあたりを血で真っ赤に染めていた。むらむらと憎悪がわき起こった。

 さらに稜線を越えると、敵戦車が黒煙と真っ赤な火炎を噴いていた。味方の擲弾(てきだん)筒(軽迫撃砲)が命中したらしい。風にあおられ、右側の枯れ草に燃え広がっていた。小隊長が刀を抜き、「突撃」と叫んで先頭を走った。

 枯れ草が燃えている右へ回り込めば煙で敵から見えないだろうととっさに考えたが、小隊の皆は左方向へ走ったので離れてしまった。構わず煙をくぐり抜けると14~15メートル先で戦車が燃えていた。

 眼前の黒こげの地面に敵兵が伏せていた。こちらへ頭をもたげた瞬間、俺は彼の脇腹に銃剣を突っ込んだ。何の手応えもなく刃の3分の2まで入った。敵兵は両腕を地上に投げ出し、顔を地面に伏せた。俺をチラッと見上げ、必死の、しかしもう駄目だと諦めた哀れみを乞うような表情が忘れられない。

 彼は左手へ進撃した小隊に気をとられ、反対側から来た俺に気付かなかったらしい。一瞬遅れたら、俺が撃たれただろう。敵はモンゴル軍と思っていたが、ソ連兵だった。俺より若い二十歳過ぎの無邪気な青年の顔。故郷に恋人もいたかもしれない。戦いさえなければ、俺に殺されることはなかっただろう。仲のよい異国の友になる機会だって、あったかもしれない。

 小隊の皆が駆け寄ってきた。上官の准尉が「おう、こやつ、まだ生きとる」と言いざま、軍刀を抜いて首元へ2度、振り下ろした。息は絶えても筋肉はまだ生きていたのだろう。横たわっていた体はぐっと弓のように反り返って口を一文字に食いしばったまま、閉じていた両眼をカッと見開き、恐怖と苦悶で眼球が下から上へぐるりと一回転した。首は皮一枚で胴体につながり、真っ赤な切り口から血がほとばしり出て、あたりの草を真っ赤に染めた。初年兵たちは放心して突っ立っていた。



グニャグニャの死体

 敵陣はハルハ河を挟んでこちらよりも50メートルほど標高が高く、見下ろすように砲撃してきた。無我夢中で大隊の集結地までたどり着いた。

 翌5月29日は「タコつぼ」と呼ばれる1人用の壕を掘り、中で過ごした。2晩寝てなかったので、夕方までうとうとしていた。後で知ったが、その頃、4キロ離れた地点で友軍の23師団捜索隊は壊滅的打撃を受けた。29日と30日の夜は、遺体収容に駆り出された。

 小さな月が出ていた。広い凹地に兵士らが、ある者はうつぶせに、ある者は仰向けに、いずれも拳銃を握りしめたまま倒れていた。トラックと一緒に人間も焼かれ、まっ黒こげの死体がごろごろ転がっていた。

 さらに進むとタコつぼの中で1人ずつ兵が死んでいた。壕から飛び出そうとしたまま、着剣した銃を握りしめて皆死んでいた。

 俺たちは2人1組で死体を運んだ。グニャグニャしていて、とにかく重い。いつ砲撃されるか気が気ではなく、死体の血が顔に付こうが構ってはおれなかった。31日午前5時ごろ、連隊の基地に戻った。

 帰着命令を受けて同日夕、ハイラルへ向かった。死んだソ連兵と、蜂の巣の中の蜂の子のようにタコつぼで死んでいた戦友の姿がずっと心の中に残った。



縦深陣地への夜襲

 話を2度目の出撃に戻そう。1万5千の軍勢を二手に分け、一方がハルハ河を東から西へ渡河し、ソ連軍を挟み撃ちにする作戦だ。わが64連隊主力はハルハ河東岸攻撃に参加し、俺がいた大隊だけ予備隊として西岸へ渡った。架橋作業を援護し、架橋後は本隊を追って前進する役割だったらしい。だが、そんなことは知らされてなかった。

 7月3日昼前、ハルハ河を見下ろす丘に着いた。周辺には先着した諸部隊がたむろし、昨夜から渡る順番を待っていた。当時関東軍には演習用の細い舟橋1組しかない。これで約8千人を渡らせようというのだ。

 いい天気だった。俺たちは丘の中腹に寝そべり、他の部隊が対岸の丘の上へ登っていくのを見ていた。3日の昼前、ほとんど最後尾で俺たちは渡河した。これも後で知ったが、その頃、先に渡った主力部隊は何キロか先で敵戦車群と激闘の真っ最中だった。

 夜になった。暗闇でどこを歩いているのか、さっぱりわからない。ただ時折、砲声が響き、赤や青の信号弾が上がった。近くにいた別の准尉に聞くと「敵を発見した」という合図だという。それが俺たちのことではないかと思うと、不気味だった。

 結局、一晩中敵地をうろついただけで翌朝、引き揚げ命令を受けた。往路が最後尾だったので帰りは真っ先に戻れた。

 東岸に戻った俺たちの大隊は7月7日から13日朝まで夜襲に毎晩参加したが、いずれも失敗した。大隊長だった少佐は負傷し、20日に金井塚勇吉少佐が後任として来た。

 その間も連日、猛烈な砲撃を受けた。大隊は所定人員1500名弱だったが、この時点で戦闘可能な者は約900名。だが、23日からまた攻撃を命じられた。

 64連隊は、ソ連軍がハルハ河東岸の拠点としていた733高地(別名・バル西高地)を攻撃・占領する計画で、俺たちの大隊は左翼を担った。40~50メートル前進すると機関銃の集中射撃を浴びたが、午前11時20分、鉄条網を乗り越えて敵の塹壕がある丘へ突撃。約30人いたソ連兵は退却した。

 この丘は敵の主防衛線の突出部分だった。ソ連軍陣地は日本軍のように横一線ではない“縦深陣地”だ。第一線を抜いても、さらに第二線、第三線がある。第一線を突破した俺たちにはほっとする暇もなく、第二線にいる狙撃兵や砲兵が集中攻撃を浴びせ、あらゆる種類の砲火が降り注いだ。

 25日午後、関東軍司令部は「現在地点で築城せよ」と命じ、攻勢を諦めた。俺たちは一帯で1カ月近くの間、砲撃に耐えながらタコつぼで暮らすことになった。(敬称略)





川畑博信上等兵 ノモンハン従軍記2

 ソ連軍の攻勢の前に、「バルシャガル高地」まで押し戻された川畑らは、1939年7月末から1カ月近くもの間、「タコつぼ」生活を余儀なくされた。そして8月20日、ソ連軍の総攻撃が始まる。


 「築城」を命じられ、俺たちはバルシャガル高地の一角、周囲が小高く盛り上がった広い盆地に陣を敷いた。連日繰り返された砲撃はものすごかった。陣地の中も周辺も、1メートル四方に砲弾の落下穴がないところはなかった。

 砲撃の射程外へ出て陣地を設営する案も出たそうだが、結局みすみす砲撃の餌食になるのを承知で、安全なところまで下がらずに持久戦を準備させられた。兵の命よりも関東軍のメンツが優先されるというわけだ。身を隠すものが何一つない草原では、スコップで掘った1人用のタコつぼだけが頼りだ。命の次にスコップが大切だった。



壕の中で1人飯を炊く

 場所と掘り方が直接命に関わるから、敵弾の方向、地面の傾斜等に細心の注意を払った。だいたい胸までの深さに掘り、土を壕の周囲に積み上げる。この盛り土は砲弾の破片を防ぐためだ。背?やスコップは壕の周囲に並べて置く。鉄帽をかぶってあぐらをかけば、頭上に1尺(30センチ)余りの空間ができた。

 壕の中で1人で飯を炊いた。かすかな煙でもたちまち砲弾が飛んでくる。だから乏しい燃料で煙を立てずに飯を炊く必要があった。非常に難しかったが、いつの間にか上手になった。

 砲撃でこちらの人員は減っていた。俺が所属していた中隊は、写真に写っていたハイラルからの進軍時の120名から3分の1ほどになってしまった。手帳に戦死者と負傷者の名前を書きつけていたのだが、あまりに多いのでやめた。

 とにかく砲撃の物量差は圧倒的だった。兵が1人で歩いているのを銃で狙撃するのは当たり前だが、敵は野砲で狙撃してくる。近代戦は大和魂だけでは戦えないと痛感させられた。



眼前で壊滅

 8月20日は久しぶりの快晴だった。その青空を敵機が白い翼をキラリと光らせながら飛び交っていた。ずんぐりと形がよく似ているので、俺たちはソ連の戦闘機を「アブ」と呼んでいた。この日は、いくら見ていてもアブばかりで友軍機は見えない。制空権は完全に敵の手中にあった。

 やがて敵機はすさまじい金属音を立て、超低空で俺たちの方へ来た。俺たちは弾を避けるため鉄帽をかぶって首を縮め、タコつぼの中にうずくまった。機銃弾がブスブスと音を立て、鉄帽のすぐ上の土壁に突き刺さる。超低空の掃射だから弾道と地面は水平に近いので、タコつぼの中で頭を低くしている限り弾丸は当たらないわけだが、それでも機銃弾が頭の直上へ突き刺さる音には肝を冷やした。

 山県武光大佐率いるわが第64連隊は広大なバルシャガル高地で点在していたため、それぞれ陣地ごとに孤立している状態だった。その間をソ連軍は自由に進撃してきた。

 23日夜、俺たちの大隊は10キロほど北へ移動するよう64連隊本部から命令された。到着したのは「ろ号陣地」と呼ばれるところだった。

 俺の分隊は、俺が分隊長の代役をしていたからか、頼りなく思われたようで、主力から離れた場所に配置された。歩兵砲小隊を援護する名目だったが、言わば「捨てられた分隊」だった。援護するはずの歩兵砲も敵の砲撃で破壊された。

 だからもう必要ないということで、援護する俺に砲兵が倍率7倍の望遠鏡を貸してくれた。障害物もなく、何キロも先の様子が手に取るように見えた。

 25日午前10時ごろ、敵の大部隊が戦線最北端のフイ高地の方面から南下してくるのが見えた。戦車100両、装甲車100両、野砲20門以上を伴った歩兵の縦隊が前進していた。彼らは俺たちがいる、ろ号陣地など眼中になく、南西約2・5キロの生田準三少佐率いる大隊の方へ向かっていた。

 攻撃が始まった。敵の砲撃で生田大隊の陣地は一面砲煙と土煙に包まれ、見えなくなった。本当に丘陵の形が変わってしまった。こんな激しい砲撃に、生存者がいるとは思えなかった。

 砲煙が残る中を、ソ連軍の歩兵が、戦車の後ろから銃剣を太陽にきらめかせながら突撃していく。将校らしいのが刀をかざして先頭に立っていた。大きな赤旗を先頭に押し立て、砂塵の中を風にはためかせて進撃する姿は、敵ながら勇ましかった。

 突然、丘陵から日本軍の突撃ラッパの調べが響いてきた。全滅したと思った生田大隊にまだ生存者がいたのだ。タコつぼの中で着剣した銃を握りしめ、残り少ない兵力で最後の戦いを戦っているのだろう。救援しようにも、俺たち自身が陣地を出た途端に全滅してしまうだろうから、どうしようもなかった。

 戦車とともに突撃していったソ連兵は、意気地なく追い返された。そんな攻防が繰り返された。しかし、最後は戦車5両が後方へ回り込み、そのうちの2両が稜線を乗り越え、のしかかるように陣地に突入した。土煙の舞い立つ中を巨大な戦車が突進する姿はすさまじかった。砂塵がもうもうと上がり、陣地はキャタピラに蹂躙された。何度も追い返されたソ連軍歩兵も、戦車とともに突入していった。

 俺には聞こえなかったけれど、かすかなどよめきのようなものを聞いたと言う兵がいた。生き残った兵たちが最後の万歳を唱え、突撃したのであろう。生田大隊の陣地が落ちたのは、25日午後3時ごろだった。

 陣地の跡は穴だらけになっていた。望遠鏡で見ていると、ソ連軍の将校らしいのが2、3人立って地図を広げていた。

 同じころ、さらに激しくなった敵の砲火のもと、戦車18両と歩兵約300が、ろ号陣地へ向かって前進を開始した。だが、200~250メートル前まで来るとそれ以上は近づかず、敵は後退してわが陣地から約1千メートルまで離れて包囲態勢をとった。



陣地の真っ正面に赤旗が立つ

 翌26日朝、陣地の真っ正面に赤旗が立った。歩兵進出の最前線を示すもので、ここから前方を撃てという標識らしい。

 補給はすでに途絶していた。この日から1日の食糧は乾パン1袋となった。陣地の凹地の中央を1メートルも掘ると、白濁していたが、水が出た。これが命を支えた。とはいえ、兵力は少ない、弾丸も残り少ない、砲弾で破壊されてしまって稼働する銃もわずかしかない、携帯地雷も一つもない。とうとう最期の時が来たと思った。

 しかし、猛烈に砲弾は飛んでくる一方、眼前の敵は一向に攻めてこない。翌27日もそのまま過ぎた。生田大隊の時のように一気に突撃蹂躙するには、時期尚早とみたのだろう。

 皆やせさらばえ、髪は伸び放題、服は破れ、ただ目ばかりがギョロギョロしていた。連日の激しい砲撃で味方は次々と死んでいく。

 戦死した者の残した食糧、弾薬は分隊の皆で分けた。夜になると陣地を出て、食料はないかと敵兵の死体をあさった。歩兵砲の上等兵は「どうせ死ぬのだから腹いっぱい食ってから死にたい」と、持っていた食糧を一度に食ってしまった。そして「もういつ死んでも悔いはない」と言っていた。ところが皮肉なもので、この上等兵は一向に死ななかった。そして「腹減った」「腹減った」と大騒ぎしていた。こんな断末魔の時だったが、やはりおかしかった。

 俺は望遠鏡で来る日も来る日も援軍は来ぬかと眺めていた。しかし、見えるのは地平線とその上に浮かぶ白雲と青い大空だけ。「ああ、もう故郷も彼女や両親の顔も、永遠に見ることはないのだ」と思った。(敬称略)





川畑博信上等兵 ノモンハン従軍記3

 ソ連軍の攻撃が続く1939年8月28日、ハルハ河東岸の戦闘区域で持ちこたえていたのは、山県武光大佐率いる64連隊の主力と、十数キロ北側の「ろ号陣地」にいた川畑らの分隊が所属する大隊だけだった。


 8月28日早朝、いよいよ俺たちにとどめを刺す砲撃が始まった。大隊の軍医が数えていて、5分間に400発だったという。食い物も尽きかけていた。いよいよ最期だ。せめて華々しく死にたいと思った。



血戦

 俺は分隊長として他の4人を集めた。「死ぬ時はみな一緒だぞ。一緒に突撃して死のう。みな笑って死ねよ」。生きて帰れるという望みはなかった。そうすると人間は案外落ち着いてしまうものだ。ただ、このまま誰にも知られずに死ぬことは、心残りで死にきれない気がした。俺は便箋を四つ折りにしてポケットに入れていたのを取り出し、遺書を書き始めた。28日の昼ごろから29日にかけ、戦闘の途絶えた瞬間に書きつけた。

 「いよいよ最後です。これから決死の突撃をします。最後まで頑張ります。お父さん、お母さん。元気でいつまでも幸福にお暮らし下さい。では博信は先にゆきます。さようなら」

 「良子さん(後年の妻)。いよいよ最後だ。死ぬまで頑張る。後は死ぬまで強い雄々しい男でありたいのだ。良子さん、いろいろ有難うございました。元気で、いつまでも幸福に暮らして下さい」

 後で読み返すと面はゆいが、「天皇陛下万歳」だけでは死にきれなかった。

敵はここへ突っ込んでくるだろう。その裏をかいて30メートル離れた場所に伏せ、横から一斉射撃をする作戦を立てた。俺が命じるまで一発も撃ってはならんと厳命した。

 火炎瓶も携帯地雷もなく、あるのは銃剣と2個の手榴弾だけだった。戦車が来たら飛び乗って手榴弾を中へたたき込んでやろう。戦車の装甲の上では底に鉄鋲が打ち込んである軍靴は滑ると思い、俺は裸足になった。

 正面の稜線の真下から声が聞こえ、鉄帽が稜線から見え隠れし始めた。土煙の中、大柄な敵兵が並んで立っているのが見えた。

 よし、今だ。俺は大声で「撃て」と叫んだ。

 距離わずか30メートル。一発の無駄弾もない。敵の動きを見張りながら指示するため、俺自身は射撃する余裕はない。俺は夢中で「撃て、撃て、撃て」と叫んだ。気づいた時、俺はタコつぼの外へ出て片ひざをついていた。

 「シュシュッ」と音がして弾が左腕をかすめた。次の瞬間、長い外套を着たソ連兵が右側の稜線上から、立射で俺を狙っているのが視野の端にチラッと見えた。

 「こんちくしょうっ!」と叫んだ次の瞬間、熱湯のようなものがのど元をほとばしった感じがした。「やられた」と思って左手をのどにやると、鮮血が指の間から流れ落ちた。



間一髪

 だが自分でも不思議なほど冷静だった。腹に巻いていた千人針を解き、傷口をぬぐっていた。弾丸は皮膚とのどの骨の間を貫いていた。まさに紙一重。何ミリかずれていたら、のどの骨を砕かれてあの世行きだったろう。痛みは感じなかったが、声がかすれて出にくくなった。「危ないっ」と声をかけられ、はってタコつぼへ戻った。

 右隣の歩兵砲小隊の陣地は四分五裂で、兵が5~6人、わらわらとこちらへ逃げてくる。後ろに敵が続いていた。初年兵が擲弾筒(小型迫撃砲)をぶら下げたまま、立ち尽くしていた。俺は傷も忘れ、「擲弾筒、撃て」と叫んだ。「味方を撃っても構わん。撃てっ」。稜線上に激しい爆音と煙が上がり、煙が消えたとき、敵の姿もなくなっていた。

 敵は引いていった。俺以外は分隊の誰ひとり、かすり傷も負わなかった。各自が2、3人ずつ射殺した。

 軍医のところへ行った。彼は中学の時の同窓生だ。井戸のような深いタコつぼから顔を出し、ヨーチンを塗ってばんそうこうを貼ってくれた。「咽喉部貫通銃創」という物々しい診断が俺の軍隊手帳に書き込まれた。



月下の突破

 29日早朝、敵は猛烈に撃ち始めた。俺は5、6人で破壊された砲座の陰に身を縮め、一塊になってうずくまっていた。

 「シュルシュル」と音。俺はとっさに「逃げろ」と叫んで真っ先に走り出した。小隊長や他の者も続いた。十数メートル走ったところで、ドカーンという落下音がして土砂や雑草がバラバラと頭上に降ってきた。敵の重砲が、さっきいた砲座の真上に落下したのだった。2~3秒遅ければ木っ端みじん。「戦場のカン」か「獣の本能」としか思えなかった。

 文字どおり命からがら、自分のタコつぼに逃げ帰った。今度はタコつぼの縁に砲弾が落下した。俺の体から1メートルほどしか離れておらず、脇に置いていた背?が直撃された。かぶっていた鉄帽も吹っ飛ばされた。

 昨日のどを撃たれた時にあごひもが切れかけていたので、鉄帽だけが引きちぎられ、頭はむしろ衝撃を受けずに済んだ。背?に入れていた分厚い戦場日誌を失ったことは惜しんで余りあるが、文句は言うまい。

 29日の昼間はなんとか持ちこたえた。だが、明日になればもう駄目だということは、我々にもはっきりとわかった。

 この日暗くなるのを待ち、敵中を突破して転進することになった。「転進」と言うが実態は「脱出」だった。

 稜線の向かい側に敵が迫り、静かな闇の中、なにやら語り合う敵兵の声がはっきりと聞こえる。俺たちは1人、2人とそっと陣地を抜け出して集結地点の凹地へ向かった。

 集まったのは100人くらい。月が明るかった。脱出前、中隊長が整列した全員に訓示をした。「負傷しても戦況によっては一緒に連れて行けないこともあるから、北斗七星を目標に東へ向かえ。万一捕虜となる恐れのある時は自決せよ」。そして手榴弾を2個支給された。一つは敵に投げつけ、残りの一つで自決せよということである。

 途中、停止している2両の敵戦車に遭遇した。戦車兵は外に出て休息していたらしい。1人の敵兵がのこのこと近づいて来た。友軍と思ったのか、何か話しかけてくる。俺たちは顔を見せないように伏せ、聞こえないふりをして無言のまま通り過ぎた。

 敵兵は不審そうにしばらく俺たちを見ていたが、戦車の方へ引き返していった。彼も俺たちが日本兵だと気が付いたのだろうが、ここで騒げば俺たちに殺される。向こうも気づかないふりをしてその場を離れたのだ。どちらかが一発撃てば、たちまち戦闘になったであろう。しかし俺たちも命は惜しい。敵も同じだ。

 敵中を突破したと思うころ、草原の夜が明け始めた。俺たちは足もとに立ちこめる霧の中を歩いた。危機を脱した安堵感で、みな饒舌になった。金井塚大隊長が笑いながら近づいて来て、「本当にどんなに運が良かったか、お前たちにはわからんだろう」と言う。

 俺たちの大隊はとにかく、30日朝に友軍基地(師団司令部)にたどり着いた。まさに敗残兵である。持ち帰ったものはただ命だけだ。だが、その命をなくした者の多さを思うと俺たちは本当に幸運だった。

 友軍基地に近づくと、野外に木箱に入った食糧が何カ所にも積み上げてあった。そばに歩哨が立っていたが、飢えている俺たちは眼中には入らなかった。銃床で木箱を打ち壊し、中のみりん干しをそのままむさぼり食った。餓鬼のような俺たちを、歩哨はただ黙って見ていた。

 日本兵は勇敢だと思う。それは事実だ。いつもギリギリの絶体絶命の戦闘ばかりさせられてきたから、勇敢にならざるを得なかったのだ。戦車に銃剣だけで突撃する。それをやらなければこっちがやられる。やっても死ぬ。同じ死ぬならやるだけやって死のうと、勇敢にならざるを得ないではないか。日本軍の作戦はいつも、兵を死地に放り込んで絶体絶命の戦闘ばかりさせていたように思う。(敬称略)