(神奈川の記憶:108)

  維新期に登戸で誕生した丸山教
   開化を批判、現世の幸福追求 

   (渡辺延志)

     朝日新聞神奈川版

丸山教、揺らぐ社会に浸透 

 川崎市多摩区の丸山教本部からは門外不出だった多くの資料が提供された。今日では知る人も少ない丸山教だが、社会体制が大きく揺らいだ明治初年に誕生し、大正にかけて関東、東海地方で大きな勢力を誇った。明治中期の教団資料には信徒総数138万人とある。その教義と盛時のにぎわいを伝える資料群だ。

 江戸時代に広まった富士信仰から発展し、富士山=太陽神を根本神とし、この世界の万物はその分身として生まれたと教えた。そして文明開化を否定した。その教えが広まった背景を考えると、近代化の過程で庶民が抱いた思いや不安が浮かび上がる。

 富士信仰とはどのようなものだったかを示す資料も展示されている。県内でただ1人となった「先達」の斉藤義次さんの提供。

 先達は富士信仰の行者で指導者。横須賀在住の斉藤さんは、三浦富士などを舞台に活動した。盛んだった時期の祭りの映像も上映されている。

 年内の展示は27日まで。年明けは1月5日に再開し、6日午後1時から講座「関東学院のコベル宣教師とその時代」がある。対米戦争へと向かう過程を地域社会から考えてみたい。

 (渡辺延志)




維新期に登戸で誕生した丸山教
 開化を批判、現世の幸福追求


 江戸へと向かった1868(慶応4=明治元)年の新政府軍の隊列に、登戸村(川崎市多摩区)の伊藤六郎兵衛は助郷の一人として駆り出された。数え40歳と若くはなかったためか、兵器や兵糧ではなく、幕を担いだと伝わっている。

 その帰り道、政治の混乱のため不安のどん底にいる地域の人々を思い、六郎兵衛は「窮状を救う本当の神様を探さなければ」と決意した。世情不安、人心荒廃からの救済を願い修行に打ち込んだ。70年、病気の妻の回復を祈っていると神のお告げがあり、信仰に専念する。今日では知る人も少ないが、明治期に東日本で勢力を誇った教団のそれが始まりだった。

 丸山教である。

     *

 体制が転換し社会が大きく揺れ動いた江戸末期?明治期には、多くの宗教が誕生した。天理教、金光教、黒住教など神道系が多いのが特徴で信者を集めた。丸山教もその一つだった。

 登戸の貧しい農家に生まれた六郎兵衛は、14歳の時から隣村の農家に住み込み作男として働いた。勤勉さが認められ、24歳で伊藤家の婿となった。相当の田畑を持ち酒類の商売もする比較的豊かな家だった。懸命に働いた。富士講の一つの丸山講の信仰が日々の支えだった。そうした日常の中から丸山教は生まれた。

 一昨年亡くなった民衆思想史の第一人者、安丸良夫さんの研究によると、丸山教では富士山=太陽神を根本神とし、この世界の万物はその分身として生まれたもので、とりわけ人間は尊く貴重な存在だと考える。仏教の来世思想や呪術的な民間信仰を批判し、現実に生きる人間の平穏と幸福こそが理想郷だと説いた。

 当初は弾圧を受けたが、神道の一派に属することで社会的に認知され急速に勢力を拡大。79年に相模川の河原で式典を行うと3万8千人が集まり、80年には多摩川の河原に10万人が集まったと教団がまとめた教祖伝は記している。

     *

 その後、教団はさらに拡大する。92年の組織図には神奈川、静岡、長野を中心に50を超える教会があり、信徒総数は138万人とある。実態は知りようもないが、当時の日本の人口は約4千万人であり、相当な勢力だったのは確かだろう。

 信徒を集めた背景には経済の混乱があった。81年に大蔵卿になった松方正義の緊縮政策による「松方デフレ」で、米や麦の価格は数年で半値以下になった。生糸や茶の相場も暴落した。農家にとっては大打撃で、「神奈川県史」は「歳入の3分の2を失った」と窮状を記している。そこに重税がのしかかり、さらには農民の窮状を食い物にする高利貸が横行する。

 84年には農民騒擾(そうじょう)が相次ぐ。借金の延納、利子の減免などを求め自然発生的に始まり、武相困民党という農民組織に発展する。

 丸山教の信者は農村不況が深刻な地域で増えた。開港以来の経済基盤の変動にようやく対応したところを襲われた大苦境だった。

 85年から丸山教は「天明海天」を唱え言葉とした。神と人間が一体となった平穏で清良な境地で、「文明開化」に正面から対立する概念だと安丸さんは分析したうえで、「激烈な近代化の渦中で没落してゆく広汎(こうはん)な民衆の批判と憤りと怨嗟(えんさ)を代弁している。つらぬかれているのは文明開化=近代化過程にたいするトータルな拒絶・批判である」と指摘している。洋服・洋食・新暦はいけない、近代的な医薬は外国人にしか効かないと説いた。

 熱心な信者を集めたが、その熱心さが教団にとっては逆に作用した。財産をすべて寄進するといった行為が社会的な指弾を浴びた。苦しむ民衆が願ったのは、教祖による「世直し」だったが、体制側にとっては看過できないことだった。

 六郎兵衛は94年に亡くなった。しだいに教えは穏やかになったが、丸山教教務本庁の八木正事務長は「信者にとっては魅力が薄れることだったでしょう」と考える。教勢が陰り始める。「天理教などに比べると、農民主体の集まりだった丸山教には組織化の意識が薄かったことも影響したのでは」と八木さん。現在の信者は1万人ほどだという。

 小田急線・向ケ丘遊園駅近くの丸山教本部は六郎兵衛の自宅から発展した。施設を見せてもらうと、教えを示すとして置かれているのは石臼や熊手など農民の日常にあったものばかり。

 「天下泰平五穀成就」を理想の世界とした丸山教を「農耕労働神聖観の思想」と安丸さんは位置づけた。実践道徳の性格も強い。懸命に働けば収穫の恵みと平穏な生活に至ると信じたかった。それが民衆の多くにとっての明治維新だったのだろうと思わせる。(渡辺延志)

 【写真説明】

丸山教本部の施設図。参拝者への土産として明治20年代に作られたものらしい=いずれも丸山教教務本庁蔵

教祖が亡くなり30年の式典を伝える絵はがき。1923年春に登戸の本部で盛大に行われたが、その年9月の関東大震災で主要な施設は倒壊した

丸山教を開いた伊藤六郎兵衛。文明開化を否定し、「生き神様」として信仰を集めた