金言

   欧州、歓喜の30年後 

    西川恵


      毎日新聞2019年12月20日 東京朝刊


 1989年末、欧州は西欧と東欧が一つになった歓喜に沸いていた。あれから30年。先週、英国のジョンソン保守党政権は総選挙に圧勝し、来年1月末の欧州連合(EU)からの離脱を確実にした。融合と分裂。30年を隔てた欧州の二つの姿である。

 30年前の12月25日、ルーマニア独裁政権のチャウシェスク大統領は夫人と共に即決裁判で銃殺刑に処せられた。この年の6月、ポーランドで始まった東欧の民主革命は、ハンガリー、東ドイツ、チェコスロバキア、ブルガリアへと加速度的に広がり、最後のルーマニアの住民蜂起で東欧の民主化が実現した。ここに40年余にわたった冷戦が終結した。

 大状況から言えば、冷戦終結は西側(資本主義体制)の東側(社会主義体制)に対する勝利、両体制の盟主である米国のソ連に対する勝利だが、西欧と東欧を含めた「欧州の勝利」との捉え方も知識人の間で根強くあった。

 英国の歴史学者の故ジェームズ・ジョルは、第二次大戦終結を「ヨーロッパ史の終えん」と位置づけた。終戦に引き続く冷戦によって、欧州は西欧(資本主義)と東欧(社会主義)に分断されて別個の歴史を刻み、一つの欧州として語るべき共通の土壌と精神を喪失した、と。この脈絡で言えば、東欧の民主革命によって西欧と東欧は再び融合し、共通の歴史を取り戻したのである。

 政治経済・安全保障の観点からも「欧州の勝利」は誇張ではない。冷戦時代、「冷戦が熱戦になるとしたら、発火点は欧州」というのは専門家たちの共通した認識だった。通常兵力で劣勢な西欧では、「ソ連・東欧軍に侵攻されたら戦術核の使用が不可避」と本気で議論されていたし、核戦争になった時は真っ先に欧州が、東西の区別なく壊滅すると言われていた。それを回避した東欧の民主化は、文字通り「欧州の勝利」だった。

 一つに融合した欧州はEUという枠組みの下で、人権、民主主義、法の支配といった「価値の拠点」として、国際政治の舞台で発言力と影響力を強めた。しかし21世紀になって、加盟国の増加、ユーロ危機、移民問題などで求心力を喪失。英国の離脱決定はさらなる混迷をもたらしている。

 ただ欧州がこのまま沈んでいくとは思わない。英国とEUが新しい関係を築くまで曲折はあるだろうが、英国+EUの安定した枠組みができれば、このコンビは新たな求心力を生み出していくのではないか。欧州に長年暮らした経験からも、その底力は並大抵でないと思うからだ。(客員編集委員)