第31回アジア・太平洋賞 大賞に小此木政夫氏

    評・五百旗頭真 


    毎日新聞2019年11月13日 東京朝刊


   国際政治の縮図、構造可視化

 堂々たる大作である。朝鮮分断の起源について、これまでの諸研究を集大成しつつ、自ら多くの原資料に当たって歴史の筋道を明確化した秀逸の作品である。その特徴は、国際政治のダイナミズムと、南北朝鮮内部の政治的相克・葛藤という、それぞれに多様で複雑な世界を丁寧に解明し、緻密な実証と雄大な大局的歴史像を融合させた点にある。

 本書は朝鮮分断を、第二次世界大戦終結と冷戦開始という「二つの大戦の狭間(はざま)で進行した一つのプロセス」と位置付け、「朝鮮半島の民衆にとって、戦争は最悪のタイミングで終結した」と、万感を込めて結論する。

 実際、もし日本がソ連参戦前に早期降伏していれば、朝鮮半島全体が米軍管理下に置かれたであろう。逆に、日本が抗戦を続け本土決戦に突入していたら、半島全体がソ連軍に支配され、日本本土内に米ソの分断線が引かれたであろう。現実の歴史は、原爆の登場によって日本の突然の降伏がもたらされ、運命の分断の針は38度線に止まったのである。

 米ソ両大国はドイツ・日本の打倒のために協調したが、戦後秩序像を共有していなかった。米国は、民族自決の理念を大義としつつ、主要連合国による戦後秩序を構想した。朝鮮半島の内情からというよりも、こうした理念的一般方針から、米国は信託統治下に戦後の朝鮮を置き、「やがて」独立させる方針をとった。他方、ソ連は年来の地政学的な望みを、米国の大国協調主義を利して推し進め、大戦末期の東欧でも極東でもよどみなく支配地域拡大を求めた。朝鮮問題は「極東に移植されたポーランド問題」と、米国指導層は警戒した。この辺りの本書の記述は、国際政治の大河ドラマを見るような鮮やかさである。

 こうして半島をめぐる国際政治の構造を描きながら、その下で朝鮮の政治諸勢力が演ずるゲームを語るのが、本書の後半である。

 米国は国際共同管理の建前から、特定勢力を支持しない方針を原則としたが、長く米国に住んだ李承晩を個人の資格で、だが凱旋(がいせん)者のように、1945年10月16日に帰国させた。他方、中国内で活動していた「大韓民国臨時政府」の金九主席の帰国を、米軍は11月23日まで妨げた。朴憲永らの共産党系を加えた3勢力は、それぞれに大同と独立を訴えつつ対立を深めた。

 他方、北朝鮮においては、満州で抗日武装闘争を経験し、極東ソ連軍で訓練を受けた33歳の若き金日成が、9月22日に「民族の英雄」として平壌に登場した。南北それぞれの軍政下で、北ではソ連軍の信頼を得た金日成、南では反共をあらわにした李承晩が、新政府形成の中軸的な立場を築いた。

 本書の密度高い記述を、南北分断国家の公的成立まで、さらには50年の朝鮮戦争勃発まで書き進める希望を読者は抱くであろう。しかし、すでに570ページの大著であり、朝鮮分断の構造は、十分に可視化されたと言うべきであろう。大学の教職を終えた74歳の学者が、これほどの知力を示す大作を完成する模範的事例として、本書の著者に敬意を表したい。(評・五百旗頭真)