今週の本棚


    『「顔」の進化 あなたの顔はどこからきたのか』

    馬場悠男・著 池澤夏樹・評


    毎日新聞 2021/4/3 東京朝刊


   
    『「顔」の進化 あなたの顔はどこからきたのか』
     (講談社ブルーバックス・1100円)


疲れるとげっそりするのはなぜ
顔とは何か?

 植物は動かないからその体軸は垂直になる。せいぜい高く伸びて枝と葉を広げて陽光を集め、地下に張った根から水分などを得る。

 動物は動くから体軸は地面と平行になる。どちらへ動くか決めた方がいい。そこで前と後ろができる。摂食のためには口が要り、体内を消化管が貫いてその先に肛門ができる。たいていの動物の体はこういう配置になっている。


 さて、餌を得るには五感を活用しなければならない。視覚と聴覚、嗅覚、口の中には味覚。これらの感覚器官を集めた部分、これを我々は「顔」と呼んでいる。

 これはただ美醜のことではなく、遠大な動物史・人類史の本である。だからと言って学術的すぎて難解という印象はまったくない。よくもこれだけ小さな愉快な話題を集めたものだと笑いながら読める。昔から各論は若手にも書けるが総論は碩学(せきがく)に任せた方がいいと言うが、これなどその典型。


 進化の話だから顔のパーツも単純なものからそれぞれの目的に応じて特化してきた。

 口は初めはただの穴、せいぜいヤツメウナギのような吸盤型。やがて上下に分かれて顎(あご)を形成し、そこに歯が生える。両生類や爬虫(はちゅう)類には顎があり歯もある。しかしその歯は「尖(とが)っていて、獲物を捕らえるか食いちぎるが、哺乳類のように?(か)みつぶすことはできない。それは鼻腔(びくう)と口腔(こうくう)を隔てる口蓋(こうがい)がないので、ゆっくり?みながら息をすると、食物が気管に入って窒息するからでもある」なんて、おかしい。誤嚥(ごえん)の恐怖。

 一時が万事、こういう調子なのだ。

 つまりは生物の身体の工学的な解析である。

 ウマの顔はなぜ長いか? これにはほとほと感心。馬は草を食(は)む。長距離を走るために脚は長い。しかし口は地面に届かなければならない。頸(くび)を伸ばすと重量がかさむ。咀嚼(そしゃく)筋のある顎の奥はそれだけ重いから頸に近い方が疲れない。そこで口だけが細く長く伸びた。好きな草の選択も容易。眼は頭部の左右に分かれて視野を広くし、外敵を発見しやすくなった。


 眼は大事な器官だから頑丈な骨と柔らかい素材で守られている。「眼窩(がんか)には眼窩脂肪があり、眼球にショックが加わったときにクッションとして働いている。だが、急速な栄養不足に陥るとこの脂肪が真っ先に消費されるので、眼が窪(くぼ)んで、げっそりとする」。なるほど。

 唇は、(と興味津々)「皮下脂肪がないので、毛細血管が透けて赤く見える。一般には、赤唇縁(せきしんえん)(解剖学で言う唇)があるのは赤ん坊が乳首にうまく吸いつくためといわれている」が、「微笑(ほほえ)んだり、甘い言葉を発したりして微妙に動く唇が、強烈なセックスアピールになることは誰でも知っている」。


 その先に人種による顔の違いという大事な項目があり、最後に日本人の顔が論じられる。縄文人と弥生人の顔立ちから推測される系統の違い、遺骨が残っている徳川将軍家の人々の顔の復元、などは人類学の専門家の言だから詳しくて興味深い。

 最後は日本人の顔の劣化。江戸時代あたりから金持ちは柔らかいものしか食べないので顎が細く、口腔が狭くなった。今の子供たちはその極端な例だから、「給食を改善して顔を鍛えよう」と著者は訴える。(作家)