ノーベル平和賞も? 
   グレタさんは故郷スウェーデンでどう思われているか

   福田和子

    10/7(月) 8:01配信現代ビジネス
   
写真:現代ビジネス
 9月23日、ニューヨークで開催された国連気候行動サミットで、世界中から注目された16歳の環境活動家、グレタ・トゥーンベリさんのスピーチ。感動や共感の声だけでなく、「大人に操られている」「子供らしくない」といった批判、中傷などさまざまな声も持ち上がった。11日に発表となるノーベル平和賞の候補として、マララ・ユフザイさんを抜き史上最年少で受賞するのではないかと注目が集まっている。

 実際、スウェーデン現地では、グレタさんはどう捉えられているのか。また、環境問題は現在どう捉えられているのか。

 現在、スウェーデンの大学院に通い、本誌で緊急避妊薬の問題などを訴え続ける福田和子さんが、グレタさんがひとりで始めたことをきっかけに広がった現地の環境問題ストライキに参加。現地の声を拾いながら、そこで感じた想いをレポートしてくれた。



ノーベル平和賞も? グレタさんは故郷スウェーデンでどう思われているか

   
スウェーデン出身・16歳のグレタ・トゥーンベリさん。このとき行われた彼女の国連でのスピーチは必見だ Photo by Getty Images

グレタさんから始まった現地のストライキに参加してみた

 広場を埋める、人、人、人。土砂降りの雨の中、まだベビーカーに乗る赤ちゃんから、杖をつくお年寄りまで、数え切れないほどの人が集まってくる。

 9月27日金曜日、私はスウェーデンで2番目に大きい都市、ヨーテボリ市のグローバル・クライメート・ストライキに参加した。このストライキは、もはや知らない人はいないであろうスウェーデン出身のグレタ・トゥンベリさんが昨年8月、たったひとりではじめた「気候のための金曜学校ストライキ」にはじまっている。

 彼女は毎週金曜日、地球温暖化への対策を求めスウェーデンの国会議事堂前に座り込んだ。およそ1年後、彼女の活動は「#FridaysforFuture」として世界中に知れ渡ることになった。そして今年3月には、125カ国で10万人以上が参加する本格的な世界規模の「未来のための世界気候ストライキ」にまで拡大した。さらに、9月23日に国連で行われた温暖化対策サミットでの鬼気迫るスピーチは、賛否を含め世界中で注目されたのだ。

 私の住むヨーテボリ市で行われたストライキは、グレタさんのスピーチから4日後の金曜日に開催された。グレタさんの出身国であるスウェーデンでは、一体どんなストライキが行われているのだろう。私は即座に参加を決めた。


土砂降りの中、1万人もの老若男女が集結!

 その日は朝から土砂降りで、こんな天気で人は集まるのだろうかと思うほどだった。デモ行進が始まる午後3時に集合場所に着いてみれば、心配をよそに、雨にも負けず広場に溢れるほど多くの人が自作のプラカードを掲げながら集まっていた。主催者の発表によればその日の参加者は1万人、当初の予想を遥かに超えた人数だったという。

   
会場にて。土砂降りの雨にも関わらず参加者は1万人に達した 撮影/福田和子


 会場には老若男女問わず多くの人が参加していた。まだ幼稚園生くらいの小さな子供まで、自分なりにプラカードを作って、自分の言葉で声を挙げる姿もあった。

 中でも、私の目に焼き付いたのは、数々の「気候ではなくシステムを変える」というプラカードだ。これはグレタさんも掲げる「Climate Justice:クライメート・ジャスティス(気候正義、気候の公平性)」の考えに基づいたもので、環境問題を単なる気候の問題とのみ捉えるのではなく、社会的、倫理的、政治的な課題として問題提起する考え方だ。

 地球環境問題は、先進国に暮らす少数の「強者」が地球に大きな負担を掛けてきたことで生じているにも関わらず、自然災害などの影響で最も苦しむのは多数の「弱者」だ。さらに、このままでは世代間でも大きな不公平が生じる。そこにおける公平さや構造そのものに疑問を投げかけているのが、クライメート・ジャスティスの考え方だ。そういったことから、人々はシステムから変える必要性を訴えている。

   
「Queers for Justice」を企画したGabrielさん(左)と筆者(右)。世界中で周辺化されるクイアへの連帯を示す。ハート型の傘が印象的 写真提供/福田和子

人権問題と合わせて訴える人も

私は参加者から直接想いを聞きたくて、「Queers for Climate Justice」と一際目立つプラカードを掲げ参加していたガブリエルさんと話してみることにした。“Queer(クイア)”とは、性別において、元々「規範」「マジョリティ」から外される人々を侮辱する意味を持つが、現在ではあえてその言葉を自ら使うことで、世間の「当たり前」に抵抗する姿勢として捉えられている言葉だ。そのクイアを前面に出したプラカードを掲げる彼の問題意識とはどんなものなのだろうか。

 「この気候問題は、社会の構造の問題。そして社会的正義の問題で、そこを問いたださない限り変革は望めない。クイアの抱える問題も根本では社会的正義、構造の問題と繋がっている。だから、様々な面で“社会的正義”が守られる世の中にすることが、本当に大事なことだと思うんだ。

 環境問題においては、気候正義。特に、クイアも含め、社会の中で周辺化されやすい人たちは、多数派と比べ、この気候変動に起因する自然災害や貧困でより大きな被害を受けやすい。だからこそ、不可視化されやすい中で自分たちの存在を示し、世界全体のクイアの仲間たちを励まし、連帯することはとても重要だと思う。そして、今日こうしてグループでクイアとしてこのストライキに参加することにしたんだ」とガブリエルさんは話してくれた。

 カブリエルさんだけでなく、他にもレインボーフラッグや、クイアとしてグループ参加する人が多いのもいかにもスウェーデンらしい。そこには社会に既にある大きな構造、システムに立ち向かう人々の姿があった。


学校で決められた髪色や下着の色。それでいいの?

 システムを変える――。言葉にすると簡単だが、これは非常に難しいことだ。

   
「季節は私の生理より不安定!(左)」「地球の代替案はない(右)」と掲げたお手製プラカード 撮影/福田和子

 思えば、私はずいぶん長い間、“従うしかないものは仕方のない、変えようのないもの”と思ってきた。日本の学校にはいまだに、髪色や髪型、下着の色まで指定されるなど、正当な理由なく個人の自由を制限する校則が存在する。中には、身なりの問題だけでなく、心身も害し得る最悪な校則もある。そして、その存在理由を尋ねても「そういうものだから」、「学校は校則に従うことを学ぶ場でもあるんです」で終わってしまう。どんなに理不尽でも、それを変えようとする者や異を唱える者は、その集団のはみ出し者になってしまう。

 それだけではない。部活動で圧倒的な年功序列を叩き込まれることも少なくない。私は中学の頃、テニス部に入った。私は純粋にテニスが楽しみたくて入ったのだが、そこに所属するだけで先輩からスカートの丈までとやかく言われ、理不尽なことが多かった。テニスの技術とスカート丈に一体なんの関係があるのか。全く納得できなかった。たった数ヵ月生まれた時が違うだけで生じる圧倒的な力の差を前には黙るしかなく、仕方がないと、部活をやめた。


   
会場では子供達お手製のプラカードを掲げ参加する家族連れも多くみられた 撮影/福田和子



「弱者」の権利も守られるそんな仕組みがあるスウェーデン

 私は今、スウェーデンの大学院に通っている。入学時のオリエンテーションでは、学生の義務と権利が強調された。これには本当に驚かされた。学生は勉学に励む義務があるが、一方で大学も学生の学習環境を守るために全力を尽くす義務がある。もしも、その権利が侵害された場合、大学から独立した相談機関も存在している。他にも大学に対して、学生の声を届け、権利を守るユニオンもある。組織の中において、自分の権利は守られていいと感じられる場面は非常に多い。

 他にも、スウェーデンでは基本的にフラットな人間関係の構築が望まれ、日本のような年功序列を重んじる社会とは一線を画している。例えば大学においても、教授を「先生」と呼ぶことはなく、お互いにファーストネームで呼び合うことが求められる。クラスの進行形態も教授が一方的に話し続けるという抑圧的なものではなく、教授も含めての対話型の授業進行が盛んだ。私が通う大学院には、アメリカ出身だが、スウェーデンのこのフラットな授業形態が好きでスウェーデンの大学で働くことを選んだ教授もいるほどだ。

 たった数ヶ月生まれた時期が遅いだけで理不尽な要求も受け入れなければならない、仕方がないと無力感を刷り込まれる社会と、たとえそれが大きな組織相手であってもあなたの権利は守られていいと教えられる社会。これは、日本に生まれ育った上で、スウェーデンでの生活2年目(過去の留学あわせ)を迎える私が感じる日本社会とスウェーデン社会の大きな違いだ。


日本だって変わってきてる!

 では、年功序列や権威を重んじることに、違和感を抱きながらも仕方ないと感じてしまう日本社会に育った自分は、「どうしようもない」のか。海外で生活をしていると正直劣等感を持つことがあった。しかし、それも違うのではないかと、最近感じている。

   
「サイレンスではなくサイエンスを!(沈黙より科学を!)」世界的にこの気候ストライキは若者が中心を担ってきたが、今回の国連での演説を受け大人たちの参加も一気に増えた 撮影/福田和子

 先日、スウェーデンで、女性の健康の底上げに長年尽力してきた助産師の女性にこんなことを訪ねてみた。

 「スウェーデンのどんな教育や環境がグレタさんみたいな子を育んだと思う?」

 すると帰ってきた答えは、意外なものだった。「グレタさんだけが声を上げている若者じゃない。この問題に声を上げる若者はたくさんいるし、マララ・ユスフザイさんのように、様々な問題に声を上げてきた若者は世界中に大勢いる。それに、スウェーデンでも彼女に対して学校に行くべきとか批判的なことを言う人はたくさんいる。大事なのは、勇気があるかどうか。勇気よ、勇気」

 私はなんとも希望のある言葉だなと感じた。

 確かに、世界にはグレタさんだけではなく、様々な社会課題に立ち上がってきた人はたくさんいる。それは日本でも同じで、様々な困難は抱えながらも環境デモは若者を中心に渋谷のど真ん中で実施された。私が取り組む、性と生殖の健康権利の分野においても、社会から押し付けられる恥やタブーの意識を跳ね除け、数知れぬ人たちが声をあげ、システムを変えようと、立ち上がっている。先述の校則についても、高校生たちが声を上げ始めた。

 私はストライキに参加した際、ひとりひとりの持つ力に圧倒された。グレタさんの「たったひとりでもストライキ」という選択がこれだけの人を動かし、これだけの風景を作り上げ、それが世界中に伝播している。

 今回の9/20~27の気候マーチウィークでは、なんと世界185カ国で、760万人以上がマーチに参加した。それは確実に、個人の力が集まった結晶だ。

マーチに参加しなくても、日々の小さな変化だっていい、「通勤にいつも通り車ではなく電車を選択してみるのか」とか、「今日もペットボトルを買うのかそれともマイボトルを使うのか」そういう些細な行動そのものも「個人の力」だ。 昨日と異なることをするには、少しの勇気は必要かもしれない。でもそろそろ、一歩を踏み出して、ひとりの声なんて、行動なんて、意味がない、仕方がないと思わされてきた日々を塗り替えてみるのはどうだろう。あなたには、力がある。その力に気づくか気づかないか、その力をより良い明日のために使うのか、それともドブに捨てるのか。そのすべては、あなたが日々の下す、小さな選択の蓄積にかかっているのだから。