旧統一教会、発祥地の韓国でなぜ話題にならない?
   「日本と違う役割」

   

    釜山長神大神学科の卓志一(タク・チイル)教授
   【聞き手・ソウル坂口裕彦】


    毎日新聞 2022/8/26 16:00



   

デモに参加した旧統一教会の信者たち=ソウル市内で2022年8月18日午後2時40分、坂口裕彦撮影

 世界平和統一家庭連合(旧統一教会)と政治との関わりが日本で大きな問題となる一方、「発祥の地」である韓国では、メディアはほとんど取り上げず、話題にもなっていない。この落差をどう読み解くべきか。韓国の雑誌「月刊現代宗教」理事長で、旧統一教会の実情に詳しい釜山長神大神学科の卓志一(タク・チイル)教授(57)に聞いた。【聞き手・ソウル坂口裕彦】




日米韓で役割分担

 ――旧統一教会は日本など海外で発展したイメージがある。

 ◆基盤とするのは米国と日本、韓国だ。1954年に韓国で設立されたが、60年ごろから最初に定着したのは米国。ベトナム戦争に賛成し、「反共産主義」を掲げるデモを行って、米共和党や米中央情報局(CIA)の支援を受けて成長した。そして、日本でも布教が始まった。


 旧統一教会の一般的な教理では、第二次世界大戦を起こしたドイツや日本、イタリアの枢軸国側は「サタンの勢力」であり、韓国は日本によって苦痛を受けた被害者。だから、過ちを犯した日本が韓国に補償しないといけないとみなす。献金や霊感商法などで得た多額の金が、日本から韓国に渡ったり、信者となった多くの日本人女性が韓国への「結婚移民」となったりしたのは、その教理で読み解くことができる。実際、旧統一教会は米国と日本、韓国でそれぞれ役割分担をしてきた。

 ――役割の違いとは。

 ◆韓国は宗教としての中心であり、すべての金と信者が集まらなければならない場所。日本は、韓国のために経済的かつ人材的な支援をしなければならない場所と位置づけられている。そして、韓国に集まった金を事業のために投じて増やす場所が米国。「企業的な活動場所」の側面が強い。たとえば米国とカナダで8000軒以上のレストランに魚を卸している「トゥルー・ワールド・フーズ」も旧統一教会系だ。


 信者数や資金は公式なものがない。多岐にわたる経済活動をする一方で、一般企業とは異なり、中心幹部は教理で結びついている。献身度や忠誠度は格別に高い。宗教とみるのも、企業とみるのも難しい「宗教企業」と定義づけることができるのではないか。


金泳三政権時代に関係が問題に

 ――韓国内でのイメージは。

   

釜山長神大の卓志一教授=本人提供

 ◆否定的に捉えられている。80年代までの軍事政権は「反共産主義」を旗印にしたが、旧統一教会はさらに進んだ「勝共」を掲げて、軍事政権を積極的に支持した。軍事政権は自分たちを積極的に支持してくれる勢力が、新興宗教だった旧統一教会には自分たちを保護してくれる権力が、それぞれ必要だった。互いの条件が合致していた。こうした関係に対するマイナスイメージは一般市民の間にそもそもあった。


 さらに、92年に金泳三(キム・ヨンサム)氏が当選した大統領選で、旧統一教会の資金が金氏陣営に流れたとの疑惑が指摘されて、大きな批判を受けた。これに伴い、旧統一教会から政治家が支援を受けることを認めない社会の雰囲気が生まれた。今、政治との関係が「完全に切れた」と見なすのは難しいが、あくまで水面下にとどまり、露出されない状態になっている。

 創設者の文鮮明氏が、94年に北朝鮮の金日成(キム・イルソン)主席が死去した際に哀悼の意を示して、弔問団を平壌へ送ったことにも反発が起きた。2000年代以降は否定的なイメージが表面化する機会は減ったが、文氏が12年に死去した後の後継者争いは韓国社会でゴシップ的な関心を呼んだ。


 ――韓国では今、旧統一教会と政治との結びつきは希薄に見える。

 ◆韓国の主要キリスト教派が旧統一教会を「異端」とみなしている。韓国では人口の約3割がキリスト教徒で政治的な影響力が大きい。政治家にとって、旧統一教会と関係があるということは、選挙で勝つためには決して有利には働かないのだ。


信者2世問題、韓国にも

 ――逆に米国や日本ではなぜ旧統一教会と政治の関係が残ったのか。

 ◆政治が旧統一教会から支援を受けることに対して、韓国の市民が目の当たりにしたような「否定的な経験」が、そこまでなかったからではないか。「反共産主義」の傾向を持っていたから、日本では自民党、米国では共和党と結びついて、法律に抵触しない形で政治家たちを支援することができている。

 ――日本では、旧統一教会の信者である母親を持ち、安倍晋三元首相を銃撃した山上徹也容疑者のような「宗教2世」の存在にも注目が集まっている。

 ◆最も核心的な問題だ。韓国で、韓国人の男性信者と日本人の女性信者との間に生まれた子どもたちは、韓国社会における旧統一教会への否定的なイメージもあって、「自分は旧統一教会の信者だ」と露出することが少ないようだ。家族を捨てることもできない。2世たちのオンラインのやりとりを見ていると、悩み続けている様子がうかがえる。

 山上容疑者は事件の加害者であることは間違いないが、被害者でもあるとも感じている。信者になった母親を捨てることもできなかったし、旧統一教会から取り戻すこともできなかった。このような問題を生み出した責任は、やはり旧統一教会にあったのではないか。

卓志一(タク・チイル)
 1964年生まれ。長老会神学大、延世大院を経て2002年にカナダ・トロント大で教会史博士。04年から釜山長神大で教壇に立つ。新興宗教の歴史や実情に詳しく著作多数。