この国はどこへ これだけは言いたい 
    安倍氏の幻想と決別を

     漫画家・小林よしのりさん 69歳


     毎日新聞 2022/10/7 東京夕刊 
     
ポーズを取る漫画家の小林よしのりさん=東京都世田谷区で2022年9月29日、宮武祐希撮影



 賛否両論が渦巻く中、9月27日に安倍晋三元首相の国葬が行われた。かつては安倍氏に期待していたという漫画家の小林よしのりさん(69)は、今は元首相を「因習にとらわれた政治家」と痛烈に批判する。同じ「保守」の立場だと思っていたのになぜなのか。真意を聞きに保守の論客のもとを訪ねた。

 国葬が終わった翌々日。まだ暑さが残る東京都内の閑静な住宅街ではキンモクセイがかすかに香り、秋の気配が漂い始めていた。緑豊かな公園を抜けると、小林さんが普段、仕事場として使うマンションが現れた。


 「わしも昔は徹夜の連続だったけど、今は毎日5時間は寝ている。朝5時に起きて、すぐに仕事を始めます」。スタッフ数人が一心不乱にペンを動かす仕事部屋。私は30年近く前になる学生時代、週刊誌「SPA!」の連載漫画「ゴーマニズム宣言」を愛読していた。目の前に登場したグレーのジャケット姿の小林さんは若々しかった。ご自分を「わし」と呼んでいるあたりも漫画そのものだ。来年古希を迎えるとは、とても信じられないのである。

 そんな小林さん、国葬の様子はテレビのニュースで見た程度だという。「税金を使うのだから、実施するかは本来、国会で決めるべきだとは思うけど、どうせ権力者は批判しても強行します」。興味なさげに語る一方、古い付き合いという元首相の話になると熱がこもる。「わしらが『新しい歴史教科書をつくる会』(1997年設立)を始めてからまだ1~2年の頃だと思うが、若かりし頃の安倍さんが興味津々でよく会合に来ていました。有望な政治家だと思って、歴史の話をいろいろ教えてあげました。『戦後レジームからの脱却』とか、安倍さんの政治スローガンは、わしらからの影響じゃないですか」


安倍晋三元首相の国葬で供花される秋篠宮ご夫妻=東京都千代田区の日本武道館で2022年9月27日午後3時8分(代表撮影)


 第1次安倍政権(2006~07年)後も、小林さんは安倍氏への期待を抱き続けた。10年には安倍氏ら保守政治家9人と小林さんとの対談集「希望の国・日本」を出版。「首相としてもう一度復活してほしいとか書いたら、本人も喜んでね。周囲に本を配っていたようです」

 期待が失望へと変わったのは、12年発足の第2次安倍政権の頃からだ。「一番問題だと思ったのは、安倍さんが皇位の男系継承にこだわったこと。これでは安定的な皇位継承にはならないと考えるからです」。17年に天皇陛下(現在の上皇さま)の退位を実現する特例法が成立した際、国会では女性宮家の創設や安定的な皇位継承について「法施行後の速やかな検討」を政府に求める付帯決議も採択された。だが、安倍政権下での検討は一向に進まなかった。


 現行制度は、皇位継承資格を「男系男子」に限っている。女性天皇や、父方が天皇の血を引かない「女系天皇」に対する保守派の反対は根強い。対して毎日新聞社などの昨年11月から今年1月にかけての世論調査では、回答者の7割超が女性天皇を容認している。もちろん賛否の割れる問題なのだが、議論自体に消極的だった安倍氏に関し、「自分の岩盤支持層で女性・女系天皇への反発が強いからでしょう」と批判するのである。

 集団的自衛権の行使を可能にすることなどが盛り込まれた安全保障関連法成立の際も大いに失望したそうだ。「戦後レジームからの脱却とは、てっきり『対米従属からの脱却』だと思っていたのに、安倍さんがやったのは憲法改正ではなく解釈改憲。日米同盟強化のために集団的自衛権の行使を認めてしまったのだから、これでは逆に『戦後レジームの完成』ですよ」


 第2次政権以降、付き合いもなくなったという安倍氏に対し、小林さんは「自称・保守」と辛辣(しんらつ)だ。ならば小林さんが考える保守とは何か。「伝統や慣習を大切にしながら、社会システムを時代に合わせて漸進的に改革していくことです。その意味で、皇位継承で男系にこだわるのは保守ではなく、因習にとらわれていることに過ぎません」

 小林さんの批判の矛先は、元首相を支えてきた保守層にも及ぶ。「安倍さんは一日でも長く政権を続けるため、米国が怒らないように、岩盤支持層が怒らないようにと、気を使ってきただけなのではないのか。それを『安倍マンセー(万歳)』と、元首相のやることならば何でも賛成し、批判しない保守層も、『自称・保守』です」。どこまでも辛口なのである。


世界平和統一家庭連合(旧統一教会)本部=東京都渋谷区で


 「世界平和統一家庭連合(旧統一教会)」と関係が深かったとされる安倍元首相。実は小林さんにも旧統一教会との「接点」があった。それは30年前にさかのぼる闘いの日々だったという。「叔母が信者になってしまったのです。親戚の中でも一番純粋で、人の役に立つことをしたいと考える人でしたが、夫の給料や娘、息子の通帳など、すべて教団に差し出しました。わしのところにも何度も勧誘の電話をかけてきて、脱退するように説得しましたがダメで、当然、家庭は崩壊しました」

 小林さんは93年、その叔母家族の様子を「集金奴隷」というタイトルで先の「ゴーマニズム宣言」に掲載した。そして、安倍元首相の銃撃事件で再び、旧統一教会問題がクローズアップされたことから、「SPA!」8月16日・23日合併号で当時の作品を再録したのである。

 小林さんは苦笑まじりの顔である。「叔母は夫から離婚届を突き付けられても、『夫婦の絆は絶対なのよ』と、破り捨ててしまいました。今思うと、旧統一教会の教義や自民党の憲法改正案みたいな話ですね」。確かに旧統一教会系の政治団体「国際勝共連合」の改憲案や、自民党の改憲草案には「家族は社会の自然かつ基礎的単位」とする家族条項がある。旧統一教会にとって、夫婦や家族の絆というのは、大切な資金源、つまり「金づる」なんです、と小林さんは話した。

 64年に日本で宗教法人として認証された旧統一教会は、「反共」を媒介に安倍氏の祖父、岸信介元首相との関係を深めた。さらに植民地支配の償いという意味もあり、日本が韓国に対し金銭的にも人的にも奉仕するのは当然だという、いわば「反日ナショナリズム」が教義の特徴とされる。教団と「接点」がある自民党の国会議員は、党の点検では180人に及ぶ。「日本の保守は『反共』『反左翼』であればいいという考え方です。自分たちの都合のいいように憲法も変えようとしていた反日ナショナリズムの旧統一教会と保守が結びついているんですから、まったく矛盾しています。やはり『自称・保守』ですよ」


国葬、保守派へのごますり


記者会見で辞任を表明し、質問に答える安倍晋三首相=首相官邸で2020年8月28日午後5時28分、竹内幹撮影


 では「安倍政治」が残したものは何かと問うと、小林さんは、はたと考え込んでしまった。「結局、何を成し遂げたのかまったく分からないですね。得意とされる外交でも、北方領土問題は全然進展しませんでした。アベノミクスで恩恵を受けたのは株を持っている人だけで、富裕層と貧困層に分断され、格差は拡大しました」

 3日に開会した臨時国会は「旧統一教会国会」になりそうな雰囲気だ。野党は、教団との関係が深いとされる議員を徹底追及する構えである。さらに、国葬の賛否についても論戦の焦点になりそうだ。

 「自分の主体性がないから、何をやりたいか分からない。国葬の実施にせよ、結果的には裏目に出てしまったけど、安倍派や保守派にごまをするためだったのでしょう」。小林さんの岸田文雄首相評である。4日に就任1年を迎えた岸田首相は、「ここからは少し、語る力も重視していただきたい」(世耕弘成・自民党参院幹事長)と、発信力・実行力不足に、身内からも注文が付く状況である。旧統一教会や国葬の問題もあり、最近の岸田政権の支持率低下は著しい。防戦一方になりそうな臨時国会、まさに正念場なのだ。

 「でも、やはり岸田首相は『安倍政治』とは何だったのかを総括しなければいけないと思います。そして岸田さんがやりたいことを明確にするためにも、安倍さんとは決別すべきです。そのためには、旧統一教会を利用するくらい、したたかでないとダメです」。世論の目が厳しい教団と政治家との関係を逆手に取って、「政治家・安倍」との決別を図るべきだということだ。「国葬が終わったから一区切りだなんて、安倍さんのことも幕引きにしてはいけない」

 安倍氏という旗頭を失ったこの国の保守は、一体どこへ向かうのか。最後に問いかけると、小林さんは困惑したような表情を浮かべた。「これは重大な問題ですが、結局は『安倍さんならこう考えた』とか、『安倍さんならこうした』とか、彼の幻想にとらわれる状態がしばらく続くでしょう。困ったもんです」【葛西大博】


 ■人物略歴

小林よしのり(こばやし・よしのり)さん
 1953年、福岡県生まれ。福岡大在学中に「東大一直線」でデビュー。アニメ化もされた「おぼっちゃまくん」で小学館漫画賞を受賞。現在、週刊誌「FLASH」で「よしりん辻説法」を月1回連載。