平成30年10月14掲載

横浜裁判と捕虜収容所

(渡辺延志)

2018.12.15 2018.12.22朝日新聞神奈川2判

横浜裁判と捕虜収容所:上
2018.12.15 朝日新聞神奈川2判

■虐待問われ49人に死刑判決
 みなとみらいは横浜を代表する観光スポット。年の瀬を迎え一段と華やぎとにぎわいを増している。
 空を突くランドマークタワーの足元に残るドックヤードガーデンは、かつてここに造船所があったことを伝えている。だがその造船所で働かせた捕虜を虐待したなどとして、捕虜収容所の所長らがBC級戦犯を裁いた横浜裁判で罪に問われたことは知らなかった。判決は所長ら3人が死刑、1人が終身刑で、3人が30年~15年の重労働刑だった。

 何があって、何が問われたのだろう。横浜裁判に詳しい間部俊明弁護士に尋ねると、「詳細はよく分からないのです」という。

 それはこの収容所の事件だけではないという。間部さんたちの研究によると、横浜裁判では331件の事件で1039人が起訴され855人が有罪になった。123人に死刑の判決が言い渡され、51人の刑が執行された。死刑判決のうち49人は捕虜虐待に問われた。

 だが「内容が明らかになっている事件は10件にすぎないのです」という。

 ***

 なぜ実態が不明なのか。米軍による軍律裁判で、判決は言い渡されたが判決理由は示されなかった。弁護側の資料は法務省が回収してしまい、多くの死刑を出した裁判に弁護士たちの口は重かったという。

 手がかりがあると教えてもらい、まず国立国会図書館の憲政資料室を訪ねた。米国に残る裁判記録をマイクロフィルムに収め持ち帰っていると聞いたからだ。

 死刑になった横浜の捕虜収容所の初代所長に限って資料を探した。さほどかからずたどりついたが7千~8千ページはありそう。基本的にすべて英文のようだ。

 証拠の類が多いはずだとにらんで、裁判の骨格部分に限定しようとしたが、それでもざっと2千ページ近くあることが分かった。

 立ちすくむ思い。軽い気持ちでは手を出せない。

 それならばと外務省の外交史料館に転戦した。横浜裁判の傍聴記録が残っていると教えてもらったからだが、請求した資料が出てくると、当惑するしかなかった。日本語の記録だが、人名がすべて墨塗りされている。どの被告の記録なのかさえ特定が難しい。

 実態が不明なまま時が過ぎた背景が見えてきた。

 A級戦犯を対象とした東京裁判は1948年11月12日に判決が言い渡された。日米開戦時の首相だった東条英機ら死刑判決を受けた7人の刑は12月23日に執行され、横浜市西区の久保山で火葬された。今年は70年に当たるが、社会の関心は薄い。だがBC級戦犯の横浜裁判となると、注目されることはさらに少ない。そうした社会的雰囲気も大きいと間部さんは指摘する。

 ***

 困難な状況を突き破ったのは笹本妙子さんと田村佳子さんの研究だ。ともに1970年代に横浜市に転居し、保土ケ谷区にある英連邦戦死者墓地に関心を持った。多くの若者が葬られていることに驚き、なぜ亡くなったのかを調べてきた。

 たどりついたのが捕虜収容所の存在だった。2人の調査によると、横浜の造船所で使役するための収容所は1942年11月、神奈川区橋本町に開設された。現在の中央卸売市場青果部の一帯。当時は倉庫街で周囲を運河に囲まれていた。当初の収容者は493人。米兵はフィリピンで、英兵はシンガポールで捕虜になった人が多かった。

 この収容所での死者は54人に上る。国別では米国33人、英国16人、オーストラリア3人、オランダ1人、ノルウェーが1人。

 死因では脚気、肺炎、栄養失調が目立つ。複雑骨折という死因も見える。「捕虜の証言によると〈東京地区で最悪の収容所〉とされています」と田村さん。

 労働は1日10時間で、休みは月に2回だけ。マラリアや赤痢などの重い病気でも容赦なく仕事に出され、重労働を強いられた。病人が増え働ける人が減ると、病室から追い出したり、暴力を加えたりした。マラリア患者の食料は一般捕虜の6分の1に減らした。

 「収容所では暴力が日常化し、ささいなことで厳しい懲罰を加えられました」と笹本さん。

 2人の案内で英連邦戦死者墓地を歩いた。横浜の収容所で亡くなった人の墓を教えてもらった。年齢が刻まれている。22歳、21歳、28歳……。若者が多い。

 「ガールフレンドもいたでしょう。妻や子のいた人もいるでしょう。なぜこのような墓地が日本にあるのか。誰も教えてくれませんでした。語られるのは被害者としての戦争の記憶ばかり。日本は捕虜に何をしたのか。説明しても誰も関心を持ちません」

 調査を始め44年になった田村さんが思いを語ってくれた。そして「この沈黙は何なのでしょう」と。
(渡辺延志)



横浜裁判と捕虜収容所 下
県内15施設で214人犠牲
「残忍非道」「暴虐凶行」と指摘
2018.12.22朝日新聞神奈川2版

 B・C級戦犯を裁いた横浜裁判は一審制だったが、判決後に「確認」という作業があり、減刑されることがあった。54人の捕虜が死亡した、いまの傾浜のみなとみらいの場所にあった造船所の掃虜収容所の関係では、3人に死刑判決が言い渡されたが、うち2人は減刑された。

 死刑が執行されたのは初代所長1人。その判決時の傍聴記録を横浜市の笹本妙子さんは外交史料館で見つけた。墨塗りが多いが、問われた罪状が見える。

 それによると、1942年11月から43年6月まで所長をつとめた。年齢は32歳で階級は大尉とある。

 起訴理由には「戦争法規並びに慣習に違反し残忍非道なる暴虐行為その他の犯行を加え」「暴虐凶行その他の犯行を加えるを許容」するなど「掃虜収容所長としての職責を不法にも無視し怠った」とある。

 そのうえで、不潔かつ健康上不適当なる諸設備の存在を許容▽暖房及び入浴設備を設置せず▽充分な食糧及び被服を給与せず---などのため捕虜多数が病気や死亡に至ったとある。

しさらに捕虜の虐待を列挙している。「李病中の捕虜を暴虐かつ痛烈な打擲(殴る)をさせ死亡させた」「入院させることを拒否し死亡するに至った」「意識を失うまで打擲し、何の医療も施さず、造船所で労働させたことにより死亡させた」「暴虐かつ痛烈に打擲し、また日本兵4人に打擲させ死亡させた」

 証拠の証言も多い。死に至る虐待が行われたことは疑いのないことのようだ。

 それはここだけではなかった。笹本さんと田村佳子さんはPOW(戦時掃虜)研究会に参加し捕虜収容所を調べてきた。日本国内では敗戦までに3500人の捕虜が死亡していた。県内では東京捕虜収容所の分所や派遣所として15の施設が確認できた。そこでの死者は計214人にのばる。みなとみらいの造船所の54人が一番多いが、川崎や鶴見の施設では47人、44人、23人が亡くなっていた。死者のいない施設は四つだった。

 死者が47人だった川崎の分所ではうち22人が、44人が死亡した鶴見の施設ではうち31人が空襲の犠牲だった。捕虜は防空壕に逃れることができなかった。同じ工場に動員された日本人の証言によると「捕虜は機械の下などに隠れたが、防空壕から戻ると肉片になっていた」という状況だった。

 ***

 そうした研究の結果はPOW研究会のホームページで見ることができる。

 大船にあった収容所は情報収集を目的とした海軍の施設だった。ここでの死者は複雑骨折、膀胱破裂、脚のやけど、肉体疲労など拷問を思わせる死因が並ぶ。

 横浜裁判といえば「私は貝になりたい」を思い浮かべる人は多いだろう。召集された平凡な床屋さんが、戦犯に問われ死刑判決を受ける物語だ。1958年にフランキー堺の主演でテレビドラマとなり、2008年には中居正広を主役にリメイクされた。世代を継いで共感を得ているようだ。

 そこで描かれたのは、命令に従った下級兵士が、不当にも戦争犯罪の責任を負わされたという姿だった。

 POW研究会の田村さんが横浜市の英連邦戦死者墓地の近くに転居したのは1974年。以来、捕虜の問題を調べ続けた。同時にこの墓地を訪れる元捕虜や遺族との交流を重ねてきた。遠い異国の地で無念の死を遂げた捕虜たちの姿。変わることない遺族の悲しみを知った。教えられることのなかった加害者としての日本人の姿も知った。

 横浜裁判は、命令を受け捕虜虐待などを実行した者たちの責任を問うものだった。「私は貝になりたい」のように「命令だった。仕方ない」との思いが日本の戦後社会を通じ生き続けることができたのは、具体的に何をしたのか、加害の事実が不鮮明だったからではなかったのか。

 ***

 笹本さんは捕虜の手記を入手し読んできた。横浜の捕虜収容所で過酷な経験をした米国人将校はたびたび火葬場に通い、目撃した横浜の様子を記していた。以下は笹本さんの翻訳。

 子どもをおぶった若い女性が道路で警察官に殴られていた。平身低頭し謝ったが、突き飛ばされた。「こちら側にいる我々と、向こう側の母親とは同じような立場だった。虐待され、孤独であり、いじめっ子にあふれた世界の犠牲者だ」

 人々の姿も記している。

 「彼らは軍隊を怖れている。衣服は粗末で貧しそう。自分の国がなぜ戦争をしているのか理解しておらず、生活を軍隊にコントロールされている」

 目をそむけたり、忘れたりしたのは収容所の中での出来事に限ったことではないのだろう。

 弁護士の間部俊明さんは横浜裁判の詳細を調査することが必要だと考える。

 「この裁判には、日本国憲法の前文が示した(戦争の惨禍)が凝縮されているのです。二度と繰り返してはいけない(戦争の惨禍)とはどのようなことだったのか。憲法改正が議論されている今こそ、はっきりとさせなくてはいけません」      (渡辺延志)