冒険?大英でManga展
  前売りは好調批判的意見も

   


      2019年5月31日朝日新聞

    
 SFからスポーツ、ボーイズラブまで幅広いジャンルにまたがる日本の漫画を紹介する「Mangaマンガ」展がロンドンの大英博物館で開催中だ。海外で の漫画展覧会としては史上最大規模。英主要メディアが批判的に紹介するなど大 きな関心を呼んでいる。

    
 古代美術の殿堂の正面玄関前にはいま、野田サトル「ゴールデンカムイ」のヒロインを使った特別展の案内パネルが掲げられている。同館の特別展会場としては最大の約1100平方㍍のギャラリーに約50人約70作品の原画などを展示する。葛飾北斎の作品や明治期の新聞漫画なども交え、漫画の歴史、社会とのかかわりも伝える。

若者の開拓を狙う

 大英には、日本ギャラリーがあり、漫画の原画収集も進めている。民俗学者の主人公「宗像教授」が大英を訪れるシリーズもある星野之宣の作品を2009年に展示。15年には星野、ちばてつや、中村光という世代の異なる3人の作品展を開催した。大きな反響があり、今回の特別展につながった。若い世代の新たな入場者を開拓する意図もある。大英によると、前売り券の売れ行きは過去5年の特別展で最高で、週末の予約は売り切れになる勢いだ。前売りと入場者に占める16歳以下の割合は約23%で通常の特別展よりむ高いという。

英メディアで論争.

一方、ハイカルチャーの拠点である大英が、サブカルチャーとも位置づけられる漫画を本格的に取り上げたことに対し、英メディアの反応は賛否が分かれた。タイムズ紙は「やり過ぎだ」として5段階評価の三つ星。「漫画の不思議な世界を常連に納得させるより、子供たちを大英の魅力に引き込むのに役立つかもしれない」

 ガーディアン紙は、美術担当記者が「目の大きい漫画の主人公を、北斎の作品と同じように注目すべきだというのか」と二つ星で酷評した。これに対し、同紙の書籍コミック担当ライターは「漫画は現代の文化に1世紀以上寄与してきた。その影響力を過小評価すべきではない」と反論。「大英が歴史に寄与する公的機関であるなら、漫画はまさに歴史になりつつある立派な表現手段だ」と書くなど論争になっている。

 夕刊紙イブニング・スタンダードは星四つ。いわゆる「オタク」文化への説明が少ないなど「漫画文化の気がかりな要素を無視し、めでたすぎる内容だ。それでも大いに楽しめる内容で、見た後に漫画の世界をより深く探りたくなる」。

 漫画展への論評について「同館は「大英が冒険的な試みをしたからこそ賛否両論が起きた。論争が起きたことで展示への関心が高まっている」(広報部)と前向きに受け止める。

企画した同館日本セクションのニコル・ルマニエトルさんは「文字よりも絵を通して伝えるインスタグラムの時代。デジタルメディアに慣れた『Z世代』の著者にとって漫画の役割は大きくなりつつある。漫画は、22世紀の一つの共通言語になると思う」と話す。同展は8月26日まで。混雑時には事前予約が必要。
(ロンドン”石合力)