「癒やし」なきリニア 前時代の遺物か世界変える技術か

   聞き手・矢吹孝文


   2020年8月20日 17時00分朝日新聞

山梨実験センターの前を通過するリニアの車両=2014年9月、山梨県都留市

 リニア中央新幹線の静岡工区が未着工になっている問題で、品川―名古屋間の2027年開業が困難になった。静岡県とJR東海の対立をめぐっては、早期の開通に期待する声と、「工事は拙速」との慎重論がぶつかる。「夢の超特急」を取り巻く議論を、どう読み解けばいいのか。政治学者で放送大教授の原武史さんと鉄道アナリストの川島令三さんに聞いた。



原武史さん「かえって不便になることも」

 私は鉄道ファンだが、リニア建設には最初から反対だ。東海道新幹線は右肩上がりの時代につくられ、世の中の流れにマッチしていたが、少子高齢化の今は完全に時代が違う。リニアは前時代の遺物だ。

 新型コロナウイルスの流行で「東京に出ず、在宅で働く」ことが推奨された。それなのに、リニアがアピールするのは「東京まで早く行ける」という一極集中の発想だ。首都圏から近くなれば、地方の人や資本が吸い取られる「ストロー効果」だって起きる。最短40分でつながる名古屋は、「東京の郊外」になりたいのだろうか。

 日経新聞の記者だった1987年、宮崎県にあったリニア実験線を取材した。石原慎太郎運輸相の視察に同行して試乗すると「ふわっ」と浮く感じで、飛行機の離陸に似ていた。速度は時速500キロくらい。発足直後だったJR東海の職員の表情は野望にあふれ、ほこらしげだった。

「リニアは前時代の遺物」と話す原さんは、その理由を次々と挙げていきます。一方の川島さんは「これ以上便利になる必要はない」といった反対論を「間違い」と言い切ります。鉄道を愛する2人の主張は交わらないのでしょうか。

 あれから33年、JRの姿勢は昭和のまま何も変わっていない。

 東海道新幹線で東京を出ると、右に富士山が見える。外国人観光客がシャッターを切り、乗り慣れた人も車窓の風景に癒やされる。リニアは、それがない。名古屋までトンネルばかりだ。山梨県内の実験線に試乗した同県の横内正明元知事は、「下水道管という感じだ」と話していた。

 時間短縮のメリットも疑問だ。現在の東海道新幹線より本数が少ないので、待ち時間は長くなる。始発駅は東京でなく品川になるし、ホームは大深度地下にあるので遠い。安全チェックも厳格になるだろうから、少し早く駅に入る必要がありそうだ。環境破壊をしても建設するメリットは本当にあるのだろうか。

 各地で新幹線が開通し、並行する在来線が第三セクターに移管されることも増えた。通学や通院などに使う生活基盤なのに運賃は上がり、特急が廃止されて駅の売店がなくなった。リニア開通で、東海道新幹線の「のぞみ」は本数が減るだろう。私のような横浜市民には、かえって不便になることも考えられる。

 鉄道評論家で、こういうことを指摘できる人は少ない。鉄道会社に厳しいことを言うと仕事が来なくなり、取材協力もしてもらえない。鉄道ファンも、ブルートレインの廃止や廃線が決まると惜しんで撮影に集まるのに「その判断はおかしい」とは主張しない。社会にとって本当に大切な路線なら、抗議や署名活動をするべきではないか。

 「我田引鉄」という言葉もあるように、鉄道は沿線の政治家が票を獲得する手段にも使われてきた。しかし、県や市町もそろって反発する中で鉄道を通したという事例は、これまでに聞いたことがない。

 リニアは「1分でも早く東京に行きたい」という、特定の人のための列車だ。これに国の財政支出を含めて何兆円もかけるなら、新幹線の運賃を値下げするべきではないか。その方が、より多くの人に恩恵がある。




川島令三さん「時短以外の効果もある」

 時速320キロを超えて営業運転をした鉄道は世界にほとんどないが、リニア中央新幹線の営業速度は約500キロ。鉄のレールと鉄の車輪は速度の限界が近づいているが、浮上するリニアはその壁を悠々と越えていく。路線さえ敷けば、ヨーロッパも半日ほどで行ける。リニアは世界を変える可能性を持った技術だ。

 静岡県の川勝平太知事は「リニア自体には賛成」としているが、反対論の中には「リニアはいらない」「これ以上便利になる必要はない」という声もある。私の経験からすると、これは間違っている。

 1964年の東海道新幹線開業までは東京から大阪は特急「こだま」や「はと」「つばめ」で6時間半かかったが、今は約2時間半。新幹線の開業時にも「無用の長物」との批判はあったが、開通したら在来線で往復する人はほぼいなくなった。リニアで品川―大阪間が1時間になったら、人々の意識が「2時間半」の時代に戻ることはないだろう。

 時間短縮以外の効果もある。私の試算では、リニア開業後、品川―名古屋間の新幹線の乗客の約半数がリニアに流れ、「のぞみ」の本数は半分以下になる。東海道新幹線の運行に余裕が出れば静岡県内にとまる列車も増えるだろうし、大型車両にトラックを乗せて走る「貨物新幹線」を実現させて、物流の高速化やドライバー不足の解決ができるかもしれない。

 静岡工区の水問題は、完全に泥仕合だ。JR東海は「駅を作らないと沿線の協力は得られない」とわかっていたから、リニアの「1県1駅」を決めた。静岡県には駅がないが「10キロ程度の山奥なので反対は出ない」とタカをくくっていたのではないか。JR東海に腹が立つという意見もよくわかる。今の幹部は国鉄の出身だから官僚的な対応を取りがちで、静岡の人たちはカチンときたのだろう。

 だとしても、「水は1滴も譲らない」との姿勢はかたくな過ぎる。川勝知事は静岡を避けたルート変更に言及したが、それは最悪の解決方法だ。地質調査をやり直すので何年かかるかわからないし、回り道で所要時間も長くなる。

 大井川のように大きい川が、トンネル工事で枯れた事例は聞いたことがない。水は減るかもしれないが、最終的には補償で折り合うしかない。問題なのは、国の事業である北陸新幹線や北海道新幹線と違い、リニアはJR東海による民間事業だという点だ。国の事業ならダム工事のように国家予算で補償できるが、JR東海には株主がおり、利益を圧迫する補償を手厚くすることは難しい。

 最初から国家事業として進めていれば自治体との調整はスムーズだっただろうが、国にはリニアをつくる金がない。「政治には金も口も出させない」というJR東海の方針にまかせて、こんなにこじれるまで介入できなかったのは国土交通省のふがいなさだ。

 国交省の有識者会議で結論が出るまでは静岡工区を後回しにして、まずは品川―甲府間を世界に先駆けて暫定開業することも検討するべきだ。JR東海は「素人がごちゃごちゃ言うな」という姿勢を捨て、下手に出て協議するしかない。

 50年以上、鉄道をライフワークにしてきた。個人的には、生きているうちにリニアに乗りたいと思っている。(聞き手・矢吹孝文)