それでも怪物ではない 

    小倉孝保


      毎日新聞 2022/2/11 東京朝刊

  金言

 北欧ノルウェーで先日、注目の審理が開かれた。2011年に連続テロを実行したアンネシュ・ブレイビク受刑者(42)の仮釈放を認めるかどうかの審理だった。

 テロの犠牲者は77人だ。受刑者には禁錮21年の刑が確定している。多くの日本人は「たった21年?」と感じるだろう。この国は死刑のみならず終身刑も廃止している。最高刑は21年で、10年を過ぎれば仮釈放を申請できる。


 出廷した受刑者は黒のスーツに白いシャツを着、金色のネクタイを締めていた。「われわれ白人に対するジェノサイド(集団殺害)をやめろ」と記したプラカードを手に持ち、ナチス式の敬礼までしている。

 さすがに仮釈放は認められなかった。ただ、ノルウェーが収容者に寛容な国であるのは間違いない。刑務所には鉄格子がなく、個室にはシャワーや冷蔵庫、テレビまである。髪形や服装は自由で喫煙も可能だ。図書室や音楽室を使え、ラウンジでは熱いコーヒーも飲める。


 そのノルウェーも1960年代には、厳罰化の道を歩んでいた。それでも犯罪は増え、再犯率は下がらなかった。寛容政策に転換したのは70年代後半である。

 この政策に影響を与えたのが犯罪学者、ニルス・クリスティだった。第二次大戦でナチス・ドイツに占領されたノルウェーには強制収容所が置かれた。クリスティは戦後、この状況を調査した。


 多くのノルウェー人がナチスの残虐行為に加担しながら、一部の人々はそれを拒否した。そうした人々は、収容者との会話で家族について話すなど、人間的なコミュニケーションをとっていた。

 どんな過酷な状況でも、人は交流を通し相手を人間と考えれば、残虐行為はできなくなる。これがクリスティの出した結論で、政府はそれを収容政策に反映する。


 主な収容目的は加罰や、被害者・遺族の報復感情に応えることではない。人間は生まれ変われると信じ、社会復帰への環境を提供する。これがノルウェーの考えだ。

 7年前に亡くなったクリスティは素朴な生活を好んだ。80歳を過ぎてもオスロ大学の研究室まで自転車で通い、昼食はパンとリンゴですませた。多くの受刑者を見てきた彼は言っている。「私は怪物に会ったことがありません。社会的環境さえ整えば、犯罪者もみな人間です」

 ノルウェー市民は若者たち77人の命を奪った男に対し、憎しみを抱えながら、「怪物ではない」と考えようとしている。人類の理想への挑戦である。(論説委員)