特集ワイド

    

  この国はどこへ これだけは言いたい
  政治家よ「反骨の士」であれ

   評論家・森田実さん・86歳

   毎日新聞2019年6月19日 東京夕刊



  
   =玉城達郎撮影


 梅雨の晴れ間の昼下がり、政治評論家の森田実さん(86)と、本人が行きつけというカフェで待ち合わせをした。半世紀もの間、政界を表裏から眺めてきた「ご意見番」は、昨今の日本の政治をどう見るのか。コーヒーが運ばれてくる間も惜しんで、最近のトピックスをふると、森田さん、早くもご立腹だ。

 矛先は安倍晋三首相とトランプ米大統領による海上自衛隊の護衛艦「かが」の視察。両首脳がそろって自衛隊と米軍を激励するのは初めてだ。自衛官や在日米軍兵士ら約500人を前に、安倍首相は「日米同盟は私とトランプ大統領のもとで、これまでになく強固なものとなった。我々が並んで立っていることがその証しだ」と胸を張った。

 「あのシーンを見て、安倍首相はいろいろと踏み越えてしまったと感じました。『一体化』という名のもとに、自衛隊が米軍に従属しているという事実を公にしてしまった。世界や国民に宣言する形でね」

 憂いの色は濃い。「日本は憲法9条のもと、外交努力を重ね、国際社会の信頼を得てきました。米国の世界支配に日本が追従すれば『米国と共に戦争する国』というイメージが広がり、国益に著しいマイナスをもたらします。つらい……」。絶句した。

 日本国憲法が施行された1947年、中学3年生だった。暗記するほど読み込み、「よくできた憲法だと感じ入った」。当時、国民は「二度と戦争は嫌だ」「平和な国をつくりたい」と願っていた。「9条はそうした国民の思いそのものだった。『お仕着せ憲法』と批判する人がいますが、平和憲法が国民に定着しているのは明らか。安倍首相は改憲を目指したおじいさん(岸信介元首相)の思いを肩代わりする必要はありません」

 森田さんは「平和を守ることこそが政治家の仕事」と断じるが、いまの政府は「それと逆を向いている」。護衛艦「かが」は今後「空母化」され、米国から購入するステルス戦闘機F35が搭載される。新たな105機の購入額は1兆円超に上る。

 「何のための空母化なのか。日本が米国に追従し、専守防衛を逸脱しようとしているのは明らか」と森田さん。安倍政権のもとでは2014年、歴代政権が「憲法上許されない」としてきた集団的自衛権の行使を認める「解釈改憲」がなされ、戦後の安保政策を大転換させた。15年には安全保障関連法が成立、17年には同法に基づき、「米艦防護」の実施に踏み切った。「時の政権が恣意的に憲法を骨抜きにすることは許されない。日本政府の従米主義、ここにきて極まれりという思いがしてなりません」

 日米一体化の影響が最も深刻なのが、全国の米軍専用施設の7割が集中する沖縄だ。森田さんは沖縄と「浅からぬ縁」がある。「56年に米下院軍事委員会が『プライス勧告』を出した時、私は全学連(全日本学生自治会総連合)の平和部長でした。国会で集会を開くと、大きな反響があった。米軍は『銃剣とブルドーザー』で沖縄住民の土地を強制的に奪い、地元では『島ぐるみ運動』が起きた。本土でも世論が高まった。それ以来、私の中で沖縄は気がかりな存在であり続けています」

 訪沖は30回を超える。15年には名護市辺野古に赴き、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の移設予定地が一望できる丘に立った。地元のおじいやおばあたちが座り込む「テント村」にも足を運び交流した。ある女性から「子どもや孫のために沖縄の自然を残したい。日米同盟がどんなにひどいことをしても屈しない」と決意を聞いた。

 脳裏に55~57年、東京都砂川町(現立川市)で展開された「砂川米軍基地拡張反対闘争」の光景がよみがえってきた。米軍立川基地拡張に伴う土地収用に反対し、住民らが起こした「町ぐるみ」の運動だ。当時、森田さんは学生を指揮。56年10月には、測量を阻止しようとした住民と警察との間で衝突が起き、多数の負傷者が出た。「流血の砂川」の現場にも立ち会った。

 「砂川と辺野古の共通点は女性たちが立ち上がった点です。砂川ではお母さんたちが『先祖の土地を取られるな』と頑張った。私たちは非武装で闘うことを誓った。どんなに正しい主張でも暴力を肯定したらおしまい。守勢一本と決めていました」

 闘争の記録をまとめた「砂川」(現代社)に、当時の様子が描写されている。<警棒が乱れ飛んだ。腹を突き、頭に振り下ろす。「ウーン」と腹をおさえて、よろめく学生、みけんにパッと血をにじませて、うつ伏す労組員。「やめろ!」「人殺し!」悲痛な叫びが畑地をおおった>>

 無抵抗の運動に世論の支持が集まり、政府は測量中止に追い込まれた。森田さんは「政府の方針を撤回させるには、世論の動きも大きく影響します。それだけに在沖米軍問題に対する本土の関心の乏しさが気がかりです」と語る。

 終戦を迎えた時、森田さんは中学1年生だった。ラジオから流れる玉音放送を聞いて、「死なずに済んだ」と心底安堵(あんど)した。だが、戦地に赴いていた長兄の戦死通知が届いたのは、終戦7カ月後の46年3月だった。「母が仏壇の前にじっと座り、悲しみに耐える姿が脳裏に焼き付いています。母を元気づけようと、家事を手伝い、畑仕事をし、勉強も懸命にやった。しかし、悲しみを癒やすことはできませんでした。こうした悲しみが至る所で生まれるのが戦争です。反戦平和を強く願うのは、二度と母のような人を見たくないからです」

 戦後74年。丸山穂高衆院議員は北方領土返還に関し「戦争しないとどうしようもなくないか」と発言した。その話題に及ぶと、森田さんは憤りのボルテージを一段と上げた。「あの議員の見識のなさは指摘するまでもありませんが、そうした発言を擁護する風潮はもっと危険です。ひとたび戦争が起きれば、最も深刻な被害を受けるのは国民です。私たちは有権者として平和を重んじる政治家を選ばないといけません」

 参院選が近い。「国民の声に耳を傾け、政治に生かしてくれる人を見極めることです。安倍政権は身内へのえこひいきが過ぎ、自ら放つ『悪臭』に気づいていません。与党内にはこの悪臭を絶とうとする動きがない。野党も安倍官邸を巨大なガリバーのように恐れて無力感に陥っています。心ある与野党議員の皆さん、今こそ『反骨の士』となるべきではありませんか。たとえ一人になっても、信念のために闘うべきです」

 重い病を患い、近年は第一線から退いていたが、政治の現状を憂え「復帰」を決意している。「せっかく三途の川から戻ってきましたから、命続く限り平和の尊さを訴えたい。つらく苦しい戦争を体験した者の使命としてね」

 私たちが平和の尊さを訴える声を弱めた時、軍靴の足音がまた一歩、近づいてくるような気がした。【鈴木美穂】

 ■人物略歴

もりた・みのる
 1932年静岡県生まれ。東大卒。全学連、共産主義者同盟(ブント)の幹部として砂川闘争や安保闘争に関わる。雑誌編集者などを経て政治評論家に。著書に「森田実の永田町政治に喝!」など。