円形劇場に深まる闇
  鼓の音がこだました

   


     2019.11.15 日経
いにしえから、人や文物の行き交った歴史の十字路ブルガリア。その国で、はるか東から訪れた「能」が披露された。

登場するのはバルカン由来の神。自然と手を結び、とけあうことで生まれた伝説は、時と距離を超え、日本の古層とも共振している。



新作能「オルフェウス」で、オルフェウスの妻役を演じた現地の女優、マヤ・ベンジャミンさん

ブルガリアに建つ古代ローマ帝国時代の劇場の遺跡で、能が披露された。



 遠く残照に光るキリスト教会の尖塔。視線をめくらせば、ほの白い大理石の客席か半円形の段をなし、中心の舞台へと急な傾斜で下る。ここは2世紀に建った古代ローマ帝国時代の劇場の遺跡。整備され、今も現役だ。

 9月末のプルガリア、第2の都市プロフティフ。人口約35万人。

 今年、欧州連合(EU)か選ぶ「欧州文化首都」となった。政冶、経済たけてない真の統合めさし、種々の芸術活動が行われ、域内外の観光客が訪れる。

 求心と遠心のハランスて揺れ続ける欧州。近年は「孤立」「分断」といった大国からの荒波も岸を洗う。 その場所で演じられる世界最古の仮面劇「能」。演目はバルカン半島では知らぬ者のない伝説を新作能とした「オルフェウス」た。音楽や詩の神といわれ、鳥や獣、植物たちを慈しんたことで知られる。プルカリアの国民的女優といわれるマヤ・ヘンヤンスカさんや、地元の子どもら20人も登場する

 欧州側は能の抑制された表現などを通し、文化の多様性を知る。一方、日本側も欧州の神話や価値観に気付く。相違や共通項を学び、さらには地球規模の問題の解決へ道筋を探れないか---。大阪に本拠を置く山本能楽堂の山本幸弘さんほか能楽師たちの挑戦だ。さまざまな出会いを通し、思いがけない発見や創造があるに違いない。期待を胸に一行と旅をともにした。

 円形劇場の闇か静かに深まっていった。

一閃。かん高い笛の音が観客のざわめきを裂く。カッと小鼓や大鼓か八方にこだまし、千に近い観客が聴覚を研き澄ました。そこへ静かに幽玄のとばりか降りてくる。国や民族、言語、そして時間を超越したパフォーマンスに客席はクギ付けとなった。

 能舞台の背景である「鏡板」には老松が描かれるきまり。奈良は春日大社の一木を模したとされている。

 この円形劇場とて、範は踏襲した。美術家、井上信太さんが「街のホームセンターで板を買い占めました」と語る幅10㍍、高さ6㍍の大作。十数世紀前の建築に少しも気押されてはいない。

 「古くからの能『玄象』を下敷きに人間の倣慢さを戒め、森や動植物など自然との共生の大切さを描いた」と新作能のテーマを山本さんは解説する。

 こんなあらすじである。

 「名を得た琴弾」は、山中で不思議な老人と会う。琴弾は老人と合奏を試みるが良い音が出ない。すると老人は「そなたは我慢がまさっているからだ」と見抜く。我慢とは仏教でいう煩悩のひとつ、おごりから来る慢心だ。

 感動する音を奏でるには、自らを買いかぶらず、木々や動物たちと心を通わせよ---。環境に負荷をかけ続けてきた我々への批判ともとれる。老人は広い愛と慈悲を説き、去った。

 物語の背景などを軽快な口調で語る中間部の「アイ狂言」では、だれの顔にも笑顔が浮かんだ。若手の野村太一郎さんが「風の精」として登場。自作のスモック服で鳥や動物、植物らにふんした子どもら20人と共演した。

 「森の木々たち どこにおりやるか」。扇子をたたきながら、ことほぐ。自然への賛歌である。

 「百回見るより、一度でもやってみることが能の理解の早道」。山本さんの信念だ。「体験者が、周囲に語ることで魅力が伝わっていくんです」。

 後半、実は、なぞの老人はオルフェウスだったことが明かされる。楽屋にあたる「鏡の間」で小面に一礼をし装束を整えた女優、マヤさんも、オルフェウスの妻役として登場する。「名を得た琴弾」のいっそうの上達を、めおとで華麗に舞い、願う。

 彼女もまた、舞台での自らの体験を後進に伝え、東欧で能への理解の芽がさらに育つことだろう。

 最終盤、琴弾には新たな琴が手渡された。それは「我慢」を越えた改心と悟りのシンボルでもあろう。人間全体もそうなってほしい。作者らのメッセージがこもっている。

 オルフェウスが静かに去る。そして慈愛の象徴であ古楽器を持った琴弾も続く。「朝日とともに旅立ちて、森は深々と光を受けて輝けり」。持続可能な社会を築け、と人類の未来を祝福しているかのようだ。

 英語とブルガリア語の字幕でセリフを追っていた観客たち。「内容が奥深い」「時間を忘れるほど、夢中になった」。それぞれに感慨を口にした。

 ブラボーが止まない。夜空からこと座が見下ろす。オルフェウスの死後、天に引き上げられたとされる。舞台は星にも祝福されていたのである。

    
円形劇場では、ブルガリア人女優らによる「土蜘蛛」の上演も。稽古を重ね、手足の細かな運びもおろそかにしない。
    
衣装を自作し,役者らとけいこを重ねてきた子こどもたち。本番を前に緊張はないようだった。
    
英語とブルガリア語の字幕があり、観客はセリフや筋を追いつつ、舞台を堪能する。