経済観測

   経済観測W杯ラグビーと夢の風景 

    経営共創基盤CEO・冨山和彦


    毎日新聞2019年10月11日 東京朝刊


 夢を見た。日本を代表する保守的な大企業の経営会議。30人ほどの最高幹部たちが経営方針を真剣に論じている。その半数は外国籍で、残りの日本国籍の幹部にも元々は海外生まれの人やハーフの人材が多数いる。言葉は日本語と英語がランダムに飛び交う。職業人としてのキャリアも多彩だ。ちなみに最高経営責任者(CEO)は外国人。

 これ、まさに夢のような大躍進、大活躍をW杯で繰り広げているラグビー日本代表を企業経営に映した姿だ。日本企業の経営者にはラグビー好きが多く、力を入れている大企業も少なくない。しかし、ラグビー経営論は、ワン・フォー・オールだとか、精神的な一体感だとか、規律だとかのよくあるチームワーク経営論に流れがちだ。確かに日本代表の強さはそこにあるかもしれないが、彼らが世界に通用するようになった最大の理由は、世界中から一級の多様な才能が集まっていることにある。今回の各国代表チームの中でも人種、国籍の多様性は群を抜いているのではないか。

 これはグローバル競争下の経営においても同様だ。ラグビー界は長年にわたり高校、大学、社会人の各段階で多くの才能ある外国人を受け入れ、彼らが成長し活躍する環境を整えてきた。その蓄積が今の日本代表の姿である。しかし、親会社の方は、この間、多様性を促進する真剣な努力をしてこなかった。そして、24年前に日本代表がニュージーランド代表に128点差で敗北したような負け戦を各地で繰り返している。

 日本経済に残された時間は少ない。ラグビー界が30年かけて行った大変革を経済界はおそらく10年くらいで行わなければならない。希望はある。最近、東大周辺などで生まれる本格的な先端技術ベンチャーの構成メンバーは見事に多様で国際的だ。