(神奈川の記憶:96)

  横浜弁護士会と横浜裁判 
  戦犯が伝える戦争の実像 

   (渡辺延志)


     朝日新聞神奈川版

 1947年1月28日、横浜弁護士会は臨時総会を開いた。敗戦による社会の混乱は深く、2月1日にはゼネストが計画されているという情勢下のことだった。

 案件は横浜地裁で進行していた横浜裁判への対応だった。B・C級戦犯を対象に米軍が45年12月に始めた軍事裁判で、審理が急拡大する段階を迎えていた。

 飛鳥田喜一会長は「戦争犯罪の弁護は、全日本弁護士の名誉にかけて遂行すべき大事業」と呼びかけた。

 その結果、全会員が義務として横浜裁判の弁護に当たることを決めた。

 政治指導者や軍首脳を中心にA級戦犯28人が訴追され7人が死刑になった東京裁判に比べ注目されることの少ない横浜裁判だが、規模ははるかに大きかった。

 始まったのは東京裁判より5カ月早く、終わったのは11カ月遅かった。その間に331の事件で1039人が起訴され、123人に死刑が言い渡され、51人の刑が執行された。終身刑は62人で、有期重労働は670人で最長は50年だった。一方で145人が無罪となった。

 横浜弁護士会には当時118人が所属。うち43人が弁護を引き受けた。横浜は空襲の被害が大きく、住まいや事務所を失った弁護士も多かった。業務が可能だった弁護士がこぞって参加したものと見られる。

     *

 横浜裁判で問われたのは〈通例の戦争犯罪〉。捕虜の虐待が多く、ドラマや映画になった「私は貝になりたい」はよく知られる。大岡昇平の「ながい旅」や遠藤周作の「海と毒薬」など、横浜裁判で審理された事件に題材を求めた小説も数多い。

 だが「実態はよくわからないのです」と間部俊明弁護士(72)は指摘する。「裁判の内容が判明している例は限られています」。起訴された人数でさえ異説があるという。

 判決理由が示されないなど通常の裁判とは仕組みが違っていたこともあるが、日本側の問題も大きいという。昭和30年代に法務省が〈調査〉と称して裁判に参加した弁護士に資料の提出を求めたが、集めた資料は公開しなかったという。「〈情報狩り〉のようなもので、何も語れなくなった」と間部さんは語る。

 横浜弁護士会は1996年からこの裁判の研究に取り組んだ。憲法施行50周年の記念事業として、先人の事績を明らかにしようとの狙いで、その活動の代表が間部さんだった。

 プロジェクトは6年にわたり、その間、情報公開法が2001年に施行され、記録は公開されるようになったが、肝心な部分は黒塗りが多かった。

 その壁を破ったのは裁判を経験した桃井けい次弁護士(1914?2000年)が手元に残した記録や手紙だった。間部さんらの呼びかけで研究にも参加した。

 そこから浮かび上がったのは〈戦争の実像〉だったと間部さんは考える。

     *

 シンボル的ケースとして戦争も末期の45年6月20日に福岡市で発生した捕虜処刑事件をあげる。撃墜されたB29爆撃機の搭乗員8人を斬首で処刑したとして4人が起訴された。

 そのうち1人の主計大尉の弁護を桃井さんが担当した。主計は会計や総務を担当する軍の非戦闘部門で、罪に問われた大尉は召集され軍の仕事をしていた。

 処刑の途中で大尉は処刑場に現れ、志願して刀を借りて捕虜を斬首した。

 その処刑が軍律会議を経ていなかったことも罪に問われた。現場には法務責任者の少将らも立ち会っており、「法的手続きを経ていないとは知らなかった」と主張したが、大尉には絞首刑の判決が言い渡された。

 実は前夜に福岡市は大空襲を受け、大尉は母親を亡くしていた。

 「戦争の悲惨な現実を追及したのが横浜裁判」と間部さんは考える。そのうえで、この裁判に今日こそ注目するべきだと呼びかける。「改憲が盛んに語られ、9条が焦点になっていますが、重視するべきなのは前文です」

 前文にはこうある。

 ――政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを決意し――

 「〈戦争の惨禍〉とはどのようなことなのか。その議論を抜きに憲法を変えていいでしょうか。罪に問われた大尉は、東京の大学を出て小さな子どものいる父親でした。そんなことをするはずがない人でした。加害と被害が連鎖する――実にやりきれないが、それが戦争であり、戦争の惨禍だった。だからこそ〈戦争をしない国〉をつくると憲法で誓ったのでは」

 桃井弁護士らの懸命の活動で大尉は処刑を免れた。多くの資料を法務省に提出した桃井弁護士だが、この裁判の記録類は保管していた。何か特別な思いがあったのだろうと思わせる。(渡辺延志)

 【写真説明】

横浜裁判は接収された横浜地裁で行われた。被害を訴えた人への反対尋問が認められないなど、被告には厳しい条件での裁判だった=1945年12月

間部俊明弁護士。「戦争で何があったのか。この国は何をしたのか。改憲が議論される今こそ、横浜裁判に目を向けることの意味は大きい」と語る=横浜市中区