Part11「眞子さまと小室圭氏の結婚」
 

 「眞子さまと小室圭氏の結婚」について

     宇山卓栄


     2022年2月15日 宇山卓栄(経営科学出版)



皆さま、こんにちは。

著作家の宇山卓栄です。


今、新講座
『教科書が教えない朝鮮・韓国史の闇
 中国に支配された属国2000年史』
の動画収録を進めさせて頂いております。

この企画が終わり次第、
皇室関連の特集企画も収録させて頂く予定です。


このメルマガのシリーズでは、

今、世間を騒がせている
「眞子さまと小室圭氏の結婚」について、
複数回に分けて考えて参りたいと思います。



KK夫妻は結婚されたばかりですが、
私は皇室のために、
夫妻の離婚を望みます。

悠仁親王殿下の義理の兄が
KK氏というのは耐え難いことであり、

離婚すれば、
皇室とK家との縁戚関係が解消されます。

結婚生活がうまくいかないならば、
すぐにでも離婚して頂きたい、
それを歓迎する人は
少なからずいるでしょう。


皇族が離婚される場合
どうなるのでしょうか。

M子さまは元皇族女性とはいえ、
一般女性と同じく離婚できます。

しかし、
皇籍に復帰はできません。

一般女性と同じように
実家に帰ることができないのです。

秋篠宮邸のお住まいは国有財産で、
国が皇族のために
予算付けして支給したものです。

たとえ娘であっても、
一度、一般国民になった者が
住むことはできません。

秋篠宮家からの経済的援助も
一切、受けられません。


憲法第八条、
皇室経済法施行法の第二条二項で、

皇族費の私的な流用は
禁止されています。

特定の一般国民に
特定の支援をすれば、
皇室の中立性が損なわれます。


既に、裏から夫妻に
金を回しているという見方もあるため、
まったく心配いらないともされています。

しかし、裏要素を排除して見れば、
表の話としては、

M子さまに経済的な自立性がなければ
生活が成り立ちません。

こうしたことからもわかるように、
元皇族女性が不利な状況に置かれ、
夫に従属を強いられる
可能性もあるのです。


たとえ、
経済的な自立を達成したとしても、

その背後に、
良からぬ勢力が潜んでおり、

支援していれば、
皇族の中立性は阻害されます。


元皇族女性が離婚した時に、
経済支援を国として
どうすべきかを考えるべきです。

実家の支援を
法的に受けられない元皇族女性は
特殊な事情を抱え持ちます。

一般女性のように、
自分で勝手にやりなさい
ということにならないのも事実でしょう。

国民がこれだけ反対した結婚を
ゴリ押しした人に

情けや支援などいらない、
どうなっても自業自得、

という考え方もあるかもしれませんが、

あまり突き放したような
対応をしていると、

良からぬ勢力に狙われかねず、
皇室全体が被害を受ける
可能性があります。