他国けなすのは「保守」ではない 多様性認めてこそ保守

   武井俊輔・元外務政務官


    2019年7月29日 毎日新聞 政治プレミア
   
    武井俊輔氏=高橋恵子撮影


 これから政治の道を歩む中で大切にしようと思っているキーワードに「多様性」がある。「生産性」という言葉が世間をにぎわせ、雑誌の廃刊騒動もあったことは記憶に新しい。

 最近の「保守系」といわれる新聞や雑誌の中づり広告や表紙を見ると、毎月毎月特定の国や新聞の批判が繰り広げられている。

 しかし、このように劣情をあおるがごとく他国や相手をけなすことを志向する政治は私は決して保守と呼ぶに値しないと思う。

 保守とはきわめて多様なものである。そもそも保守とは何か、という問いに対してまさに同じ答えは一つとしてないと思う。それぞれ一人一人が違う答えを持っているものの、自分の国や地域を良くしていきたいという大きな「くくり」を共有することではないだろうか。

 「おおきなかぶ」という有名な童話がある。大きなカブをおじいさんが引っ張って抜けず、おばあさんを呼んできて一緒に、そして孫娘も、イヌも、ネコも続き、ネズミが引っ張ってカブが抜けるという話である。

 この話でおばあさんがイヌが嫌いだとか、ネコがネズミを食べてしまったらストーリーにならないのだ。多少意見が違っても、ときには好き嫌いの感情を乗り越えてでも共に目標に向けて歩んでいく、そんな政治が保守ではないかと思っている。

 ヘイトスピーチ(差別扇動表現)についても積極的に向かい合ってきた。議員会館の事務所にも啓発用の大きなポスターを掲示している。しかし政治にできることはこのようなポスターやイベントで啓発する程度だ。

 最も効果があるのは、ツイッターやユーチューブのアカウント凍結などの規制だが、誰がその主体かというと、政治家でも役所でもない。ツイッターやユーチューブの担当者だ。

 国がいくらダメだと啓発しても言うことを聞かなかった人たちが、アカウント凍結が始まったと聞くと自主的に差別的な投稿を落としていく。むしろ政策の実効性は政治よりも彼ら(担当者)に握られている。

 インターネットの伸長の先は国家の無力化ではないかとすら感じることもある。その中にどう秩序が形成されるのか、それにどう政治が役割を果たしていけるのか、正念場であろうと感じている。



 民主主義は最良の制度だと確信はしているが、これらの出来事を考えると、この社会情勢の中で、冷静にそれを維持していくことは非常に難しいことだと思う。

 700年の歴史を持つ民主主義の本家ともいえる英国の混乱をみるにつけ、この制度の不完全さと難しさは、より深いものになっているのではないかとすら感じている。

 私は観光業で各地に足を運んだ経験からも、偏見を持たず、その地の空気に触れ、対話を重ねることが極めて大切だと思っている。

 インターネット社会の中で同じ価値観の人たちだけで集まって劣情をあおったり、相手を攻撃するようなことが当たり前になってはいけない。そうならないためにも、直接人と会って多様性の感覚をやしない、自分で判断するということが重要だと伝えていきたい。

 多様性豊かな保守政治という一見相矛盾する価値観を、清濁多様なこの情報があふれ返る社会の中でどう実現していくか。

 残念ながら世界も、わが国もそれとは逆の潮流があるが、所属する宏池会の「保守中道」の理念を高く掲げ、「おおきなかぶ」に挑んでいきたいと思う。