菅伸子さんが斬る、永田町-- 日本は結局、自民党?
    「立憲新代表、ベストいないんじゃない」

     菅伸子 鈴木琢磨  


    毎日新聞 2021/11/17 東京夕刊

    
インタビューに答える菅伸子さん。後ろのテレビに映し出されるのは自民党の林芳正氏=東京都三鷹市で2021年11月10日、小出洋平撮影


 「自民党なんですよ、日本は……」。衆院選で議席を死守した菅直人元首相夫人の伸子さん(76)が第2次岸田文雄政権発足の日、ため息交じりに口にした。夫は立憲民主党の最高顧問である。伸子さんはニュー自民党にエールを送りつつ、変わらぬこの国の政治風土に諦めに似た思いを吐露するのだった。

 衆院本会議場で首相指名選挙が始まろうとしていた。10日午後、東京都三鷹市にある菅さん宅の大型テレビが議場を映し出す。コチョウランの香る居間で2匹のネコが寝ている。伸子さん、いきなり結論めいたことを言うのだ。「自民党の補完勢力が日本維新の会、その補完勢力が国民民主党じゃなあって感じもするけど、しょうがない。結局、自民党なんですよ、日本は……」。ずいぶん達観した物言い。「私は岡山の田舎で育ったからわかる。自民党以外に入れたことない人がほとんどみたいなところがまだまだ多いんですよ。うちは〇〇さん、とおしゅうとめさんが言えば、お嫁さんは従う。よくぞ2009年に政権交代できたものね、と思う」


 あれは政権交代の翌年、早くも民主党は試練のときを迎えていた。鳩山由紀夫さんに続いて首相になった菅さんは夏の参院選で大敗する。民主党よ、いずこへ? 一夜、私は「家庭内野党」を自任する伸子さんと神田川沿いの居酒屋で飲んだ。自民党の人材難を「ボロ家」と酷評しながら、たったひとり注目する人物をあげた。「(ボロ家自民党で)すごいのは林芳正さんくらいかなあ」。そう、参院から衆院にくら替えしたばかりの林外相である。この居酒屋インタビューを林さんは参院予算委で取り上げ、まんざらでもなさそうに「ぜひ、奥さまにはよろしくお伝えをいただきたい」と語りかけていたのを覚えている。「アハハ、そうでした」

    
当選を確実にした菅直人氏(奥)とあいさつする妻伸子さん=東京都武蔵野市で2021年11月1日午前0時51分、小出洋平撮影

 その林さんの顔をテレビカメラがアップで捉える。なぜ林さんびいきに? 「宇部つながりなの」。根っからの東京人っぽくみえるが、実は菅さん、山口県宇部市の生まれ、高校1年までいた。「菅さんの姉の高校の同級生に林さんのお母さんの弟がいらしたりしてね。詳しくは存じ上げませんが、きちんとした人でしょうね。人品骨柄卑しからず、語学も堪能、帝王学を身につけてもおられるようですし。ただ一度、どこかでブルーブラッドと口をすべらせたみたいなの。貴族、名門という意味でしょ。自分で言うかって思ったけど」。以前、林さんに取材したとき、体重は90キロと恐縮の体だったのを思い出した。「あかん、あかん、太りすぎ!」


 ウォーウォー、パチパチ。衆院に続き参院での首相指名選挙も終わり、第101代首相に岸田さんが選ばれた。ちらっとテレビを見やった伸子さん、ひと口だけコーヒーをすすり、続けた。「岸田さんはましかなと思っていますよ。やっぱりリベラル、ハト派イメージの宏池会でしょ。安倍晋三さん、菅義偉さんとは違う。憲法をないがしろにせず、かつてのように自民党が抑制的になり、寛容さが戻ればいいんですけどね。岸田さんがアベ・スガ路線から抜け出せるかどうか、さあ、どうなるでしょう。選挙でも心に響く言葉がなかった。どこかで聞いたふうなことをしゃべっているだけで。ひとつぐらい面白いこと言ってみりゃいいのにねえ」

 立憲は大負けしたが、75歳の菅さんはしぶとく東京18区で勝ち残った。相手は自民の長島昭久さん(比例で復活当選)。旧民主党時代の部下。さぞやりにくかったろうと思いきや、そうでもなかったようだ。「楽しかったわ。一回もあいさつにこないのよ長島さん。『ビビリ長島』ってあだなをつけた。私は政治ではなく、選挙が好きなの。小選挙区はボクシング、リングに2人があがって、殴り続けなきゃいけない。小沢一郎さんや中村喜四郎さんが小選挙区で敗れたのはどこか守ろうとしたからじゃないですかね。でも、うちだって相手がフレッシュな若い候補者だったら負けていた。こうわびるつもりでいました。寄る年波には勝てなかった」


 相変わらずの伸子節、ぽんぽん歯切れはいいのだが、選挙で掲げていた<変えよう。>の旗はさっさと片付けられてしまった感すらある。「いろいろ考え込んでしまうわね。同調圧力のこと、付和雷同しないと生きにくい日本社会のこと、とりわけ地方ね。それとこれが日本人の本質なのかな、戦争も原発も人災なのに天災のように受け止めてしまうところ。第二次大戦だって、死んだのは仕方がないんだ、とりあえず弔って、生き残ったものでまたやっていこうみたいな。なぜ死ななきゃならなかったのか、誰が殺したのか追及しない。原発事故があっても、止めようの声が大きなうねりにならない。水に流す。民主主義なるものが、この国に合わないのかなあと疑っちゃう」

 いささかノーテンキな夫をケンカ上等の妻が支えてきた。通算「17戦14勝」だから選挙はめっぽう強い。ずっと掲げてきたのは「参加型民主主義」の小さな旗だった。地域に根ざした運動こそ真骨頂。中央線沿線に広がる生活重視、改革志向の政治風土が幸いもした。いまの立憲にとって政権交代の旗は重すぎたのでは? 「どうでしょうねえ。ただ、日本に2大政党制は無理だなあと思う。アメリカとかイギリスとは違うんでね。いくつかの政党があって、連立を組み替えながら政権を運営していく。北欧はそうでしょ。ドイツも。それができるととってもいいんだけど。09年の政権交代だって、結局は小沢さんが1993年に自民を割っていたからできた。でも、なかなか割れんのですわ、自民というやつは」


 さて、立憲、新しい顔を選ぶときが近づいてきた。来夏の参院選までそう時間はない。「立て直さなきゃね。一応、私も党員だから気にはなる。誰がいるんだろう? ベストはいないんじゃないかな。いまは誰がなっても大変ですから。やっぱり辻元清美さんが落ちたのが痛いわ」。さっきから2匹のネコがのそりのそり。なんでも弘法大師、空海にちなんで「空」と「海」というらしい。年金未納問題が発覚したとき、菅さん、四国のお遍路へ旅立ったことがあった。「ええ。八十八カ所を回り終えたのは首相を退任してからだった。香川・大窪寺で結願(けちがん)し、お祝いに小川淳也さんと玉木雄一郎さんもきてくれた」。小川さんは代表候補に挙がっていますが? 「努力家だけど、地元に帰らなくても選挙区で勝ち続けられないとトップは難しい」

 伸子さんとはいつも飲みながらのインタビューだった。アルコールが舌のオイルとなって愉快痛快、凡百の政治評論家よりよほどおもしろい。「この1年半、毎晩、ごはん、ごはん、ごはんの支度で頭がいっぱいだった。えらい変化でしたわ。飲めない外食なんてありえないからね。おかげで夜は早く寝るようになった。筋トレを兼ねて地唄舞を始めたの。楽しい! あしたお稽古(けいこ)なのよ!」。なかなかの余裕、立憲に足らぬのはこの楽天的パワーではないか。私はケラケラ笑いながら思った。【鈴木琢磨】