記者コラム 「多事奏論」


    ノーベル賞候補の日本人研究者、上海へ 
    「頭脳流出」と憂えるよりも

    編集委員吉岡桂子


     2021年10月1日 17時00分
     
上海で8月30日に行われた上海理工大学と藤嶋昭・東京理科大学栄誉教授(右)の研究チーム移籍調印式=上海理工大学のホームページから


 ノーベル化学賞候補として、名前があがる藤嶋昭さん(79)が近く、研究の拠点を中国に移す。光の力で汚れやにおいなどを分解する「光触媒」の反応を約50年前に見つけた功績は、世界的に評価が高い。上海理工大学が光触媒に関する国際研究組織をたちあげ、彼の研究チームごと受け入れることになった。日本が誇る科学者の移籍は「頭脳流出」として、学界を越えて日本社会をざわつかせている。

 行き先が米国なら、反応は違ったはずだ。安全保障で対立し、少し前まで科学技術で日本より大きく遅れているとみなしていた、中国だからこそ、ざわつくのだ。井上信治・科学技術政策担当相は会見で「大きな危機感」を表明し、甘利明・元経済産業相は「国益は?」とツイートした。

 藤嶋さんは、なぜ中国へ渡るのか。

 「頭脳流出なんかじゃありませんよ。研究の成果は、論文で共有されています。秘密はありません」

 上海での正式な契約を終えて帰国した藤嶋さんは言う。コロナ禍が落ち着いたら本格的に渡航する予定だ。

 「中国でも(光触媒の研究は)とても進んでいる。なにより私は、研究と実用化の双方で世界に貢献したいのです。パスツールのように」

 微生物の研究から狂犬病のワクチンの開発まで取り組んだフランス人研究者の名前をあげた。「科学に国境はないが、科学者には祖国がある」。国際的な研究と愛国との両立を示す言葉を残した人物でもある。

 水の汚染に悩む上海市政府は「光触媒」の水処理への応用も期待し、藤嶋さんを招いた。「空気の清浄化が先になるかもしれませんが、中国で実用化し、アジアやアフリカなど途上国の環境改善につながれば、これほどうれしいことはありません」

 藤嶋さんは東京大学教授だった1980年代から、数十人の中国人研究者を育てた。自宅に招いてごちそうしたり家電をそろえてあげたり――。「論語」にかかわる数々の著作もあるほど中国文化の造詣(ぞうけい)も深い。教え子らが編んだ文集「縁遇恩師」には、まだ貧しかった中国から来て、恩師を父のように慕う姿が浮かぶ。教え子のうち3人は、中国で科学者にとって最高の権威とも言える称号「院士」を得ており、大規模な予算を得られる成功者となった。

 上海の大学側には当然、著名な藤嶋さんをシンボルとして研究院を立ち上げることで、人材や予算を獲得したい思惑もある。日本では東京理科大学栄誉教授となり、すでに研究の現場は離れている。「頭脳流出」を嘆く声は大きくても、日中の間で争奪戦があったとは言いがたい。

 注目度の高い論文数(2017~19年平均)で、中国は初めて米国を抜いて世界首位に立った。20年前の13位から大躍進だ。いっぽう、日本は4位から10位に落ちた。野球に見立てれば、中国が大リーグになっていく研究分野もある。若手で腕試しをしたい人は増えるだろう。

 佐倉統・東京大学教授(科学技術社会論)は言う。「藤嶋氏が持つ経験や国際ネットワークといった研究の『エコシステム』が中国に移植されるわけで、流出には違いない」。そのうえで、日本自らが研究環境の「エコシステム」を壊してきたことを問題視する。「自由な発想で使える予算を削り、人を減らし、若手の職場すら奪ってきた。知的財産権の保護や安全保障にかかわる分野で脇をしめていくのは当然としても、外国へ渡る研究者を批判するのはお門違いです」

 中国は研究開発費も研究者数も日本の3倍に達した。米中対立下でも、米国での博士号取得者は50倍、米国と共同研究した科学の論文数も圧倒的に多い。日本の研究環境の立て直しを急ぐべきだという佐倉さんの意見は、科学者の悲鳴にもきこえた。(編集委員 吉岡桂子)



------------------------------------------------------------------------------------------

ノーベル賞候補、中国の大学で研究活動へ 
「光触媒」発見の藤嶋昭氏

井上亮=上海、小堀龍之2021年9月4日 12時00分


      藤嶋昭さん
 中国の上海理工大学は、「光触媒」の反応を発見したことで知られ、ノーベル賞候補にも名前が挙がる藤嶋昭・東京理科大栄誉教授(79)とその研究チームが上海理工大で研究活動を行うと発表した。

 藤嶋氏は50年ほど前、光を酸化チタンに当てると水が酸素と水素に分解される光触媒の効果を発見。日光で汚れや臭いを分解でき、外壁の汚れ防止や空気清浄機などで実用化された。同大の8月31日付の発表によると、同大は光触媒に関する研究所を新設し、藤嶋氏のチームが中心となって研究を進めるとしている。

 藤嶋氏は3日、朝日新聞の取材に「コロナが解消するまでは行きません」と話した。リモートで研究を指示するといい、「光触媒の研究は今、世界的に進んでいる。中国もすごくやっているので、日本からの(頭脳)流出ということではない」としている。

 光触媒は2014年のサッカーワールドカップ・ブラジル大会でスタジアムの屋根に採用され、近年は新型コロナウイルスの感染力を失わせる研究でも注目されていた。藤嶋氏は研究の功績が認められ、日本国際賞や文化勲章、朝日賞を受けた。19年には中国の発展に貢献した外国人に贈られる「中国政府友誼(ゆうぎ)賞」を受賞した。(井上亮=上海、小堀龍之)





注目度高い論文数、中国が初の首位 
日本は10位に転落

桜井林太郎2021年8月11日 14時00分コメント


     
     トップ10%論文の主要国順位の推移

 注目度が高い科学論文の数で、中国が米国を抜いて初めて首位となる一方、日本はインドに抜かれ、2桁台の世界10位に転落した。文部科学省が10日発表した「科学技術指標2021」などでわかった。日本は国内での研究力の低下に加え、国際共著の論文も欧米に比べて伸び悩んでいる。

 各国の科学力を分析している同省科学技術・学術政策研究所が、ほかの論文に引用された回数が各分野で上位10%に入る論文の数(トップ10%論文数)などを調べた。

 日本はいまでも研究者数(官民で68万人)と研究開発費(同18兆円)は米中に次ぐ世界3位、年間の論文総数でも4位を占める。

 だが、最新(2017~19年平均)のトップ10%論文数は、共著者の所属機関で国ごとの貢献度を考慮する計上法で3787本となり、首位となった中国の1割程度、主要7カ国(G7)最下位の10位にとどまった。2000年代半ばまでは4位を維持していたが、それ以降、下がり続けている。とりわけ環境・地球科学、工学、計算機・数学の分野で低かった。日本の研究力の低下の要因として、研究時間の減少や博士課程進学者数の減少などが指摘されている。

 また、注目度が高い論文は、海外との共同研究の割合が増えているが、日本は国際共著率は35%で、60%を超える英仏独と比べて低い。米国の共同研究の相手国としては、10年前よりランクを二つ下げて8位となった。米国に留学する日本の研究者は10年ほど前の4割程度だ。

 一方、中国はかつてトップ10%論文数は10位以下だったが、1990年代後半から急上昇。00年代後半に米国に次ぐ2位となり、とうとう米国も抜いた。論文総数では2年連続で1位だ。

 研究者数は日本の3倍の211万人、研究開発費も3倍の55兆円規模で勢いがある。米国の共同研究の相手国としても1位で、関係が深まっている。だが近年、先端技術をめぐる米中間の覇権争いが激しくなっており、今後も協力関係が続くのか見通しは不透明だ。(桜井林太郎)