経済観測

   心痛む過剰サービス 

    東洋大学国際学部教授・横江公美


    毎日新聞2019年9月5日 東京朝刊


 今夏の甲子園も例に漏れず、勝敗に加えて、連投が続く高校球児への負担も気になる話題だった。最近の高校野球では、投手の将来を考え、連投を良しとしない考えがようやく定着しつつあるが、短期決戦だからこそ、勝負とのせめぎ合いで悩む指導者と高校生によるドラマが生まれる。

 一方、さまざまな仕事では継続がより重要で、そのためには無理をしてはならない。しかし日本ではサービスという労働が不当に安く扱われ、無理が生じているのではないかと思う。客として温かいサービスはありがたいが、そこまでしてもらうのは悪い、体を壊すことにつながりやしないか、と心配になるのだ。

 例えばタクシーだ。初乗りが410円のタクシーの運転手が、ホテルで重そうな荷物を二つも三つも後部トランクに積んでいる姿を見ると心が痛む。せめて行き先が長距離であってほしいと思ってしまう。米国でタクシーを利用する際には、荷台を使う荷物一つずつに料金が発生し、チップも上乗せすればそれだけで初乗りぐらいの値段になるので幾分気は楽だ。

 日本の手厚いサービスは人手などに余裕がある時代から続いているが、最近では人手不足が進行し、労働者の高齢化も進んでいる。来年には東京五輪・パラリンピックが開催され、世界中から観光客が押し寄せる。日本のおもてなしは大事だが、更にサービス業の人手不足が深刻化し、働く人の負担が大きくなりはしないか。どんなにサービスの良い国だと思われても、幸せに働ける環境でなければ意味はない。

 最近、成田国際空港を利用したら、リムジンバスのスタッフが外国人になっていた。五輪を人口動態に合わせた適正なサービスを考えるきっかけとし、日本的な過剰サービスからの脱却を目指すべきだ。