今週の本棚・なつかしい一冊




    『万葉集 全訳注原文付(全4冊、別冊)』
    中西進・編

     里中満智子


    毎日新聞 2022/12/24 東京朝刊

    
 (講談社文庫 649~1166円)



 私はいわゆる「団塊の世代」で、戦前の教育を受けた親世代からは「男女同権なんて、いい時代に生まれて幸せね」と言われて育った。親も先生も近所の大人たちも、みな口をそろえて「昔の日本では女の権利なんて何ひとつ認められず、男に従って生きるしかなかった」と言っていた。映画やお芝居でみる「時代劇」の武家社会――それが過去の日本の姿だと思い込んでいた。

 中学生になり、学校の図書室で『万葉集』と出会った。初恋に目覚める思春期、ロマンチックな雰囲気に浸れる恋の歌を見つけては、うっとりしていた。が……。


 恋に悩む乙女の歌かと思ったら、やんごとない身分の大人の男性が詠んだ歌――庶民の女性がプリンスを振り回す歌――政治犯に同情する歌――実に多様な歌が溢(あふ)れていて驚いた。

 ガチガチの身分制度に縛られ、お上に楯突(たてつ)くと死を賜り、女性は男性の意のままに操られ――などと思い込んでいた「過去の日本の姿」は、武家社会から軍国主義の時代のものだったと気づくのにそう時間はかからなかった。


 『万葉集』は、大きく分けて「歌が詠まれた時代順」「歌のテーマ別」「歌の形式別」などを基準にまとめられている。

 天皇から政治犯、庶民まで、身分、男女の区別もされていない。背景となる当時の社会事情は「働く女性は男性と同じように収入を得ていて、私有財産を持っていた」「結婚、離婚、再婚は、のちの武家社会の女性たちと違い、かなり自由だった」。それゆえ、自立していた女性たちは堂々と恋の歌を詠み、男性と対等に生きていたのだ。「もともとの日本は今更言われなくても男女の立場が対等だったのか」と、私は嬉(うれ)しくなってしまい、以来60年、『万葉集』がずっとそばにある。


 全20巻、約4500首の作品――世界の中であの時代(1200年以上前)にこれほど民主的な文芸作品を生み出した人々に、感謝と尊敬の念を抱かずにはいられない。そして、日本語が生き続けているという奇跡のような幸運にも感謝したい。

 『万葉集』を世界文化遺産に――そう願わずにいられない。男女が共に社会を支えて、文化を育てていたという素晴らしい事実をより多くの人に知ってもらいたい。

 読むたびに新発見ともいえる興味が次から次へと湧いてきて、やがてそのうち「自分なりの解釈」を楽しめるようになる「一生の友」と言える。(漫画家)