金言

   「壁」崩壊の今日的意味 

    西川恵


      毎日新聞2019年11月8日 東京朝刊


 あす9日は「ベルリンの壁」が崩壊して30年である。東西冷戦の終結を象徴するこの世界史的な出来事は、「今」をよりよく理解するための座標軸である。

 世界各地で幅広い人々を巻き込んだ反乱、抵抗運動、示威活動が起きている。平和的なものから、暴力行為を伴ったものまでさまざまだ。香港、スペイン、フランス、チリ、ホンジュラス、アルジェリア、レバノン、イラクなど、挙げればきりがない。

 背景は多様だが、三つに集約できる。貧富の格差拡大やインフレの高進など経済的な理由、自由・民主主義・人権を求める政治的動機、そして政治家や官僚の腐敗など統治をめぐる怒り、だ。

 「ベルリンの壁」崩壊は、資本主義と社会主義の両体制を仕切ってきた「壁」を取り払い、西側の価値(人権・民主主義、市場経済主義など)が普遍的な価値となり、世界が一体化していくグローバリズムへの契機となった。

 現在の貧富の格差拡大は、1970年代末からレーガン、サッチャーの米英両首脳が主導した規制緩和に基づく新自由主義経済政策にルーツがあると言われる。しかし、これが暴走するのは「資本主義は社会主義に勝った」と、西側で個の欲望拡大に抑制がなくなった「壁」崩壊以降だ。ローマ法王ヨハネ・パウロ2世は、すでに90年代初頭、規制なきグローバリズムを「個人を吹きさらしの荒野に立たせる」と警告している。

 東西の視点で語られがちの「壁」崩壊だが、イスラムの視点に立てば別の風景がある。「無神論の邪悪なソ連(当時)に対する神の勝利」だ。アフガニスタンに侵攻後、10年間駐留していたソ連軍は89年2月、イスラムゲリラとの戦いに疲弊し、撤退。続く「壁」崩壊は、ソ連に引導を渡したとイスラム世界は見た。対ソ・ゲリラ戦にはせ参じていた中東各国のイスラム原理主義者たちは祖国に戻ったり、欧米に散ったりしていった。

 元ゲリラの人的ネットワークを維持した彼らは、やがて「腐敗した」西側に対するジハード(聖戦)を開始し、米国に対する同時多発テロ(2001年)を引き起こす。その混乱はシリアの内戦などの形で今日に引き継がれている。

 気候変動や環境、生物多様性への課題が地球規模で本格的に捉えられるようになるのも90年代からだ。ものごとは過去から未来へ間断なく流れていて、89年にすべてのルーツと区切りがあるわけではない。ただ、さまざまな事象が89年を通過することで新たな意味合いと性格をもったことは紛れもない事実である。(客員編集委員)