真珠湾攻撃で開戦、は誤った認識 
    忘れられた1時間5分前の陸軍上陸

    高嶋伸欣

     聞き手 編集委員・大久保真紀


     2021年12月7日 23時28分朝日新聞デジタル記事


    
開戦の日の1941年(昭和16年)12月8日、マレー方面の爆撃に向かう日本陸軍爆撃機の編隊

 1941年12月8日は、日本では、真珠湾攻撃により太平洋戦争が始まった日として知られています。その1時間前にマレー半島に上陸していたことを思いおこす人はさほど多くはないでしょう。そこにこそ日本が80年間、直視しようとしない歴史がある、と琉球大名誉教授の高嶋伸欣さんは言います。話を聞きました。


【特集】日米開戦80年

 ――開戦80年です。

 「日本では真珠湾攻撃でアジア太平洋戦争が始まったという認識が一般的ですが、それは違います。海軍の真珠湾攻撃よりも1時間5分早く、陸軍がマレー半島の英領コタバルに上陸し、英軍と戦っています」

 「海軍の真珠湾攻撃と陸軍のマレー半島上陸は当初は同時に行う予定でした。米ハワイが一番油断する日曜の夜明け時に設定されていました。しかし、それでは航空母艦から戦闘機が飛び立ってから暗闇の中で編隊を組まなくてはならず、技術不足の戦隊があったために危険だということになり、飛び立つ時間が夜明けごろに変更になりました」

 「それで真珠湾攻撃の時間は1時間半繰り下げることになったのですが、海軍がいまさら陸軍には連絡できない、借りを作れないと、そのままにしたために時間差が起きました。最初からお粗末でした。コタバルの方は、海が荒れていたため、上陸に時間がかかって予定より少し遅くなったのです」

 「なのに、テレビや新聞は真珠湾攻撃から始まった、と報道してきました。今夏にあった共同通信社と加盟社で構成する日本世論調査会の世論調査では『1941年12月に日本が米ハワイの真珠湾を奇襲攻撃して太平洋戦争が始まったことを、あなたは知っていますか』という設問がありました。質問の前提の事実が異なります」

「開戦=真珠湾攻撃」の認識は、奇襲作戦成功という大戦果だけではありません。マレー半島で100回以上の現地調査を行った高嶋さんは、日本がもう1つの開戦に関心を向けたくない心理が働いたと分析し、理由としていくつもの不都合な真実をあげます。

 ――私も3年前に、コタバルに奇襲上陸した元日本兵を取材したことがあります。なぜ誤った認識が広まったのでしょう。

 「真珠湾の奇襲攻撃で大戦果を上げたという戦時中のイメージもあるのでしょう。半年しかもたなかったけれど、あのときは日本も頑張ったという印象があるので、メディアはその方が多くの人の関心を呼ぶと考えてきたのではないでしょうか」

 「マレー半島への上陸は、アジア太平洋戦争が日本が東南アジアに侵略する戦争だったということにつながるため、関心を向けたくないという心理も社会に働いたと見ています」

 ――というのは?

 「帝国主義国同士の戦いで、どっちもどっちだった、という話に収めておきたいということです。列強同士の植民地争奪戦ということなら、不都合はありません。ですが、日本軍はそのためにアジアの人々が生活する地域に攻め込み、危害を加えました。住民の虐殺、食料の強奪など中国大陸と同じことを東南アジアでもやっています。実情は今も変わらないアジア蔑視が根底の侵略行為だったのです」

 「もうひとつ、コタバルへの上陸について日本は英国に宣戦布告をしていません。真珠湾攻撃で事前通告がなかったのは日本大使館の不手際で遅れたからだとする説がありますが、では、なぜ英国には事前通告を準備しなかったのか。大使館の不手際という言い訳が通用しなくなるという面もあります」

 ――日本軍はコタバル上陸から2カ月余の1942年2月にはシンガポールを攻略します。

 「シンガポールでは、日本軍は華僑を『日本軍の敵対者』とみなして、多くの住民を虐殺しました。旧陸軍憲兵隊のOBで作る憲友会の全国組織が刊行した『日本憲兵正史』には当時の軍作戦主任参謀の辻政信中佐が「シンガポールの抗日勢力を一掃するのだ」「シンガポールの人口を半分にするのだ」などと激励して歩いていたことなどが記されています。この華僑の粛清事件は戦後の戦犯裁判でも裁かれていますが、『正史』でも『この事件は大東亜戦争史上一大汚点となった』と書かれています」

 ――なぜ華僑を粛清する必要があったのでしょうか。

 「31年の柳条湖事件からの中国戦線で日本軍は苦戦を強いられていた。華僑は資金や物資を送って中国を支援し、反日教育をしているはずだと日本軍はみていたのです」

 「マレー半島に上陸した広島の第5師団歩兵第11連隊第7中隊の陣中日誌には、シンガポール攻略後の42年3月2日に第1大隊命令として『鉄道線路と道路の両側500メートル以外の中国人と英国人は老若男女を問わず徹底的に掃蕩(そうとう)する』などと記された命令書も保存されています。命令書に従って日本軍はマレー半島各地で組織的に、敵性華僑狩りを行いました。全体の犠牲者数ははっきりしませんが、マレーシアには70を超える追悼碑があり、それぞれの地で1500人とか数百人、数十人の単位で犠牲者数が伝えられています」

    ■
 ――マレー半島で何があったのか、100回以上現地に赴いて、自身で調査しています。きっかけは何だったのですか。

 「私は高校で地理を教えていました。教材にするためにゴム園やスズ鉱山などの写真を撮影しようと、夏休みにタイとマレーシアを鉄道とバスで回りました。44年前のことです。マラッカ郊外の村の食堂に入ったとき、年配の店員に『日本人か?』と聞かれて、『そうだ』と答えました。すると、『戦争中に日本軍がこのあたりで住民を大勢殺したのを知っているか』と尋ねられて、『証拠を見せてやる』と車で追悼碑に案内されました」

 「ありうることだと思って、日本に戻って調べたのですが、研究論文は見つかりませんでした。親交のあった歴史学者の藤原彰さん(故人)に話すと、日本で言う東洋史は中国史、インド史が中心で、東南アジアは研究者が少ないと教えてくれました。藤原さんは『歴史学者の怠慢です』ともおっしゃったけれど、これは、福沢諭吉の脱亜論的なアジア蔑視が日本社会に浸透していることの表れではないでしょうか」

 「研究を待っていたら、戦争を知る人たちがいなくなってしまうと考え、ならば自分たちでと、83年から戦争の傷痕に学ぶスタディーツアーを始め、証言を集め、記録していった。毎年、タイやマレーシアを訪ね、新型コロナの感染拡大前の一昨年までに45回を数えています。86年からは8月15日に日本で行われる全国戦没者追悼式の時間に合わせて、現地で毎年『アジア・太平洋地域の戦争犠牲者に思いを馳せ(は)、心に刻む集会』を開き、現地の方々と共に黙?(もくとう)を捧げてきました」

 ――現地の人の受け止めはどうだったのですか。

 「最初は遺族や目撃者たちからののしられたり、殴られそうになったり、石を投げられたり。数時間つるし上げにあったこともあります。でも、必ず『こんな(追悼に来る)日本人もいるのだから』ととりなしてくれる人が出てきて、事なきを得ました」

 「広島で被爆し左足を失った沼田鈴子さん(故人)が89年に参加したツアーでは、1500人が抹殺されたという村で交流集会を開きました。沼田さんが『私の住む広島にいた若者がみなさんの家族や親族を殺した。申し訳ない』と謝罪の言葉を口にすると、会場にいた若者が彼女の周りに殺到しました。抗議ではなく、彼女の言葉に感動して集まってきたのです。現地の人の願いは、歴史を忘れないでほしい、ただ謝罪がほしいということなのだ、と長年の活動を通して感じます」

   ■
 ――マレー半島への上陸については、ほかの問題も指摘されています。

 「もうひとつ忘れてはならないことがあります。日本軍はコタバルより少し北にあるマレー半島東岸のタイのシンゴラにも上陸しています。シンガポールに攻めていくには、幹線道路や鉄道が通る半島の西岸を通る必要があり、東岸から最も短距離で西岸に出られる地点としてシンゴラが選ばれました」

 「しかし、その前年に日本はタイの中立尊重を保障した日タイ友好和親条約を締結しています。にもかかわらず、一方的に独立国のタイに奇襲上陸したのです。半日弱ですが、タイと戦闘しました。結果、日本軍の国内通行をタイに認めさせ、マレー半島を南下しました。敗戦直前のソ連軍の旧満州への侵攻は日ソ中立条約違反だと言われていますが、日本はそれと同じことをタイに対して行っているのです。これも日本にとっては都合の悪い歴史ですから、あまり注目してもらいたくないのでしょう」

 ――12月8日についての見方を変えることが、いまなぜ必要なのでしょうか。

 「12月8日は、日本が東南アジアに侵攻する起点の日です。アジア太平洋戦争というと、米国と戦ったという点が繰り返し教えられ、報じられてきました。しかし、そこには、あの戦争はなんだったのかという問いかけがありません。アジアの人々にどれほどの被害を与えたのか、アジアの犠牲者に思いを馳せながら、日本の戦争を見つめるきっかけにしてほしいと思います」(聞き手 編集委員・大久保真紀)

     ◇


たかしま・のぶよし 1942年生まれ。琉球大学名誉教授。専門は人文地理。東京教育大(現筑波大)付属高校の社会科教員を経て大学教員に。著書に「旅しよう東南アジアへ」など。    
<