火論

  強者が弱者に負けるとき

    大治朋子


    毎日新聞 2021/8/24 東京朝刊


 米ハーバード大学の研究者が2001年に発表した論文「弱者はいかに戦争に勝つのか 非対称紛争の理論」は世界を驚かせた。

 ベトナム戦争など国力に格差がある1800年以降の国家間紛争200件を調べた。予想通り「強者」が「弱者」に勝つ確率の方が高かったが、3回に1回は「弱者」が勝っていた。住民を味方につけ、その心をつかみ、長期戦で心理的、経済的に強者を疲弊させると勝率が高まったという。


 国家間ではないが米国とイスラム主義組織タリバンによる非対称戦、アフガニスタン戦争はどうか。

 米軍はこの理論を踏まえたかのように周到だった。「弱者」タリバンに勝機を与えぬようドローンなどを駆使し、米軍の心理的、経済的な負荷を軽減した。

 問題は人心の掌握だった。

 09年春、駐アフガン米軍に従軍した私は、司令官が一冊の本を熟読しているのに気づいた。「ア・ベター・ウォー(より良き戦争)」(1999年刊)。ベトナム戦争教訓の書として当時、改めて注目されていた。米軍はベトナム戦争末期になって、住民を守り、味方につけることが非対称戦争に勝つ唯一の道だと気づいたが間に合わなかった、という内容だ。


 米軍はアフガンで、夜間にタリバンと戦う一方、昼間は各地の部族長を訪ね、地区の住民を味方につけようと懸命だった。国家建設の必要性を説いたり、経済支援への希望を取りまとめたり。

 だが現実は厳しかった。村人と会おうにも、まず移動が難しい。タリバンが手製爆弾を仕掛けて行く手を阻む。迂回路をとっても住民がタリバンに情報を流し、またその道に爆弾が埋められた。アフガン国軍兵を訓練したが兵士らは警備をサボったり武器を盗んだり。怒りに震える米兵を何度か見た。


 だが米兵らはいずれは母国に帰る。アフガン市民や国軍兵は長引く戦闘で疲弊を深めるばかり。目先の「安全」「利益」にとらわれたとしても誰が責められようか。

 この戦いに勝てるのか。米軍司令官に聞くと、こう答えた。「我々はいかに住民の心をつかむかという競争を(タリバンと)している。ゆっくりと成果を上げており、正しい方向に向かっている」


 だがゴールは遠かった。米外交問題評議会のウィリアム・ポーク氏の言葉が鋭い。「他国に大規模な介在をする限り、米軍がどれほど自らを解放者だといっても占領者とみなされ抵抗勢力を生む」

 同じ言葉を持ち同じ神を信じるタリバンが疲弊した人心を力で掌握する。「占領者」が勝てる確率はそもそも高くない。(専門記者)