「1日で49人の相手を…」 
    過酷な労働、波乱の人生赤裸々に 
    「からゆきさん」肉声テープ発見


    【牧野宏美/統合デジタル取材センター】

    毎日新聞2020年12月29日 07時00分(最終更新 12月29日 09時35分)



    
宮崎康平氏が「からゆきさん」をインタビューした際に録音したテープ。「からゆきさんの話(1)」と書いた紙が貼られている=内嶋善之助さん提供


 「一日一晩のうちに、49(人と)したよ……」。16歳の少女は、船底で汚物にまみれて海を越え、見知らぬ異国で春を売った。幕末から明治、大正にかけ、貧しさから海外に渡り、娼婦(しょうふ)として働いた女性「からゆきさん」。その一人が約60年前、その過酷な体験を赤裸々に語った約12時間分の肉声がテープに残されていた。からゆきさんが自らについて語ったり書き残したりした史料はほとんど残っていない。この女性はシンガポールで裕福なイギリス人に身請けされ、たくさんの宝飾品を贈られて「ダイヤモンドおなご」と日本人の間で呼ばれた。30歳半ばでホテル経営に乗り出すほど成功したが、帰国後、だまされてほぼ無一文になるなど、波乱に富んだ生涯だった。しかし、海外に渡った女性の存在は地元でも秘されてきたという。なぜ女性は肉声を残したのか。古いテープを再生してみたい。【牧野宏美/統合デジタル取材センター】



12時間に及ぶインタビュー音声

 肉声テープが残されていたのは長崎県島原市出身で、シンガポールに渡った女性。記録では1888年に生まれ、1967年に死亡したとされる。

 録音テープが見つかったのは次のような経緯があった。島原出身の作家、宮崎康平氏(1917~80年)が61年、シンガポールから帰国していた女性と自宅で面会。録音しながら2回にわたりインタビューした。宮崎氏は「『からゆきさん』についての小説を書きたい」と知人に依頼し、この女性を紹介されたが、その後別の仕事で多忙になり、小説は未完のまま死去した。テープは宮崎氏の妻が保管していた。

 妻は2011年、元島原市職員で舞台の創作活動をしている知人の内嶋善之助さん(68)にテープを託し、内嶋さんが長期保管するためにデジタル音源化した。語られた内容はその後、「からゆきさん」の研究を続ける嶽本新奈(たけもと・にいな)明治学院大助手が分析している。

 テープは約12時間分。女性はインタビュー当時、73歳だった。シンガポールへ行くまでの経緯や、密航した船の中の様子、娼館での労働環境、娼館を出た後の生活などが島原の方言で詳細に語られている。


極度の貧しさから渡航 「船底は地獄」

1908(明治41)年、島原の僧侶がシンガポールを訪れた際、現地の日本人墓地で、亡くなった女性たちを弔う法要をする「からゆきさん」たち=長崎県島原市の理性院大師堂提供


 貧しかった。家族は父、母、妹2人、弟1人の6人。父は神経症のため働けず、女性は10代前半から奉公に出され、島原の揚屋(遊女を呼んで遊興する店)で下働きをしていた。16歳の時に母親が死亡すると、家計を支えるのは女性ただ一人に。揚屋の給料では到底足りない。そんな時、銭湯で見知らぬ高齢女性から「高い給金が出る。遠いところに行かないか」と誘われ、外国行きを決意する。

 女性をあっせんする女衒(ぜげん)と呼ばれる男性たちの手引きでシンガポールに密航したのは1904年。日露戦争開戦の年だ。島原の港から24人の若い女性たちと4人の男性と船に乗り込み、石炭などを置く船底部分に身を潜めた。暗闇で便所もなく、汚物は垂れ流し。航海は約1カ月続き、世話役の男性が女性たちに性的暴行を加えることもあったという。この女性は自分の体に汚物をつけることで暴行から逃れたといい、「船の底は地獄だった」と振り返る。

 シンガポールに着くと、日本人が経営する「女郎屋」へ連れて行かれた。マレー街と呼ばれる、日本人娼館が集まっていた通りだ。イギリスの植民地だったシンガポールでは、移民の増加に伴って1890年代にヨーロッパ、中国系などの娼館が急増。からゆきさんは1905年ごろまでに増えた。当時109の日本人娼館に633人の娼婦が働いていたとの記録がある。10年の「福岡日日新聞」では、現地を訪れた記者がマレー街のからゆきさんの様子をこう描写している。

 「家は洋館にして青く塗たる軒端に、一二三の羅馬(ローマ)字を現はしたる赤きガス燈を懸け、軒の下には椅子あり。異類異形の姿せる妙齢の吾(わ)が不幸なる姉妹、之(これ)に倚(よ)りて数百人とも知らず居並び、恥しげもなく往来する行路の人を観て、喃喃(なんなん)として談笑する様、あさましくも憐(あわ)れなり。衣類は目を驚かす色あざやかに派手なる浴衣をまとひ、ことごとく細帯のみにして、髪は高きヒサシに大なるリボンを掛く」


「忙しかときは痛かとですよ」 性病検診も重荷に

 この女性は女郎屋の主人から衝撃的な「事実」を知らされる。シンガポールに来るまでの旅費や宿泊費、手数料などとして膨大な額の借金を負わされていた。絶望的な気持ちになり、涙があふれた。

 最初の客は現地で商売をする日本人だった。初めての体験だった。「水揚げ」は人気が高く、客は通常より高い料金を払うが、すべて女郎屋が受け取り、女性の取り分はなかったという。

 短時間(ショート)は3ドル、一晩で15ドル。女性は「借金」を返し、日本に残した家族に送金するため懸命に働いた。

 女性の肉声が残っている。

 「忙しかときは痛かとですよ、あそこが。それで這(は)うて廊下と階段を行くとですよ。あれが女郎の地獄ですよ」

 「そんなんとを、49(人)したよ。わたしゃ、一日一晩のうちに。いっぺん、そういうことのあった。昼の午前中、9時から。晩のちょっと3時ごろまでな。もうね、泣くにゃ泣く」

 客が多いときは朝から未明まで、1日49人の相手をした。痛みは、ワセリンを塗ってしのいだ。

 「ほんなごて、情けなか。いやらしゅうて、今も忘れられん。おそろしゅうて……」

 苦痛に追い打ちをかけたのは、性病対策のための洗浄だった。当時、性病のまん延を防ぐため、娼婦は1人の客の相手が終わるごとに、膣(ちつ)内を消毒洗浄するよう指示された。疲れた体をひきずるように部屋から洗い場まで毎回階段を上り下りすることは重い負担だった。この洗浄が原因で不妊になった女性もいるという。

 「いっぺん、一人一人、一人一人、階段でしょう。そりゃもう立派な階段ですよ。それが上りくんだりで、おまけに熱いお湯に、な。衛生が正しかけん向こうは(娼館は衛生がすべてだから)。やかましかっですもん」

 娼婦に毎回の洗浄を求めたのは、週に1度、医師によって行われる性病検診に引っかからないようにするためだった。娼婦は1人1冊、日記帳のような帳面を渡され、月経周期やいつ客を取ったかなどを細かく記録していた。医師は検診で問題がない場合はそれにサインし、客も安全であることの証明として帳面を娼婦に見せるよう求めていた。

 「それ(帳面)がものをいうとですたい、女郎にはな。客が威張って出せって言う。(帳面を見て)『はい』って言うてから、オーライって言うてから、……馬んことやらす」

 性病検診は、軍人や船乗り、クーリー(苦力=中国人労働者)らが性病にかかり、まん延することを防ぐことが目的だった。娼婦が性病にかかっていると分かると、娼館が営業停止になるなどペナルティーを受けたとされる。嶽本さんは「重視していたのは公衆衛生のため、娼館のため、客のためという視点です。働く女性自身のためではありませんでした」と話す。


英国人に身請け、中絶と不妊手術迫られる

 1年半、娼館で働いた後、18歳になった女性はイギリス人のフォックスという男性(当時27歳)に身請けされる。身請けとは、娼館への借金を肩代わりして精算し、娼婦をやめさせることだ。シンガポールでは、イギリス人が現地で娼婦を愛人にすることは珍しくなかった。

1908(明治41)年に、日本人墓地で、亡くなった日本人を弔う「からゆきさん」たち。「英領海峡植民地」と書かれており、シンガポールもしくはその近郊とみられる=長崎県島原市の理性院大師堂提供


 当時女性には他に好きなイギリス人がいたが、強引に身請けしたフォックスと8年間暮らすことに。フォックスは宝飾品をたくさん買い与え、島原の実家にも送金してくれた。身請けされた後、女性は日本人の間で「ダイヤモンドおなご」と呼ばれ、経済的には不自由のない生活を送ることができた。

 しかし、結婚をして子どもを持つという生き方は選べなかった。22歳のころ、妊娠が分かった際は、フォックスに中絶と不妊手術を迫られた。「ハーフで生まれると子どもが差別に遭う」「正式に結婚しておらず、日本人娼婦との関係はイギリス人コミュニティーで悪く言われる」といった理由からだった。女性は自分も承諾して手術したと説明するが、こう漏らす。

 「おれは大喜びしてます。おめでとう、みたような気持ちを抱いとったわけですたい」「ところが、ある朝、相談があるちゅうとですもん」「おろせっていうとですたい」「今度は殺してしもうたとよ。子宮をば」

 語られた内容を分析している嶽本さんは「思い出したくない経験を吐露しているからか、それまでの受け答えはしっかりしていたのに、この時の語りは意味を把握するのが難しいほど錯綜(さくそう)しています」と話す。

 フォックスは女性を残し、1914年に始まった第一次世界大戦に出征。女性は26歳ごろ、フォックスから得た資金などでゴム園を購入し、中国人らを雇って運営する。そのもうけを元手に、30歳半ばでホテルを建て、経営に乗り出す。成功するが、第二次世界大戦の開戦を機に客が減り、閉鎖を余儀なくされる。戦中、シンガポールなど東南アジアに住む日本人は、イギリスによってインドに抑留された。女性も「インドのキャンプ(収容所)にいた」と語っている。


帰国後にだまされて財産を失う

 終戦後の1946年ごろにインドから帰国。ホテル経営で得た財産を宝石に換えて引き揚げ船に乗ったが、その後だまされてほぼすべてを失ったと明かしている。帰国後は島原で近所の子どもの面倒を見るなどしてわずかな収入を得て、亡くなった妹の子どもを育てたという。最晩年の様子はよく分かっていないが、インタビューから6年後、80歳ごろ、その生涯を閉じた。

 女性にインタビューした宮崎氏は未完の小説「からゆきさん物語」(2008年に宮崎氏の妻の手で出版)を残している。妻はあとがきで、インタビュー時の女性の様子をこう振り返っている。

 「上背があり、がっちりとした体格。若い頃は彫りの深い、エキゾチックな顔立ちだったかと思われた。ワーカー(労働者)、ウェスケ(ウイスキー)などシンガポール仕込みの英語がポンポン飛び出す」。シンガポールでの暮らしを思い起こせるよう、準備したコーヒーやバナナ、ウイスキーを口にしながら、夜を徹して語ったという。


「サンダカン」おサキさんとの共通点

 「からゆきさん」を世に知らしめたのはベストセラーとなったノンフィクション「サンダカン八番娼館」(1972年)だ。女性史研究をする山崎朋子氏(1932~2018年)が、天草に住む元からゆきさんの女性、おサキさんと3週間生活を共にし、その際に聞き取った娼婦時代の話をまとめたものだ。おサキさんが語る体験は、先述の女性の証言と多くの共通点がある。

 おサキさんは9歳のころ、家計を支えるためにボルネオ島のサンダカン(現マレーシア)に渡り、13歳から娼婦として働くようになる。忙しいときは一晩で30人の客を取ったといい、客ごとに消毒を欠かさなかった。

 そして、日本人客について「(現地住民や英国人、中国人らと比べて)一番いやらしかった。うちらの扱いが乱暴で、思いやりがなかった」と嫌う。

 女性も同じような評価を下している。「日本人は好かん。外人が一番よか。日本人の人は言いよらす、君、うれしかろうが、気持ちがよかろうが……」。嶽本さんは「日本人客の男尊女卑を前提とした振る舞いが嫌悪感を抱かせたのではないか」と語る。


からゆきさんが、はるばるやってきたころの船着き場を思わせるボルネオ島の桟橋。左手の山上にからゆきさんの墓地がある=マレーシア・サンダカン市で1992年7月25日、多河寛撮影

 ここで、そもそも「からゆきさん」とは何かをたどりたい。もともとは19世紀後半に海外へ出稼ぎに行く人は男女問わず「唐行きさん(外国へ行く人)」と呼ばれていたが、次第に外国で売春業に就く女性を指すようになった。地域はシベリアや中国大陸、東南アジア諸国、インド・アフリカ方面まで広範囲に及んだ。日本全国から渡ったが、特に九州の天草地方(熊本県)、島原地方(長崎県)出身者が多かったとされる。過酷な環境下で若くして命を落とし、故郷へ帰ることができなかった女性も少なくない。


からゆきさんを生み出した植民地主義

 なぜ女性たちは海外で娼婦となったのか。オーストラリアの東南アジア歴史学者、ジェームズ・フランシス・ワレンによる「阿姑とからゆきさん シンガポールの買売春社会1870―1940年」は、「根深い貧困、家族単位のひ弱な経済基盤、そして豊かになるかもしれないという期待が、おびただしい数の女性や少女を海外に送り出す供給源になった」と指摘する。

 特に農村部は極端な貧困状態で、中でも島原や天草は耕作地が少なく、中国大陸や南洋諸国に近かったことなどから多くの「からゆきさん」が生まれた。さらに、家父長制が、農村での女性の価値を低くし、搾取される存在にしたと分析する。つまり、貧困と女性の地位の低さが背景にあるというのだ。

 忘れてはならないのは日本の植民地主義の影響だ。当時、人口急増を背景に明治政府は積極的に移民政策を推し進めていた。嶽本さんは「対外膨張には日本人女性による性的慰安が必要である」という認識が一貫してあったと指摘する。思想家の福沢諭吉も1896年、自身の新聞の社説で「海外の移植地に娼婦の必要なるは明白にして、むしろ公然許可するこそ得策なれ」と主張している。

 一方で、明治期以降、公娼制度を廃止すべきだという「廃娼運動」がキリスト教関係者を中心に活発になり、彼らは「一夫一婦制」を旨とする西欧の性規範を取り入れて娼婦を「醜業婦」と呼び、特に海外売春婦を「金銭目的で自ら外国に渡り、外国人に性を安売りしている」と敵視した。


ボルネオ島にある「サンダカン八番娼館」のおかみが建てた墓碑。かたわらに、いくつかの小さいからゆきさんの墓標もあった=マレーシア・サンダカン市で1992年7月25日、多河寛撮影


 嶽本さんは「実際はからゆきさんは強制された『人身売買』と自発的な『出稼ぎ』の境界があいまいで、この批判は一面的です」と指摘する。続けて「近世社会では娼妓(しょうぎ)奉公をしていた女性も奉公を終えれば結婚をし家に入るという経路が確保されており、西洋のような娼婦のスティグマ化(負のレッテル貼り)はみられませんでした。明治以降の近代化に伴って廃娼運動などをきっかけに娼婦への差別、蔑視が強まり、母や妻の立場にある女性からの反発も大きくなったのです」と解説する。


消えゆく「からゆきさん」の記憶

 天草地方出身で、約20年前から「からゆきさん」の研究を続ける嶽本さんは、こうした差別的なまなざしがあることから、からゆきさんが体験を語ることを避け、地域も「恥ずかしい過去」として積極的に明かそうとしてこなかったと見る。

 また、たとえ記録を残そうとしても、からゆきさんは教育の機会がほとんどなく、読み書きができない人が多かったため、書き残すことも困難だった。現在、存命のからゆきさんはいないとみられ、関連資料もほとんど残されていない。

 嶽本さんは調査の過程で、昨年、島原に住む70代の女性から、からゆきさんとの思い出を聞いた。高校卒業後に就職したゴルフ場でいつも女性を気にかけて優しく接してくれる寮母さんがいた。親しくなったある日、寮母さんは自身がからゆきさんだったと明かし、スカートをまくし上げて太ももの付け根にあるやけどの痕を女性に見せた。

 やけどは、働いていた娼館の屋号が焼き付けられていたのを隠すため、日本に帰る際に自ら塩酸をかけてできたものだった。女性は嶽本さんに「既にその寮母さんも亡くなった。私が語らなければからゆきさんの記憶がなくなってしまう。地元の人に言ってもきちんと受け止めてくれなかったので、誰かに伝えたかった」と明かしたという。

 嶽本さんは力を込める。「同じからゆきさんでも、その生き方はひとくくりにはできません。何も知らずだまされて連れて行かれ、性奴隷のように働かされた人もいれば、覚悟の上で娼婦になり、現地で成功を収めた人もいる。ただ、どんな経緯でもつらく過酷な体験をしたことは間違いなく、国家もその責任の一端を担っていた。その歴史を検証するためにも、からゆきさんの存在をなかったことにはできません。一人でも多くのからゆきさんの生き様を掘り起こし、後世に伝えたい」

 12時間に及ぶテープの分析も、まだ続いている。