危機の時代、長期消耗戦回避へ 決断は最高度の慎重さ基に

   加藤陽子の近代史の扉


      毎日新聞 2021/4/17 東京朝刊


   
   マックス・ウェーバー(左)と蒋介石


 この欄を担当して1年になる。最初に書いた原稿では、100年前のスペイン風邪の記憶がなぜ日本社会に根付かなかったかを考えた。1918年から20年にかけて40万人超の死者が出た衝撃を私たちは忘れていた。ありうる理由の一つは、人間の時間感覚とウイルスが変異する時間の著しい差異だ。哺乳類ならば100万年かかるような変化をウイルスはたった1年でやりとげる(速水融「日本を襲ったスペイン・インフルエンザ」)。人間の記憶媒体に、急拡大しては去ってゆくウイルスの脅威を刻むのは至難の業といえようか。

 何回かの新型コロナウイルス感染拡大の波を経た目で振り返れば、100年前の惨禍が忘れられた理由として、もう一つの答えが浮かぶ。スペイン風邪の惨禍と比べて、より深刻な出来事がほぼ同時代に起き、私たちの父祖の記憶が、いわば上書きされてしまったとの見立てだ。今回はこの観点を糸口に考えてみたい。


 スペイン風邪より深刻な出来事とは、14年から18年までの第一次世界大戦をおいて他にない。そもそも世界的大流行は、参戦各国の将兵らの動員と帰還、復員によって起こされた。20年6月に死去したドイツの社会科学者マックス・ウェーバーの死因はスペイン風邪だといわれている。よって、まずはウェーバーに焦点を当て、戦時下のドイツ社会の苦難とウェーバーの戦時評論を見ておきたい。

 短期決戦に失敗したドイツは英海軍による海上封鎖により、16年冬には深刻な食糧不足に陥った。女性と子どもを中心とする餓死者が76万人余に達したとの統計もある(藤原辰史「カブラの冬」)。政治とは国家の指導に影響を与えようとする行為、国家とは物理的な暴力行使の独占を要求する主体、と明快に定義を下したウェーバー。その彼は祖国の惨状を前に何を論じていたのだろうか。


 ウェーバーは、16年3月、政府が計画していた潜水艦作戦強化方針を批判する意見書を要路者に送った。無制限潜水艦攻撃によって早期講和が期待できるのは次の三つの場合のみだと論じた。すなわち、米国が参戦してこない場合、参戦してもドイツ側に重圧がかからない場合、英国が先に降伏する場合。だが全て不可能な前提であり、戦争は必ず長期化する。無謀な攻撃がなされたが最後、直ちに米国は参戦し、ドイツの敵国・英仏側は「物質的にも道徳的にも、実際にいつまでも戦争を続行することができるようになる」(山田高生訳「潜水艦作戦の強化」)と論じ、祖国の運命を暗く予想した。現実はウェーバーの危惧通りとなり、17年4月に米国が参戦、ドイツの敗北はここに決した。

 この意見書には、危機の時代に必須とされる政治指導者の資質も書かれていて興味ぶかい。それは、最高度の慎重さでなされた計算を根拠に決断を下す能力であり、計算の基礎と方法の正しさについて証明できる能力である。政治指導者がこの資質を欠けば、戦時の経済的崩壊と戦後の経済的断末魔は避けがたく、いくら軍隊が勇敢でも挽回はできないと警告した。戦時のドイツが象徴的な各国の苦難とそれが与えた衝撃を知れば、スペイン風邪の惨禍が、記憶の後景に退いたことは理解できる。


 農業思想史が専門の藤原辰史氏によれば、当時の日本外務省は英国による海上封鎖を「餓死的降伏」を目的とする経済戦と捉えたという。資源小国日本の明日の姿と見て震撼(しんかん)したのだろう。大戦のさまを観察した日本はこれ以降、長期消耗戦をいかに避けるかを全力で検討し始めた。

 この日本に、冷静な計算をもって対抗した政治指導者の一人に、満州事変時に中国国民政府主席だった蒋介石がいた。日本軍が華北分離工作を進めていた34年1月4日、蒋は、日本と対抗するためソ連を巻き込む長期戦構想を日記に記していた。敵が恐れるものは我々が最も歓迎すべきであり、敵が急ぎたいものは我々が遅延すべきものである、との言葉と共に。


 現実の日中戦争は37年に勃発するが、34年段階から準備を始めた?の対日戦プランは、慎重な計算を基になされた決断の結晶といえた。日中戦争は必ず列国の干渉を招く。その理由は戦争の過程で必ず日本側が列国の在華権益を侵害するからだ。東洋の盟主を目指し、西太平洋の覇権を目指す日本であれば、ソ連の陸軍力と米国の海軍力と対決せざるをえなくなる。よって日本の最大の弱点は国際関係であり、中国の最大の利点も国際関係にありと見ていた。

 第一次世界大戦の教訓として、長期消耗戦を絶対に避けたいと願った日本。だが現実は、長期消耗戦を強いられた。慎重な計算を基に決断を下す政治指導者の不在がその理由だったとすれば、これは過去だけの話ではない。(第3土曜日掲載)

 ■人物略歴

加藤陽子(かとう・ようこ)氏
 1960年生まれ。東京大教授(日本近代史)。著書「それでも、日本人は『戦争』を選んだ」「戦争まで」など。