「世界最古の国・日本の秘密」
     -日本人が知らない皇室とGHQの真実

     ライズアップジャパン事務局


    2021.04.07



====================

「GHQの占領政策は、
皇室の廃絶によって完成する。

近年、女性天皇・女性宮家を
認める動きが活発化したことで、
いよいよ皇統を断絶する動きが始まった・・・」

と皇學館大学松浦光修教授は言います。


どういうことなのか?

それは76年前に遡ります・・・

1945年8月15日、
昭和天皇の玉音放送をもって
日本は大東亜戦争に
敗れた事を知らされました。

この敗戦を機に
GHQの占領政策が始まったのは、
あなたもご存知だと思います。

・アメリカに都合のいいように作られた日本国憲法

・真実がねじ曲げられ日本を一方的に悪者にした東京裁判

・プレスコードによる報道規制

などなど、、、

アメリカは日本に脅威を感じ、
日本を弱体化させるために
様々な占領政策を行いました。


しかし、
なぜアメリカは、
ここまでして日本を
恐れたのでしょうか?


それは、
天皇の存在と
国民の天皇への信仰心です。


天皇を現人神(あらひとがみ)と信じ、
死を恐れずむしろ名誉とする
日本兵・日本国民の考え方に
脅威を感じていました。

肉弾として祖国や天皇の為に
体当たり攻撃をした”特攻隊”や、

天皇のために降伏せずに
戦い続ける日本兵や日本国民を
間近で見たアメリカは、

日本の強さの根本は、
天皇に対する信仰心
だと考えたのでした・・・


ですので、
アメリカの本音は
昭和天皇を東京裁判で裁き、
皇室を排除したかったはずです。

しかし、
アメリカはそうはしませんでした。


なぜなのか?

それは、
占領政策を円滑に進めるために、
天皇を直接排除することは
できなかったのです。

理由は、
あからさまに天皇否定をすると、
日本国民が死を覚悟して
占領軍に対し反乱を起こす
可能性が大いにありました。


実際のところ、戦後、
昭和天皇の巡幸を
国民は感激しながらお招きした。
昭和天皇の「国を再建させよう」
というお言葉に、
国民は復興のために奮い立った。


だから、
GHQが円滑に占領政策を行うためにも、
天皇を東京裁判にかけるわけでも、
皇室を廃止するわけでもなく、

天皇の力を緩めたうえ、
我々から天皇のあり方を
薄れさせることで、
だんだんんと皇室の消滅に
導こうと考えました・・・


つまり、
アメリカは占領政策を
円滑に行うためにも
皇室を直接排除するのではく、

間接的に皇室を
衰退させていく
6つのカラクリを
仕込んだのでした・・・

例えば、、、

・皇室のポケットマネーを没収した
 「皇室財産の没収」

・皇室と神道に関するものが、
 学校などの公的機関から排除する
 「皇室に関する国民文化の破壊」

・個人だったら名誉毀損で
 訴えられるようなことでも、
 皇室には誹謗中傷が
 いくらでもできる状態にした
 「不敬罪の廃止」

が挙げられます。


このようにして、
GHQは天皇の力を弱体化し、
さらには我々から
天皇に対する信仰心を奪いました。

しかし、
GHQが仕掛けたカラクリは
これだけではありません。

皇室を排除するためのカラクリは
あと3つもあります。

残りはこちらからご覧ください。

>残りの3つのカラクリを確かめる
*3日間限定で無料公開中!


松浦光修

昭和34年(1959年)熊本市生まれ。皇學館大学文学部国史学科を卒業後、同大学院博士課程文学研究科で日本思想史(日本の伝統国家思想)を学ぶ。2018年現在、皇學館大学文学部教授。専門は日本思想史[1]。

著書
単著
『大国隆正の研究』(大明堂、2001)
『やまと心のシンフォニー』(国書刊行会、2002)
『いいかげんにしろ日教組~われ「亡国教育」と、かく闘えり~』(PHP研究所、2003)
『夜の神々』(慧文社、2005)
『日本の心に目覚める五つの話』(明成社、2010)
『日本は天皇の祈りに守られている』(致知出版社、2013)
『龍馬の「八策」~ 維新の核心を解き明かす~』 (PHP新書、2016)
『明治維新という大業―“大東亜四百年戦争”のなかで』 (明成社、2018)
『日本とは和歌 国史のなかの百首』(慧文社、2020)
編著
『増補 大国隆正全集』全8巻(国書刊行会、2001)
共著
『名画にみる国史の歩み』(近代出版社、2000)※小堀桂一郎監修
『高等学校最新日本史』(明成社、2003)※2002年4月 文部科学省検定済教科書
(渡部昇一・八木秀次)『日本を虐げる人々-偽りの歴史で国を売る徒輩を名指しで糺す』(PHP研究所、2006)
『日本人として知っておきたい皇室のこと』(PHP研究所、2008)
『日本史の中の世界一』(育鵬社、2009)
『日本人として。皇学』(神社新報社、2010)
『君たちが、日本のためにできること : 大学生に伝えたい祖国との絆』(明成社、2011)
『伊勢の神宮と式年遷宮』(皇學館大学出版部、2013)
『皇位継承―論点整理と提言』(展転社、2020)
訳著
『新訳 南洲翁遺訓』(PHP研究所、2008)
『新訳 留魂録 吉田松陰の「死生観」』(PHP研究所、2011)
『新釈 講孟余話』(PHP研究所、2014)
外部リンク