倉重篤郎のニュース最前線

  シリーズ・ニッポンの出口/9 
  こうして自民党を倒せ! 野党共闘停滞からの出口を力説 

   2021/6/10 05:00サンデー毎日



  
  小林節さん

なぜ共産党を毛嫌いするのか? その集票力、政策力、調査力、筋通す力をもっと活用せよ ------元自民党ブレーン・小林節、元公安担当警察官僚・亀井静香


 コロナ失政、五輪強行で国民の政治不信は極点。だが、政権を倒すべき野党の動きが顕在化しない。野党共闘停滞の真因は、立憲や国民に根深い共産党アレルギーではないか。かつて強力な保守であった2人――憲法学者・小林節氏と元警察官僚・亀井静香氏が、共産党の潜在力を評価し、それを活用した野党再生の方法を語る。

 ニッポンの出口。今回は「野党共闘停滞の出口」を探る。というのも、政治決戦の最大のヤマ場である衆院解散・総選挙が数カ月足らずのうちに必ず行われる、という情勢下、政権交代を目指すべき野党の動きが異様に鈍いからである。

 本来であれば、今の菅義偉自公連立政権に取って代わるべき、新しい連立政権の骨格と主要政策、人事について、一定の絵姿を世に問うてもおかしくない時期である。菅政権がコロナ対策、五輪対応で悉(ことごと)く失態、説明不足を重ね、世論がこの政権に対する評価を下げ、オルタナティブ(対案)を真摯(しんし)に求めている時期だけになおさらである。

 にもかかわらず、そういった動きは全く見えない。連立政権の骨格どころか、輪郭もつかめない。政党間の組み合わせ、理念や路線だけでなく、仕事の中身、顔ぶれ、一切が霧の中である。枝野幸男・立憲民主党代表が新著で自らの政治理念を世に問うたが、政権交代があった時の首相候補の私見はわかるにしても、政権交代勢力として、どんな政治を展開するかは皆目見当がつかない。問題はそういう議論をしている気配さえ見えないところである。

 一体それはなぜなのか。

 立憲は野党第1党の地位の居心地がよくなってしまった、との解説がある。かつての社会党化現象である。政権与党を適度に批判すれば、そこそこ議席は安定し、与党として政策に責任をとる必要もない。政権与党はあの民主党政権で懲りた。国民民主党も然(しか)り。小さい固まり、ポストに安住している観がある。政権交代の機運が生まれようもない。

 ただ、停滞の背景にはもう一つ別の要素がある。それは共闘の軸でもある日本共産党に対する忌避感、アレルギーである。曰(いわ)く。暴力革命論と縁が切れていない? 独裁・専制体質がある? 外交安保基本政策で根本的に異なる? 「共産党」という名前に抵抗がある?

 連合、国民民主党のみならず立憲内部にもまだわだかまる「反共」意識である。根も深い。菅政権の体たらくに自公がなお泰然としていられるのは、この「反共」ファクターがいずれ野党共闘の妨げになる。この一点を攻めれば、たちまち共闘の機運が萎(しぼ)むのが目に見えているからである。

 野党の多くも自分たちのこの弱点に気付いていながら手をこまねいている。選挙直前のドタバタの中で共産党が自主的に候補を降ろし、連立問題を突き詰めることなく、共産票だけちゃっかりいただこうという算段だ。これまでもそうだった。ただそれでいいのか。

 私には大いに疑問だ。共産党は今や野党共闘のメインプレーヤーだ。その集票力、政策立案力、調査・批判力が共闘強化に不可欠なものになっているのは、同党がその路線に大きく舵(かじ)を切った2005年9月からの国政選挙、国会運営を見れば明らかだ。となれば、共産党を連立政権の中でどう位置付けるかは、野党共闘の最重要テーマとならねばならない。逃げてはならない。ここに決着をつけない限り、弱点であり続ける。触れなば落ちん風情の自公政権を終わらせることすらできないであろう。

 そもそも、その「反共」ファクターとはナンボのものか。小林節・慶應大名誉教授と、亀井静香自民党元政調会長に聞く。小林氏は自民党のブレーンだったが、最近は共産党シンパに転じた憲法学者。亀井氏は共産党対応の公安担当警察官僚だったが、今では志位和夫共産党委員長の政治家としての手腕を高く評価している。

 まずは小林氏だ。

「断っておくが私は共産党員でもないし赤旗も取っていない。自民党に頼まれ憲法調査会講師をするなど30年間同党のブレーン役をしてきたが、意見がぶつかるようになった。彼らは憲法尊重擁護義務(99条)を一般国民に押し付け、自分たちは管理するという発想だ。権力者は憲法からも自由になる、という考えだ。だから安倍(晋三前首相)の安保法制のような支離滅裂な憲法論となってしまう」

 共産党との接点は?

「まさに、15年の安保法制(強行採決)からだ。赤旗の取材を受けたが、半ば逃げ腰だった。僕も戦後生まれ、多くの日本人同様、共産党だけは駄目だと言われて育ってきた。ただ、20年1月の党綱領改定で考えを変えた。全党的に学習し討論する真剣な姿勢に惹(ひ)かれた。共産主義の可能性も否定できなくなった」

「というのも自公政権下で続いてきた『新自由主義』という名のむき出しの資本主義の横暴とこの体制の限界を感じてきたからだ。過剰な経済成長至上主義が、人々の生活のみならず地球環境を破壊した。コロナだってその結果だ。資本主義は資本の自己増殖を正当化、資本家は労働強化で労働者を搾取できる。無限の欲望、かつ不道徳な欲望をも正当化、一部の人が豊かになり多数が貧しくなる」

「そもそもむき出しの資本主義は日本国憲法と矛盾する。憲法は29条で財産権を保障しているが、公共の福祉に従うとの条件付きだ。21条の表現の自由条項には公共の福祉は書いていない。25条の生存権では、経済的弱者は人間であるというだけの理由で敗者復活戦のため自分で食えない間は政府に食わせてもらう権利がある。つまり、憲法が想定しているのは、社会民主主義に近い修正資本主義だ」

「もちろん、ソ連型、中国型の社会主義、共産主義が成功したとは言えない。経済の規模が小さく民衆の中に民主主義も人権意識も確立されていないところに生まれた限界がある。ただ、日本のように高度に資本主義が発展し、人権と自由を守る闘いが続けられてきた国では中ソのようにはならない。成熟し切った資本主義が無限の欲望で堕落し、倒れた先に来るものが共生の社会と言われるが、それがまさに共産主義ではないか。日本でこそ共産主義が意義を持つのではないかと思うようになった。改定綱領からそれが読み取れた。世の中の風向きを見て変わったわけではない。目の前の事象を真剣に勉強、分析しながら舵を切ってきた」

国民に人間らしい生活を保障せよ

 世の大勢はなお反共だ。

「いくつかの誤解と歪曲(わいきょく)がある。その一つが『暴力革命』論だ。51年の綱領改定以前の話だ。米国の独立戦争もフランス革命も暴力を伴っていたという先例や、当時の日本をめぐる政治情勢からすれば、ある意味やむを得ない議論だったと思うが、その後共産党は路線を『相手の出方』論に変え、今では自由、人権を重視した民主主義、選挙による政権交代への道を明確にしている。『民主独裁』との批判もある。ただ独裁というなら創価学会と公明党との関係はどうか。公明党はどこで党首が決まっているかわからない。自民党も安倍1強ではないが、党総裁に誰もモノを言えない」

「反安保・反自衛隊ではないか、とも言われる。『世界に平和が実現して日本も他国の戦争に加担も参加もしない、そういう時代を日本国憲法は願っている。そういう夢や理想を持つのは我々の思想、良心の自由ではないですか』というのが志位氏の言い分で、一方で現実がそうなっていないことも認め、『自衛隊や安保条約をなくすというのはその時の国際情勢と主権者国民の多数が認めた時にそうするのであって、我々が今できるわけでない』とも言う。私はそれに納得している。共産党が政権を取ったら中国のような専制と人権抑圧が始まるという言われ方もするが、いま中国の人権問題をきちんと批判しているのは共産党だけだ」

 菅政権どう見る?

「間違って首相になってしまった。安倍、麻生太郎、森喜朗氏らもそうだったが、彼らにはまだ周辺に支える勢力がいた。菅氏の場合は本人も器でないし、周りにも人材がいない。そもそも答弁能力がない。身内の不祥事もある。安倍政権と同質の権力の私物化だ。コロナ危機という時代の節目にこういった政治しか持てないところに日本という国の徳のなさを感じる。野党も一体何をしているのか。堕落した与党と役立たずの野党が傷を舐(な)め合っている」

膠着(こうちゃく)状況をどう打開?

「野党共闘を強化し、選挙で与野党逆転に持ち込むことだ。小選挙区制の特徴として、与野党の得票率の僅かな差が議席数で増幅されている。堕落し切った自公政権を僅差で威張らせているだけだ。その差を引っ繰り返すためには、野党党首が共産党も含め連立政権へ向けてがっちりスクラムを組み、5割と言われる無関心・棄権票の中から期待票を掘り起こし、1選挙区当たり1万?2万ある共産組織票をフルに活用することだ。逆転は十分可能だ」

 何を訴える?

「権力の私物化は許さない。新自由主義をやめ国民に人間らしい生活を保障する。中国の覇権主義に反対するが、だからといって米国の2軍となり世界に出張っていくことはせず専守防衛に徹する。この3点だ」

「情報公開を武器にすべきだ。安倍・菅政権で解明が不十分な森友、加計(かけ)、桜を見る会、総務省接待疑惑など一連の権力私物化問題について、真相解明することを公約、政権を取った暁には、隠されてきた文書、資料を全面情報開示、再捜査させ不良政治家をパージ、正義を復権させ10年来の澱(よど)みを掃き清めることだ」

     ◇

  
  続いて亀井氏にも聞く。

「警察官僚時代は公安4係。共産党、極左を警戒する裏公安だった。共産党を最もよく知る男の一人だ。今警察が困っているのは、共産党が暴力革命路線を見せないことだ。この前、志位氏に冗談交じりに言ってやった。『君らは敵の出方論と言うが、本当に革命をやる気があるのか、世界史を見ると暴力抜きで革命はできない。結局君らは社民主義者だ。つまらん』と」

 今や志位氏のブレーン?

「内政については君らの言う通りだと言った。経済の矛盾とか社会の仕組みは共産党の言う通りになっている。体制批判力も低下している。だから私は共産党がもっと力を持ってくれればいいなと思っている」

 なぜ志位氏を評価する?

「彼が極めて柔軟な政治家だからだ。硬直したマルクス・レーニン主義者ではない。かつての純粋野党路線から野党共闘強化、政権奪取、と路線転換してきた。共産党支持は5%くらいしかないが、小選挙区制だから彼らがついた方が勝つ局面だ。だから、志位氏には重点区とそうではない選挙区の票をバーターしろと助言した。そのことがかえって共産党の影響力を増す」

利権のための五輪強行はイカレている

 今の政局どう見る?

「菅首相は農家出身のくせに新自由主義にとらわれている。百姓の気持ちを忘れた政治をやっていけば、百姓が反乱を起こす。国民が反乱を起こす。物言わぬ国民が政権離れ、自民党離れを起こしている。私の地元・参院広島再選挙がいい例だ。現地に行かなくとも電話で連絡するだけで野党の圧勝だった。わっと種火が広がっていくような小選挙区の怖さだ。哀れ、菅氏は選挙をすれば負ける。そもそも3選挙に負けて再選しようというのがおこがましい」

「問題は、にもかかわらず菅降ろしが出てこないことだ。『お前の役割は済んだ、そこどけ、俺がやる』というのがいない。かつての自民党ではあり得ない。党内で激しい戦いをして代表を選ぶから強い政権ができる。それができない。これに加え、広島の選挙への1・5億円の党本部からの政治資金供与問題だ。今になって責任の押し付け合いだ。もともと幹事長と総裁が知らないわけない。今になってドロボーしました、では世間が許さない。支持率は下がる。自業自得よ」

「野党もひどい。時の政権と逆のことを言わないと駄目だ。外交なら米国のポチにも中国のポチにもならないと言うべきだ。内閣不信任案を出し政権をもぎ取る意欲を見せるべきだ」

 五輪はどうする?

「コロナがまだ猖獗(しょうけつ)を極めている時にやるというのはイカレている。IOCは商売だ。ぶら下がっている利権集団5000人のためにどうしてもやろうとしている。だから菅首相が言えばいい。五輪を受けられるような状況に日本はありません、と。それだけのことだ」

 2人に同じ質問をしてみた。連立政権で共産党は閣外協力か、閣内協力か?

 小林氏曰く。「共産党は筋を通す政党だ。閣内に入れることによって選挙で約束したことがぶれない。そもそも共産党は閣内でも少数派だ。何を恐れるのか」

 亀井氏はこうだ。「志位氏は賢いから閣外協力だろう。嫌われ者が中に入ろうというのは無理だ。中に入らないで閣外で助ける。助けてやるということは影響力を持つということだ」

 共産党をどうするか、をタブーにすることなかれ。そんな時代ではない。オープンな徹底論議を望む。



こばやし・せつ
 1949年生まれ。法学者。慶應大名誉教授。著書に『なぜ憲法学者が「野党共闘」を呼びかけるのか』ほか

かめい・しずか
 1936年生まれ。元警察官僚、政治家。運輸相、建設相、国民新党代表、内閣府特命担当相などを歴任

くらしげ・あつろう
 1953年、東京都生まれ。78年東京大教育学部卒、毎日新聞入社、水戸、青森支局、整理、政治、経済部。2004年政治部長、11年論説委員長、13年専門編集委員