(神奈川の記憶:121)

  地域から戊辰戦争を見る
  最前線・横浜、庶民の文書に 

   (渡辺延志)


     朝日新聞神奈川版

 明治150年を記念した「戊辰の横浜」展が横浜市歴史博物館と横浜開港資料館で開かれている。江戸から明治へと社会が大きく転回した戊辰戦争の時期の、横浜市域の社会とそこに暮らした人々の姿に迫ろうとの企画だ。

     *

 歴博の会場は「名もなき民の慶応四年」がテーマ。慶応4(1868)年は江戸時代の最後の年で、正月早々に鳥羽伏見の戦いがあり、3月に江戸開城、5月に上野戦争があり、7月に東京と改称、そして9月に明治と改元する。

 ずらりと並ぶのは村々の人々がつづった文書だ。

 まずは日記類。

 1月3日の鳥羽伏見の戦いの情報が11日には川崎に届いていたことを伝える。

 その戦いで敗れた会津勢が東海道を江戸に向かう様子を鶴見で目撃した記述もある。やりや刀にはさやもなく、刀には紙がまかれた状態で、「今に江戸や横浜に戦争が起こる」との説が流れていたと記している。

 江戸へ向かう新政府軍は大規模で、多くの人馬、食糧、資金を必要とした。それに関する記録も多い。

 展示された記録には「昼食一人分銭百文」「泊一人分金一朱」など食費や宿泊費の基準が見える。村々への賦課は100石につき米3俵・金3両だった。人足を確保するため15~50歳の男性は遠くに出かけることを禁じてもいる。

 そうした徴発や命令の実務を担ったのは地元の武士だった。戸塚~神奈川間を武州金沢藩の米倉氏が、神奈川~品川間を伊豆韮山代官の江川氏が担当した。金沢藩は横浜市域に陣屋を置いた唯一の大名で、新政府軍に恭順すると、兵糧や人馬の調達、宿場の警護などを次々と命じられた。

     *

 開港資料館は「開港都市の明治元年」がテーマだ。

 こちらは手紙の類が目につく。開港場の商人が郷里に出したもので、横浜の様子を伝えている。旧幕府軍の負傷者で横浜が混雑していることを知らせ、同時に「日本第一の太平の地」との文字も見える。横浜はどこよりも安全だという認識を示すものだ。

 背景にあったのは諸外国の勢力。英仏両国は軍隊を駐留させていた。各国は戊辰戦争には中立の立場をとった。新政府と旧幕府を交戦団体と位置づけ、武器や弾薬、兵糧などを売ったり貸したりしてはいけないと各国民に指示している。

 戊辰戦争をめぐる武器の調達というと長崎を拠点とした英国の商人グラバーが知られるが、横浜でも武器の取引は盛んだった。67年に横浜港から輸入された小銃は10万2333丁で、長崎の6万5367丁を大きく上回る。東北諸藩は横浜で武器を調達したようだ。米国で南北戦争(61~65年)が終結し、余っていた武器が流れ込んだ。

 4月には旧幕府が米国から購入した軍艦「ストーンウォール」が横浜に到着。旧幕府、新政府双方が引き渡しを求めたが米国は拒否している。新政府に引き渡したのは翌年のことだ。

 戦争の期間中、横浜の野毛には新政府側の病院があった。英国人医師の6月の報告には「運ばれてくる患者の数は増え続けている」とあり、総数176人のうち126人が会津戦争での負傷者と記されている。

 新政府は前線に野戦病院を設けた。そうした前線に赴任するため医療器具を横浜で調達しようとした医師は「市中ならびに病院とも外科大道具払底」と書き付けている。激しかった戦いを物語る。

 9月になると仙台藩が降伏し、会津も落城。10月には神奈川県知事が横浜の各国代表に会津藩の降伏を知らせた。「何人かの表情が曇った」と立ち会った一人は日記に記録していた。

 横浜は様々な面で戊辰戦争の最前線だった。そうした当時の事情が二つの会場の展示から浮かんでくる。よく集めたと感心するが、3年がかりの調査・研究の成果だという。「思っていた以上の資料が見つかりました」と歴博で担当した学芸員の小林紀子さん。

 開港資料館の吉崎雅規さんは「東北や九州など各地に残っていた資料から当時の横浜の姿に迫ることを目指しました」と語る。

 見慣れた英雄の名前はどこにもない。展示の中心は見栄えしない文書類だが、学芸員たちの地道な調査・研究の成果だ。戊辰戦争を地元の視点から描こうという野心的な企画。地域の博物館が果たすべき役割の一つの到達点ともいえるだろう。開催は歴博(市営地下鉄・センター北駅)が9月9日まで。開港資料館(みなとみらい線・日本大通り駅)が10月28日まで。(渡辺延志)