初等科国史


    初等科国史 解説抜き書き

     三浦小太郎



大東亜戦争は「正しき東亜の実現と国土の自衛戦争」

 本書で大東亜戟争の影響を最も感じるのは、まず戦国時代から江戸時代にかけての記述である。そこでは、日本人の海外雄飛の姿勢が積極的に評価され、江戸時代の鎖国体制は否定的なニュアンスをもって描かれている (いわゆる倭寇すらも、日本人の勇武の証であるかのような記述が見られる)。江戸時代で強調されるのは、水戸学、国学思想等々で、江戸文化の業績に対する記述が乏しいのは、本書の欠点と言えるだろう。だが、これは明治以後の歴史観によく見られる傾向であり、「江戸時代暗黒史観」の始まりはむしろ明治期のルーツを持ち、それが後に近代主義や左翼思想の影響を受けるに至った。

 幕末から明治維新を経て、大東亜戟争に至る記述については、何よりもまず、読者の方々が直接本文に触れ、近年の歴史研究書と併読されることをお勧めしたい。一例を挙げておく。大東亜戦争開戦の原因についで、本書はこのように述べている。

 昭和十五年三月、江精衛の率いる新国民政府が、南京で成立しました。やがて十一月、わが国は、これと条約を結び、ここに日・満・支三国が、力を合わせて、東亜新秩序の建設に、はげむことになりました。しかし、重慶の政府は、なお米・英の援助によって、からくも命をつなぎ、あくまで、わが国に手むかい続けました。(231頁)

 米・英の両国は、重慶政府を助けて、支那事変を長引かせるばかりか、太平洋の武備を増強し、わが通商をさまたげて、あくまで、わが国を苦しめようとしました。しかも、わが国は、なるべく事をおだやかに解決しようと、昭和十六年の春から半年以上も、誠意をつくして、米国と交渉を続けましたが、米国は、かえってわが国をあなどり、独・ソの開戦を有利と見たのか、仲間の国々と連絡して、しきりに戦備を整えました。こうして、長い年月、東亜のためにつくして来たわが国の努力は、水の泡となるばかりか、日本自身の国土さえ、危くなって来ました。昭和十六年十二月八日、しのびにしのんで来たわが国は、決然としてたちあがりました。(232頁)

 四百年ばかり前から、まずポルトガル・スペインが、ついでオランダ・イギリス・ロシアが、最後にアメリカ合衆国が、盛んに東亜をむしばみました。わが国は、いち早くその野心を見抜いて、国の守りを固くし、東亜の国々をはげまして、欧米勢力の駆逐につとめて来ました。そうして、今やその大業を完成するために、あらゆる困難をしのいで、大東亜戦争を行っているのです。(238頁)


 もちろん、これは戦争中、日本国政府が、少年たちに自国の立場を教えるための文章である。しかし、これは大東亜戟争を「民主主義対ファシズムの戟争」とみなす当時の英米の宣伝に比べ、決して自己中心的とは言えず、戦時中の発言としてははるかに公正なものである。そして、連合軍の大西洋憲章に対し、日本がその戦争目的、さらに言えば自ら求める世界新秩序ヒして発した大東亜宣言が出されたのも、この教科書発行と同じ年、昭和十八年十一月のことであった。




日本の近代化と「神国日本」の危機

・・・・・・
 明治維新から大正デモクラシーを経て昭和に至る時代は、日本がアジアにおける唯一の近代国家としての輝かしい発展を果たした時代だったかもしれない。しかし同時に、近代化と資本主義の急速な発展がもたらしたのは、富の格差であり、伝統的価値観と共同体が、全て「資本」の論理によって解体される時代でもあった。昭和維新運動、また一方ソ連を祖国とみなすかのような共産主義革命運動が発生していた時代背景には、「神国日本」が近代化と資本主義化の中で解体しつつある状況があったのだ。

 本書『初等科国史』は、まさに「神国日本」を貫く皇国史観に基づいている。そして、皇国史観とは一部の左派知識人が批判してきたような、蒙昧で狂信的な自国中心史観でもなければ大東亜戦争のイデオロギーでもない。その本質は「歴史を忘れ血を忘れた低俗なる功利主義」つまり「近代」そのものと果敢に戟おうとした思想的営為であった。




皇国史観の神髄

・・・・・・

 世々の国民は、天皇を現御神とあがめ、国の御親とおしたい申しあげて、忠誠をはげんで来ました。その間、皇恩になれ奉って、わがままをふるまい、太平に心をゆるめて、内わもめをくり返し、時に無恥無道の者が出たことは、何とも申しわけのないことでありました。しかし、そうした場合でも、親子・一族・国民が、たがいに戒め合い、不覚をさとし、無道をせめて、国のわざわいを防ぎました。(236頁)


 日本国の歴史、「国史」は、皇国史観の視点から見ても、決して安穏としたものではなく、外的、内的な危機に直面するたびに心ある国民が立ちあがってその一貫性が守られてきたものだった。その「国史伝統」の連鎖にとって最大の危機が、明治以後の西欧文明との出会い、必要に迫られた日本社会の近代化、そして資本主義経済の導入と社会構造の激変だった。