昨日読んだ文庫

    清水由美著『日本語びいき』 

     坂巻克己


       毎日新聞2019年7月7日 東京朝刊



 清水由美著『日本語びいき』(中公文庫)は、見かけがいかにもとっつきやすい。書名もそうだが、カバーにあしらわれているのが『りんごかもしれない』などで人気の絵本作家ヨシタケシンスケが描く楽しいイラストなのだ。

 加えて、目次を開けば、各章のタイトルにもそれぞれ工夫が凝らされている。例えば第一章の「日本語は難しい、か?」。チョンと読点をはさんだアイデアが心憎い。「(外国人には)難しい」という通念を直視し、それを揺さぶろうとする狙いが、この読点ひとつに込められているのだ。

 そして、肝心な本文。これがまた心地よいリズムの筆運びで、張りのある若々しい文章が続く。で、てっきり三〇代ぐらいの著者かと思いきや、「著者紹介」で遺暦を過ぎていると知り、驚いた。

 そんなわけで一見軽快な印象を与える本なのだが、その考察は読みごたえがあり、意外に深い。

 著者はこれまで海外からの留学生など外国人に日本語を教えてきた。その体験を踏まえ、さまざまな表現、そして生徒たちの投げかける素朴な疑問にも触れながら、日本語の知られざる素顔に光が当てられていく。

 例えば、「まえがき」でいきなり紹介される疑問は、「『先生』の読み方はセンセイですか、センセーですか」。エッ? 自分が教師だったら、どう答えるだろう…:。

 「なーんで、今日に限ってわざわざ晴れるかな」という文例にも考えさせられる。意志動詞に添えるべき「わざわざ」を「晴れる」という自然現象に使うのは、明らかに変だ。でも、場合によっては、日本人ならこれくらいの「くずし」はやってのけるだろう、というのが頭の柔らかい著者の見方。そして、それはどんな「場合」か、まで語って読者を納得させてくれるのだ。

 もう一例挙げるなら、巨大遊園地の宣伝ポスターに書かれていたというコピー「遊ぶ暇があったら遊びましょう」。これが秀逸であることの説明にも、私はナルホドと感心させられたのだった。

 日本語って面白い---そんな読後感を保証できる一冊である。(元岩波新書編集長)