金言

   愛国心の相対化 

    西川恵


      毎日新聞2019年10月18日 東京朝刊

 
 ラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会が準々決勝に入る。外国出身選手も日本代表として参加できるラグビーのシステムは、「共同体に生きる者同士の連帯」という、従来の日本社会では薄かった意識を育んでいるように思う。

 最近の酒席はラグビーの話で盛り上がる。友人が、知人の感想として「日本人だけのチームでないから応援に力が入らない」という話を披露してくれた。ネットで見ると、確かに31人の代表選手の約半数が外国出身者であることに否定的な意見がある。

 しかし私は肯定的だ。日本人と外国出身者が連携協力してゴールを目指す面白さ、そして人種に関係なく日本という共同体で生きる者同士が力を合わせて連帯の精神をたぎらせる格好良さだ。試合前に「君が代」を一緒に歌っている姿を見ると、いい意味で「愛国心(ナショナリズム)の相対化」という言葉が浮かんでくる。

 日本人は世界の中でも国籍や民族の純粋性へのこだわりが強い国民だ。「日本人は単一民族」信仰は長らく続いたし、島国のおかげで独自の文化を築いたという話が、かつて真面目に議論された。

 外国出身者が半分を占めることの不満には、この日本人の心性が揺さぶられたこともあるだろう。ラグビーで国籍は二義的だ。「出生地が日本」「両親および祖父母のうち1人が日本出身」に加え、「日本で3年以上、継続して居住」の条件を満たせば日本代表になれる。

 「でも結局は野球の外国人選手の助っ人と同じではないか」との意見があるが、正しくない。外国でかつて代表になった選手は日本代表にはなれない。強力だからといってスカウトはできないのだ。いま日本代表にいる外国出身者の多くは、日本の中で自ら鍛えて代表になったか、W杯参加に向けて日本に懸けた人のいずれかだ。

 五輪に見られるように、スポーツは一見愛国心をかきたてるが、大きく見渡してみればむしろ逆で、愛国心を相対化する方向に作用している。サッカーW杯の時もそう感じた。日本人選手たちは日本の名誉のために戦っているが、欧州の所属チームに戻れば、戦った相手は同僚であり、好敵手である。そこでは国籍といった属性は二義的で、愛国心は相対化される。

 米欧ではナショナリズムを背景とした極右政党の台頭やポピュリズムがにぎにぎしい。グローバリズムへの危機感の反動だろうが、一方で核拡散や地球温暖化などに伴い地球市民意識も静かに浸透している。愛国主義の相対化もこの流れにあると、日本代表の活躍を見ながら思う。
(客員編集委員)