そこが聞きたい

  300年の悲願本堂再興
  今に通じる「天平の教え」 

   興福寺貫首 多川俊映氏


    2019.01.29 毎日新聞

  
  photoalbum/kouhukuji/index.html
 本堂・中金堂が301年ぶりによみがえった奈良の興福寺。初めて迎えた新年の境内にはこれまでとは違う空気がみなぎり、改めてここが仏教の祈りの場であることに気付いた観光客も多かったのではないか。四半世紀に及ぶ再建事業を指揮した多川俊映・貫主(71)に聞いた。 【聞き手・森忠彦、写真も】

ー NHKの「ゆく年くる年」も中金堂からの中継で新年を迎えました。

 うれしい新年の幕開けでしたね。昨年10月、悲願だった中金堂の再建がなり、落慶して初めてのお正月でした。やはり、あるべきものがあるべき所にあると、広い境内が締まります。どんなに五重塔が「奈良のシンボル」と言われても、そもそもの意味合いが違います。観光客数も例年よりは多かったような気もしますね。一方で、地元の方には「昔からあったように感じる」と言ってもらえまして。それはそれで、うれしいことです。

 興福寺は長い間、「公園の中のお寺」「信仰の動線がない」と言われてきました。長い間、寺の中心がなかったのですから、無理もありません。今回の再建でようやく本堂が備わり、動線の起点、基点ができました。しかも天平時代にあったそのままの規模と様式で。墓壇の発掘調査や史料など、再建に必要なデータは幸い、豊富に残っていましたからね。中金堂は過去に7回焼けており、これが8回目の建立です。まさに「七転び八起き」によって、「天平回帰」が実現したのです。

---- 本尊の釈迦如来坐像の前にはゆかりのある祖師14人を描いた「法相柱」もできました。これも往時のものだそうですね。

 最初は中金堂の建物だけを造るつもりだったのですが、いろいろと調べてゆくうちに、早期の再建の際に「法相柱」というものがあったことが分かってきました。寺に緑がある祖師らの姿を描いたものです。(宗派である)「法相」の教えを大成したインドの無著と世親をはじめ、インドから仏典を中国へ運んだ玄奘(三蔵法師)や、玄奘に師事した慈恩大師ら。日本人では唐に留学して一切経を持ち帰った玄昉僧正や中興と仰がれる解脱上人など。特に玄昉は興福寺の所属僧です。政治に関与したためスキャンダルに巻き込まれましたが、本来なら初代別当になってもおかしくなかった。妥当な14人だと思います。

 鮮やかな群青色の背景に浮かび上がった姿を見ていただければ、「三国伝来」を誇りとしてきた奈良の仏教の伝統が分かっていただけるでしょう。

---- その本堂は、東西36.6㍍、南北23㍍、高さ21.2㍍もあり、規模は平城宮の大極殿に匹敵します。技術的にも困難が多かったのでは。

 最大の難関は大径木の調達でした。直径で80センチ、長さで10㍍の柱がとれる巨木36本をはじめ、合計すると100本以上の用材が必要でした。最高の材質であるヒノキが理想でしたが、もはや国内にはないということでした。本当にないのか、木曽の奥にまで足を運んで探し回りましたが、やはりなかった。次に目を付けたのがカナダのバンクーバー沖の島で育つカナダヒノキでしたが、ここでも大量の本数は見つかりませんでした。

 たまたま、香港のお寺の再建でアフリカのカメルーン産ケヤキ(アフリカケヤキ)が使われたのを知り、それなら調達が可能とのこと。しかし、最近は自然保護の高まりで新たな伐採は禁止されているそうです。運よく、禁止される前に伐採されたものがあり、値上がりしないように少しずつ買い集めて、何とか調達できました。「自然破壊では」というご批判もいただきましたが、新たに伐採したわけではありません。その点は、幸運でした。

 ただ、日本はもちろん、世界的な視点で見ても、もはやこれほどの巨木を大量に確保するのは困難です。いかに人類が地球上の木を切り尽くしたまま、育ててこなかったか。といっても成木になるまで500年はかかるのですから、気の遠くなるような話です。今後は集成材の技術をどう高めるかが重要でしょう。

 もう一つ重要なのは、職人の確保です。幸い奈良には宮大工の流れをくむ技術者がまだ残っていますが、職人の伝統技術を継承してゆくためにも、大規模堂宇(お堂)再建のような大型プロジェクトが切れ目なく続くこと。修復程度ではなかなか技術は続かない。技術者に仕事を作ってあげることも大事な役割と思います。

---- ところで「法相宗」とは、そもそもどんな教えですか。現代社会にも生かせる考え方はありますか。

 法相宗の根本教義は「唯識」という考えです。一言でいえば、「私たちが今、見ている世界はすべて見ている人の心の反映である」「入間は自分が知りえた限りの世界に住んでいる」ということ。

 もともと入間は全員が違う存在で、一人一人、見えている世界も違う。そのことを互いに認識して生きてゆくべきだ---という人間関係諭です。境内の堂宇にまつられている仏像だって、実にさまざまな姿ですしね。

 島国で生きてきた日本人は、同質的な人間関係が基本となりがちです。同じような境遇の人間が集まって生きてゆくのは、一見、気楽に見えますが、本来、人間は別々の心を持った生き物だから、時として異質な存在を取り除こうとずる。「いじめ」もそういう理由からですね。

 しかし、「唯識」の思想に立てば、お互いの違いを知り「尊敬しあい、自分にない違いを取り込むことで発展することができます。これから外国の人たちがどんどん日本で働く時代になってきます。古の国際社会だった天平の教えは1300年の時間を超えて、今の時代にも通じるものがあると思います。

 鮮やかな色彩の中金堂が完成したためもあるのか、境内にはこれまで以上に外国人観光客の姿が目立った。「法相柱」に描かれた祖師たちも、現代風に言えばインド人と中国人と日本人。まさに仏教は「三国伝来」で成り立つ。「外国人はええんですが、一体、日本人はどこに行ったんか。この方が大問題ですよ」と貫首。最近、修学旅行で訪れる学生も減っているという。まずは日本人の、特に若者たちに、日本の国家の原点とも言える平城京の魅力を知ってはしいものだ。

たがわ・しゆんえい
 1947年、奈良県生まれ。父・乗俊氏は先々代貫首。興福寺境内を遊び場にして育ったが、「僧侶になる気はなかった」。立命館大卒後、父に弟子入り。89年から貫首に。

興福寺  、
 創建は天智8(669)年。藤原鎌足が重病に陥ったため、夫人が回復を祈願した山階寺(京都)が起源。平城遷都に伴い和銅3(710)年、藤原不比等が奈良に移転した。藤原氏の氏寺として平安から中世にかけて強大な勢力を誇った。何度も火事に遭い、中金堂は享保2(1717)年の大火で焼失。以降は仮金堂でしのいできた。

堂宇と仏像群
 奈良公園に隣接した境内には国宝の堂宇が四つ。北円堂と三重塔は鎌倉時代、五重塔と東金堂は室町時代の作。国宝館では「阿修羅像」をはじめとした「八部衆立像」や「十大弟子立像」など、天平至宝の仏像と出会うことができる。境内は1998年、東大寺や春日大社などとともに「古都奈良の文化財」としてユネスコの世界文化遺産に登録された。