参院選2022 米中韓の識者に聞く

   

   ライシャワー東アジア研究センター所長 ケントカルダー氏
   上海外国語大教授 廉徳塊氏
   世宋研究所 日本研究センター長 陳昌珠氏


    2022年6月26日 日本経済新聞


強い野党、政治に緊張感
 ライシャワー東アジア研究センター所長 ケントカルダー氏

 憲法改正の問題に注目している。米国は改憲より集団的自衛権に長く関心を持っていた。安倍晋三元首相が集団的自衛権の行使容認を決めたものの、参院選で改憲が争点になっているのは興味深い。
 中国の軍拡を考えれば、日本が防衛費の拡大を検討するのは必要だ。ウクライナ危機が示すように台湾も中国による侵攻の危険がある。
 中国に日本は防衛力の強化に真剣に取り組んでいるというシグナルを送るためにも国内総生産(GDP)比2%への増額は賢明だ。それを裏付ける財源論は重要な課題になる。日本では社会保障費が膨張している。農業支援金も大きい。
中国との関係で最も大きな問題の一つは、日本の安全保障を巡る欧州の理解不足だ。ウクライナ危機をきっかけに北大西洋条約機構(NATO)との交流で日本への理解を深めるべきだ。
 強い野党がいると自民党は政策面で創造的になる。日本の野党は観念的で未熟だ。立憲民主党などには政権に携わった経験のある人がいる。かつてよりよくなったが、国際的な人脈も乏しい。
野党が弱く、政治に緊張感がないのは危険だ。民主主義国家は効果的な競争があれば権力はより機能し、国民はより良いサービスを受けられる。
        (ワシントン=坂口串裕)



対中戦略、冷静な議論を
 上海外国語大教授 廉徳塊氏

 支持率の比較的高い岸田文雄政権が参院選を無難に乗り切り、日中関係の立て直しに動けるかに注目している。今年9月は日中国交50周年を迎え、大事な節目の年になる。日本が政治的に安定するこ とが何より重要だ。
 ハト派である宏池会(岸田派)を率いる首相が示す安全保障政策にはやや失望している。防衛費の大幅増額や台湾問題への介入といった政策はいずれもバイデン米政権が日本に求めている内容だ。
 自民党内で安倍晋三元首相が率いる派閥が最も大きく、岸田氏は党内の右寄りの意見にも耳を傾けざるを得ない状況だ。参院選で自民党が勝ちきり、首相が安倍氏の影響力から脱することができるのかが大きなポイントとみている。
 中国が強国を目指すのは国民や主権を守るためであって、日本を抑え込むためではない。米中の競争に巻き込まれるのは日本にとって得策とはいえない。バランスをとって政策の選択肢を広げるべきだ。選挙戦を通じて対抗ありきではなく、冷静な対中戦略を議論してほしい。
 参院選が終われば日本は2~3年は大型の国政選挙のない期間に入るとみられる。政治家やビジネスマンらの往来を徐々に増やし、関係を立て直すよいチャンスが訪れると期待している。
        (北京=羽田野主)



物価高論争、韓国も注目
世宋研究所 日本研究センター長 陳昌珠氏

 岸田文雄政権がどれくらい安定するかを示す選挙だ。参院選によって岸田首相が自らの色を打ち出す政治体制をつくれるかどうかに興味がある。
 参院選が終わると日本では当面、国政選挙がない。日本の政局が安定すれば、岸田政権と韓国の尹声錫悦(ユン・ソンニョル)政権との間で日韓関係の改善にじっくり取り組める環境が整う。
 日本側が元徴用工問題で「何もやることばない」という姿勢だと関係改善は難しい。和解に向けて対話し協力すべきだ。そのために岸田政権の安定ば重要だ。
日本が円安や物価上昇をどう乗り越えるかの論争にも注目する。日本が安てして発展すれば韓国にも波及効果がある。
 主要な論点である防衛費の増額は東アジアの安定に役立つなら韓国としても反対する話ではない。ロシアのウクライナ侵攻を受けて安全保障問題への日本の世論の受け止めも変わってきたと感じる。
植民地時代の歴史に配慮しながらぺ日韓が共に平和と繁栄をめざす姿が望ましい。
野党には規制緩和易やグローパル社会での日本の貢献など、新しい流れを打ち出してほしい。自民党へのけん制役が不在で、このまま野党による政権交代ができない状態は望ましくない。
        (ソウル=甲原潤之介}