鯨食 時代とともに

        2019.03.25 朝日新聞


戦後の給食で頻繁に/気候・風土でも様々

 四方を海に囲まれた日本列島。縄文時代の遺跡からは鯨の骨が多く出土している。海岸に打ち寄せられた鯨を解体して食べたとみられている。

 文献の中で鯨食に関する記述が多くなったのは室町時代。同時代に編まれた料理書「四条流包丁書」には鯨肉を称賛する記述もある。鈷を打ち込む漁法が愛知県の知多半島で始まったのは戦国時代後期。江戸時代になると、鯨を滞る職能集団「鯨組」が和歌山県太地町に誕生。平和な時代になったことに伴う地域活性化策でもあった。

 やがて昭和となる。連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)のマッカーサー元帥は鯨が日本人の重要なたんばく源になると判断し、南極海での捕鯨を許可した。そして昭和30~40年代には鯨料理が学校給食として頻繁に出された。人気は竜田揚げ。

 「今もうちの定番メニュー。かみしめると、醤油の香りが口に広がる。懐かしいねと年配のお客さんは喜んでくれます」。東京・浅草で鯨料理店を営む河野通夫さん(73)は話す。

 ビタミンAが豊富に含まれ、たんばく質が多く、コレステロールの含有率が低いのが鯨肉の特徴だ。鯨油をしぼった後の皮や、五臓六腑まで日本人は利用してきた。骨やひげも工芸品となった。

 「部位ごとに流通ルートが細かく分かれている。例えば『百ひろ尋』と呼ばれる小腸も、それだけを特別に仕入れる店がある」

 IWC日本政府代表で東京海洋大学教授の森下丈二さん(61)は、鯨料理の多様性や豊かさに注目している。

 1982年、IWCが商業捕鯨の一時停止を可決。鯨肉の供給量が極端に不足し(価格も高騰したが、日本各地にはさまざまな「鯨食文化」がある。食べるだけではない。山口県長門市の向岸寺には鯨の位牌や戒名を記した過去帳が残っている。鯨を神様として奉る祭りや、豊漁を祝って歌う唄が伝わってきた漁村もある。鯨は精神的なシンボルとして、地域社会と濃密に結びついてきた。

 「残酷」「虐待だ」。掃鯨や鯨食を巡り、日本に対する海外からの批判や反発の声が高まる中、太地町でのイルカや小型クジラの漁を批判的に描いた映画「ザ・コーヴ」が2009年、米国で上映された。知的能力が高いとされる哺乳類を殺すことは動物保護の観点からも許されない、というのだ。映画はアカデミー賞を受賞したが、同じドキュメンタリー映画でも「おクジラさま ふたつの正義の物語」(17年)は、捕鯨賛成でも反捕鯨でもない。米国在住で、6年がかりで撮った佐々木芽生監督は言う。

 「グローバル対ローカルという価値観の衝突が捕鯨問題の背景にある。大切なのは、自分と相いれない価値観や他者を『排除』するのではなく、違いを認めて『共存』することではないか」

 400年以上も前から鯨漁で栄えてきた太地町。鯨料理は地域の象徴であり、伝統文化であり、貴重な観光資源でもある。人口約3千の小さな漁師町。カメラは、グローバリズムに揺れる町の人たちの戸惑いや焦り、怒りや不安を映し出している。

 太地で起きていることは、まさに世界が直面している「ダイバーシティー(多様性)の危機」と重なるのではないか。    (編集委員・小泉信一)



崇高な生の営み

写真家 石川梵さん


 秘境をテーマにインドネシアで仕事をしていた1991年です。バリ島から約1千㌔東に離れたレンバタ島ラマレラ村に、鈷一本で鯨を仕留める民族がいると聞き、村に向かいました。「1頭捕れば2カ月食べていける」と言うのです。このときは撮影できませんでしたが、毎年村を訪ねました。そして94年、撮影に成功したのです。

 浅瀬までたぐり寄せられた鯨は浜辺の岩に綱で結ばれ、翌日の引き潮と同時に解体が始まりました。村の掟は取り分について厳格に定めています。横たわる大きな鯨の間を動き回る人の姿が、マンモスに群がる原始人のようにも見えました。鯨の頭骨は海に帰されます。「魂が宿っている」。村人たちはそう信じていました。

 太古の時代から続く、鯨と人間が織りなす悠久の営み。鯨食という行為は野蛮でも残酷でもなく、むしろ神聖であり、崇高にすら思いました。すべての生き物は生きるために他者の命を奪う。それは殺戮ではなく、命の循環であり、尊い生の営みなのです。