日本国憲法(昭和二十一年憲法)


   

  子どもにつたえる
  日本国憲法

  作・井上ひさし


      


憲法のこころ
この国のかたち
日本国憲法前文


国民がみな、ひとつところに集まって
話し合うことはできないし

たとえできたとしても
やかましくてなにがなんだかわからなくなるだろう


そこで私たち国民は
決められたやり方で 「代わりの人」 を選び
その人たちを国会に送って


どうすれば私たちの未来が
よりよいものになるか
それをよく話し合ってもらうことにした


私たちが、同じ願いをもつ
世界のほかの国国の人たちと
心をつ<して話し合い
そして力を合わせるなら


かならず戦はいらなくなる


私たちはそのようにかたく
覚悟を決めたのだ


今度の戦で
つらく悲しくみじめな目にあった私たちは


子どもや孫たちと
のびのびとおだやかに生きることが

ほかのなによりも
大切であると信じるようになった


そこで私たちは
代わりに国会へ送った人たちに

二度と戦をしないようにと
しっかりとことづけることにした


この国の生き方を決める力は
私たち国民だけにある


そのことをいま
世界に向けてはっきりと言い

この国の大切なかたちを
憲法にまとめることにする


私たちは代わりの人たちに
国を治めさせることにした


その人たちに力があるのは
私たちが任せたからであり

その人たちがつくりたした値打ちは
私たちのものである


これは世界のどこもそうであって
この憲法もその考えをもとにしている

私たちは、この原則に合わないものは
なんであれ、はねのけることに決めた


私たちは、世界の人たちがみな
こわがったり飢えたりせずに

ただおだやかな生き方をしたいと
願うのは
当たり前だということを


いま一度
自分に言い聞か廿
どんなことがあっても
そのじゃまをしてはならないと
たしかに決めた


自分たちのためになることばかリ
言い立てて
ほかの国を
ないがしろにしてはならない

これはいつどんなときでも
守らなければならない
決まりごとである


この決まりごとを私たちもきびしく守って
日本国のことは、国民である私たちが決め


ほかの国国の主人になろうとしたり
家来になろうとしたりせずに

どこの人たちとも
同じ態度でつきあうことを誓う


どんな国でもそうしなければならないと
信じるからだ


日本国民は
これから築きあげようとする
私たちの国のほまれのために


ありたけの力を振りしぼって
これまでに書いたことを
やりとげる決心である




もう二度と戦はしない
日本国憲法第九条


私たちは、人間らしい生き方を尊ぶという
まことの世界をまごころから願っている


人間らしく生きるための決まりを大切にする
おだやかな世界を
まっすくに願っている


だから私たちは
どんなもめごとが起こっても
これまでのように、軍隊や武器の力で
かたづけてしまうやり方は選ばない


殺したり殺されたりするのは
人間らしい生き方だとは考えられないからだ


どんな国も自分を守るために
軍隊を持つことができる

けれども私たちは
人間としての勇気をふるいおこして
この回がつづくかぎリ
その立場を捨てることにした


どんなもめごとも
筋道をたどってよく考えて
ことばの力をつ<せば
かならずしずまると信じるからである


よく考えぬかれたことばこそ
私たちのほんとうの力なのだ


そのために、私たちは戦をする力を
持たないことにする

また、国は戦うことができるという立場も
みとめないことにした