今週の本棚・本と人

  『憲法九条は世界遺産』

   著者・古賀誠


     毎日新聞2019年11月24日 東京朝刊
   
   ◆著者・古賀誠(こが・まこと)さん
   (かもがわ出版・1100円)

戦争未亡人を再び生まない国に

 政権政党たる自民党内に「物言えば唇寒し」の空気がはびこって久しい。この国は一体どこへゆくのだろうと甚だ心もとなくなるが、著者は毅然(きぜん)とした態度で現状に苦言を呈する。

 政治生活40年。7年前に衆院議員バッジを外してからも、自民党穏健保守・ハト派の名門派閥「宏池会」名誉会長として、永田町の砂防会館に事務所を構える重鎮だ。その掲げる政治哲学は、「戦争未亡人を再び生み出さない平和な国をつくりあげていくこと」一筋である。

 本書は戦争遺児である著者の講演録を基にまとめられた。会場で聴いた編集者がこれこそ多くの人々に読まれるべきだと書籍化を企画。著者の希望で「印税なし」で世に出た。全94ページの薄手だが、内容は濃い。挿絵付きの活字は大きくて読みやすく、言わんとする主張は明瞭だ。

 表紙の絵に注目してほしい。早朝、自転車にたくさんの荷物を積んで行商に出掛ける母親の後ろ姿を見送る幼児の寂しげな横顔……フィリピン・レイテ島で戦死した父親の顔を知らずに、女手一つで育てられた著者の実体験である。

 政治の過ちが戦端を開き、国民を不幸にしたとの思いから、小学生時代には既に政治家を志した。赤貧洗うがごとし。でっち奉公を経て政治家の書生となり、大学に通わせてもらった。初出馬の際、当時の大平正芳首相から「貧苦の経験は何よりも政治家にとって大切な財産だ」と励まされた。支持してくれた戦争体験者に恩返しするためにも、憲法9条の問題にこだわった。

 6年前に共産党機関紙「赤旗」の取材に応じて政界に激震が走ったが、当の本人は「平和というのは、革新だ保守だというような理念だとか政策を超えたものなのです」と至って冷静だった。戦争を知らない国民が8割を超えた現代にあって、自分のような世代だからこそ言うべき責務があると信じる。

 「時代に合った憲法論議をするのは当然だけど、現行憲法に流れる平和主義、主権在民、基本的人権の精神はつないでゆく必要がある。世界の国々も本当はこうした憲法を持ちたがっているはずですよ」。蟻(あり)の一穴天下の破れである。
<文と写真・中澤雄大>






■内容紹介■
最初の立候補の時から護憲を訴えた。自衛隊を海外に出す法律には処分覚悟で反対した。自分の母も含め無数の戦争未亡人をつくった歴史を二度と繰り返さないためだ。自民党を愛し、安倍首相を尊敬するが、九条改正だけは許さない

■もくじ■
はじめに
一、震災復興への思いと絆の大切さ
二、政治の最も大事な点は 国家と国民に責任を持つこと
三、政治の要諦は平和 ー母親から学んだこと
四、戦争遺族の支援受け平和な国づくりが志に
五、戦争の反省と平和の決意を込めた憲法九条
六、自民党内の改憲論議の問題点
七、政治の貧困が大きな犠牲を生んだ ー戦争の最後の一年
八、靖国神社のA級戦犯は分祀を
九、憲法九条を大事に思う人は協力し合って
あとがき

■著者略歴■
古賀 誠(コガマコト)
1940年8月5日、福岡県山門郡瀬高町(現みやま市)に生まれる。1965年、日本大学商学部を卒業。1980年、第36回衆議院議員選挙で初当選、以後10回連続当選。1992年?93年、自由民主党総務局長就任。1996年?97年、第2次橋本内閣で運輸大臣就任、初入閣。1998年?2000年、自由民主党国会対策委員長。2000年?01年、自由民主党幹事長。2002年?12年、日本遺族会会長。2006年、宏池会会長就任(現在は名誉会長)、2007年?09年、自由民主党選対委員長、2012年政界を引退。




9件のカスタマーレビュー

トップレビュー
kingbabar
5つ星のうち5.0
自民党ハト派の再興を期待する
2019年10月5日
Amazonで購入
「日本国憲法9条第二項によって、日本の国は戦争を放棄する、再び戦争を行わないと、世界の国々へ平和を発信しているのです。これこそ世界遺産だと私は言っているのです。」
あの強面の九州男児が、このような確固とした平和主義を貫いていたとは不勉強にして知らなかった。30分ほどで読める短い本。すべての国民にお勧めしたい。
21人のお客様がこれが役に立ったと考えています



Yuu.i
5つ星のうち5.0
今だからこそ、全ての日本人に読んで欲しい本です。
2019年10月6日
Amazonで購入
ダーティなイメージだと思っていた古賀さんでしたが、実はこんなに骨のある方だと初めて知りました。
憲法9条への思い、A級戦犯への合祀問題、集団的自衛権反対、中国、韓国へのお詫びの姿勢、どれを取っても現政権と真っ向から対立する主張です。
でも、二度と戦争はしてはいけない、と言う根源的な部分で古賀さんの言っていることに反対を唱えられる人はいないはずです。
アメリカと一緒に派兵をする、北方領土、尖閣諸島を取り戻すには戦争するしかない、などと言っている議員が出てきている現状、憲法改正に突き進もうと言う内閣がいることに対して、大きく立ちはだかろうとしている古賀さんの心からの叫びがこの本には込められています。
今だからこそ、全ての議員、全ての国民に読んで欲しい本です。
19人のお客様がこれが役に立ったと考えています



晴男くん
5つ星のうち5.0
政治と政治家のあるべき姿を考える絶好の本
2019年11月13日
Amazonで購入
 古賀誠氏が政治家を志した原点は、憲法9条を守り抜き、貫くことが私の使命。「それだけを言おうと思って国会に出てきた」「私の一番大事な仕事は、わが国が永久に平和であるために努力すること」との誠実で人間味あふれる信念に感銘。しかも「私はこれまでも、自衛隊が戦争することにつながるものには、すべて反対してきました。やはり、針の穴であっても一つ開いたら、ゆくゆくはおかしいところにいってしまうのです」と使命を貫きとおしてきた柔軟な発想と強靱な信念に感動。
 その根底には、父親が33歳、2度目の出征でルソン島で戦死、残された2歳の古賀氏と姉の生活を支えるため母親は行商に出て懸命に働き、古賀氏は寝ている母親の記憶がない、大阪で1年間、丁稚奉公で「人間修行」、地元の国会議員に飛び込みで書生としての4年間、秘書としての12年間が政治家の基礎を作った、体当たりの人生がある。それゆえ政治家の世襲に感心できない。政治の要諦は平和ー母親から学んだこと、政治の最も大事な点は、国家と国民に責任を持つこと。
 政治と政治家のあるべき姿を、自らの体験を踏まえて率直に語るこの本は、現在の「政治の貧困」を生んでいるのは私たち国民自身の責任であり、政治について改めて考える絶好の本です。
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています



サダさん
5つ星のうち5.0
9条改正に反対します
2019年11月21日
Amazonで購入
日本国憲法に対しての思いが伝わります。やはり過去の戦争を体験した方にしかわからない思いなのかもしれませんが、当時を知る私の母や親戚の話を聞いたり映画や新聞など関連記事などを見るたび、現在を生きる国民がもっと過去の戦争について学ぶ必要があると思いました。また、戦争を体験した当時の方達がどのような思いで現憲法を生み出したのか学ぶべきだと思います。単純にGHQに押し付けられたわけではないことも関連の書籍を読めばしっかり書かれていることを知るべきだと思います。
私も今の政府が周辺国の脅威や米国との関係などから憲法9条の改正に意欲を示していることが怖く感じます。
政府が言う憲法改正の必要性について何回もテレビや新聞、ネットの報道で見せられているうちに、国民の中に刷り込みが進んでいっているのではないかと心配になります。
ページ数があまり多くないだけに、本の苦手な方でもあまり時間をかけずに読み切れると思いますので、特にこれからの日本を生きていく若い方達に読んでもらいたいと思います。
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています



アカデミック
5つ星のうち4.0
著者の古賀誠さんの政治姿勢が明確に理解できた。
2019年10月31日
Amazonで購入
改めて憲法九条を遵守すべきとの覚悟が理解できた。憲法が発布された時期には大部分の国民が賛同したはずだ。「人生100年時代」と言われているこの時代、「憲法100年時代」であるべきだと国民も学者も政治家も再認識すべきだ。
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています



arakimi
5つ星のうち5.0
小泉純一郎氏がぶっ壊す前の自民党にはこういう政治家がたくさんいました
2019年10月7日
毎日新聞2019年9月28日付朝刊1面下段の広告欄で本書をみつけ、興味を持ちました。なんと新聞本編にも本書の紹介記事がありました。
古賀誠さんの声質や語り口ははっきりとは覚えていませんが、まるで講演会場にいるようにその語りにぐいぐい引き込まれ。ページがどんどん進みます。何かと指導し後押ししてくれた先輩政治家として野中広務さんの名前がしばしば登場しますが、さもありなん、と感じます。私は正味1時間位で読み切りました。
最初か最後に付録・資料として日本国憲法九条の条文を載せてくれたら、更に良かったと思います。私は同じかもがわ出版の「檻の中のライオン」から書き出しました。
15人のお客様がこれが役に立ったと考えています



BORACHO
5つ星のうち5.0
保守本流ベテラン政治家の心からの叫び
2019年10月13日
自由民主党の元幹事長であり、過去10年にわたって日本遺族会会長の座にあった古賀誠氏の新著です。
巻頭で安倍政権の「成果」を高評価(?)しながらも、
「わが国が抱えております政府債務は約一〇〇〇兆円であります。大規模な金融緩和による低金利に支えられた膨大な借金によって、機動的な財政出動が、わが国の経済を下支えしています。金融緩和にはいずれ出口がやってまいります。」
と述べて清濁合わせ飲む老獪な政治家ぶりを見せつけてくれます。
しかしそういう迷路のような「生ぬるい話」は出だしだけでおしまいになります。
これ以降は、自分が戦争で父親を失ったこと、遺児二人を抱えた母親は行商で生活を支えてくれたこと、住み込みで人間修行したこと、戦争遺族の支援を受けて平和な国づくりが志になったことなどが語られております。
さらに「政治家の世襲に感心できない」と述べ、「少しでも憲法九条改正につながるようなことは針の穴程度でもやってはダメなのです。」「理想を実現するために政治は存在する」と氏は論じます。氏はまさに日本の宝であります。
実はこの本は頁数こそ少ないのですがハードカバー角背(HPの「ソフトカバー」表記は間違い)の上製本なのです。カバーや本文中の挿画は「おちあいけいこ」とあります。落ち着いた作風ですが、まさかあのレモンちゃん?
この本は一家に一冊家族で回し読みがふさわしいかと思います。
12人のお客様がこれが役に立ったと考えています



榎戸 誠
ベスト100レビュアー
5つ星のうち5.0
憲法九条には、戦争未亡人ら戦争遺族の血と汗と涙が込められている
2019年11月11日
『憲法九条は世界遺産』(古賀誠著、かもがわ出版)からは、平和を願い、絶対に再び戦争をしてはいけないという古賀誠の熱い思いがひしひしと伝わってきます。

古賀の心の根底には、戦争未亡人として、貧困の中で苦労しながら育ててくれた母への感謝の念が存在しています。

「父親は姉と私を残して、私が2歳のときに2度目の出征をいたしました。33歳のときであります。そして、二度と帰らぬ人となりました。・・・父が出征したあと、母親の命がけの人生が始まりました。・・・残念ながら農家ではございませんので、食べていくのに一番手っ取り早いのが、隣近所を歩いて行商に出るということでした。母親は、私が物心ついたときから行商に出ていました。・・・食を得るために、隣村や隣町へ自転車の荷台にいっぱいの乾物などを積み込んで、一軒一軒訪ねて歩いてくれたものです。そういう環境の中で私は少年時代を過ごしました」。

「自転車に売り物を乗せて行商するのですが、自転車が転がせないようになる60歳前後まではやっていました。足腰が弱ったあとは自宅の前に小さな乾物店を開いて、(私が)国会議員になってもずっとその店を続けていました。82歳で亡くなりましたが、最後まで小さな店で座って店番をしていました。母親から学んだのは、その生きざまです。『自分は自分でできることの範囲内で生きていくのだ、他人にご迷惑をかけない』というものでした」。

「『なぜ日本の国は戦争をしたんだろうか』『なぜこういうつらい思いをする母親の背中を見なければいけないのだろうか』。それが私の思いです。私の小学校、中学校の頃は大きな志や目標というものを持つことはありませんでした。しかし、『貧乏はイヤだ。こんなに一生懸命に働かなければいけない母親の姿を見るのはイヤだ』ということだけは、私の心の中から消えることのない想いであります」。

古賀の憲法九条に対する考え方に、私は全面的に賛成です。

「この(衆議院)選挙によって、いくつも学ばせていただきましたが、一番学んでことは、貧乏で寝る暇もないような苦労をしたのは、私の母親一人ではなかったことです。私の応援をしていただいたあのおばさんも、隣の奥さんも、聞いてみると全員戦争未亡人だというじゃないですか。選挙を通じて、戦争がどれだけの多くの命を奪ったのか、戦争というのは、どれだけの多くの不幸な悲しい人たちをつくったのか、そのことが身に染みて理解できました。母親と同じ境遇の人はたくさんいらっしゃったと強く自覚することができました。・・・何がご恩返しになるかは明らかです。多くの方との交わりの中で、こういう戦争未亡人を再び生み出さない平和な国をつくりあげていくことが政治だろうと肝に命ずることです。・・・だからこそ、私の(政治家として)一番大事な仕事は、わが国が永久に平和であるために努力することになりました。それこそが私の責務なのであります。これが私の原点ですから、靖国神社の(A級戦犯は分祀すべきという)問題とか憲法九条の問題というのは私のすべてなのです」。

「私は『憲法九条は世界遺産だ』と申し上げています。・・・あの大東亜戦争に対する国民の反省と平和への決意を込めて、憲法九条はつくられています。憲法九条一項、二項によって、日本の国は戦争を放棄する、再び戦争を行わないと、世界の国々へ平和を発信しているのです。これこそ世界遺産だと私は言っているのです。・・・あの大東亜戦争で、多くの人が無念の思いで命をなくし、その結果として、子どものために人生のすべての幸せを捨てた戦争未亡人はじめ多くの戦争遺族の血と汗と涙が流されました。その血と汗と涙が、憲法九条には込められています。そう簡単に、この憲法九条を改正する議論をやってもらっては困るし、やるべきではないと思うのです。私の母親もそうですが、戦争で未亡人になった人が全国に何百万人といて、幼い子どもを抱えて苦労しておられた。そういう人たちが報われるような国にする道は何かといったら、平和憲法を守って戦争をしない国であり続けることが一番大事ではないですか。だからそのために私は国会に出てきたのです」。

後藤田正晴、野中広務、古賀誠と、保守政治家の中に脈々と息づいてきた平和憲法を守ろうという姿勢が途絶えてしまわないか、心配です。

「野中先生の政治家としての力量、能力には遠く及びませんが、私も、たった一回の人生で政治という厳しい道を選んだ一人として、『先生のような政治家としての生きざまを貫きたい』――常々、そう願って野中先生の後を歩いて32年、政治活動を続けさせていただくことができました。そしてそのことを、本当に誇りに思います」。

「野中先生も言っておられましたけれども、やはり針の穴であっても一つ開いたら、ゆくゆくはおかしいところにいってしまうのです。後藤田正晴先生も仰っていたように、戦争にかかわる風穴は小さな穴でもあけたらどんでもないことになってしまう危険性があるのです」。

「ありがたいことに、私が属する宏池会という政策集団は、九条を守ろうという志を持ってきました。宮沢喜一さんも護憲論者、大平正芳さんも護憲論者、田中六助さんも護憲論者。その流れを汲んでいるのが宏池会です。派閥は違いましたが、後藤田正晴さんもまったく同じ立場でいてくれました。・・・自民党の中で戦争を知っている世代、戦争を経験して戦後を生きてきた人たちが政権の中枢にあるときは、憲法問題についての議論は起きてきませんでした。しかし、そういう人たちがいなくなったときに、平和憲法を変えるという大きな議論が起きてくるのが心配だというのが、先輩たちの遺訓です。後藤田正晴さんに代表される、ある意味では野中広務先生にも代表される遺訓であり、みんなが持っていた危機感です」。

「信念、そしてあの憲法九条に込められた決意と覚悟、これさえしっかり持てば、日本はよその国と同じような道を歩く必要なない。これが私の結論なのであります。だから世界遺産なのです。私は日本の宝として後世の人たちへの贈り物として、守り抜いていくために、ここはしっかりとがんばり抜きたい」。古賀だけでなく、私たちもがんばらねばなりません。

「そもそも『憲法九条改正』など、ときの権力者が言うことではありません。憲法は国民のものなのです。憲法は権力者の権力行使を抑制するための最高法規です。私は安倍総理の評価すべきところは評価すべきとは思いますが、憲法の『九条改正』についてはあまりにも拙速すぎると不安です」。正に、至言です。

本書を読んで、古賀誠という政治家を心の底から好きになってしまいました。
続きを読む
9人のお客様がこれが役に立ったと考えています