(神奈川の記憶:106)

  戊辰戦争:上
  近づく江戸総攻撃 続々と新政府軍、緊迫の村々 

   (渡辺延志)

     朝日新聞神奈川版



 戊辰戦争で最大の山場となるはずだった江戸の総攻撃は慶応4年3月15日に開始の予定だった。新暦では1868年4月7日に当たり、春らんまんの今の季節のことであった。

 「戊辰戦争に神奈川の県域は無関係と思う人が多いかもしれませんが、西郷隆盛と勝海舟の会談で江戸城の明け渡しが決まったのは総攻撃前日の14日。緊迫した情勢の中、新政府軍の主力部隊は臨戦態勢で東海道を進軍し、大がかりな後方支援が必要でした」

 そう説明する小林紀子さんは横浜市歴史博物館の学芸員。地域の人々が戊辰戦争にどう関わり、どう見ていたのかを知りたいと文書や日記を読み続けてきた。

     *

 具体的な状況を追ってみよう。日付は旧暦である。

 正月早々だった鳥羽伏見の戦いの後、新政府軍は東海道、東山道、北陸道の3方向から江戸へ向かった。東海道軍では先遣隊が3月1日に箱根を越え小田原に入った。11日には薩摩藩の部隊が多摩川を渡り、12日に薩摩の支藩の佐土原藩が神奈川台場を押さえた。13日に岡山藩が上丸子村に、14日には尾張藩が溝口村に入った。どちらの村も現在は川崎市で、近くに多摩川の渡船場があり、見張り場が設けられた。

 江戸攻撃のために兵士に加え武器や弾薬、兵糧が東海道を運ばれた。

 宿駅ごとに一定の人馬を配置し、リレーして運ぶのが江戸時代の陸運システムだった。人馬が足りないと近隣の村から徴発する〈助郷(すけごう)〉で補った。新政府軍もこの制度を用いた。

 戸塚宿の助郷だった鍛冶ケ谷村(横浜市栄区)の記録は、その規模の大きさを伝える。先鋒(せんぽう)総督の隊列は通過に3日かかり、薩摩533人、長州258人、尾張1140人など12藩が記され総計5500人にのぼる。「他の藩もあったが分かりかねる」との記載もあり実態はさらに大きかったようだ。

 この通過に動員された助郷は人足2千人に馬400頭。宿駅ごとに同様の規模が集められたのだろう。

 市場村(横浜市鶴見区)では新政府からの通達が記録されていた。こちらは川崎宿の助郷。「通行の間は15歳から50歳の男はよそへ出かけてはいけない」「村ごとに高100石につき金3両を差し出せ」「高100石につき3俵の白米を用意し、要求があればすぐに差し出せ」などの内容だ。

 将軍家茂の上洛(じょうらく)や長州征伐の軍勢など大規模な隊列が幕末には何度も往来していたが、新政府軍にはいくらか違いがあった。

 王禅寺村(川崎市麻生区)は毎日12人の人足を神奈川宿に差し出した。徳川将軍家ゆかりの増上寺領だった王禅寺は、それまで助郷を免除されていた。新政府軍は旧来の慣習にとらわれることはなかった。

 「広い範囲の村々の人馬と資金、物資がなくては新政府軍の進軍は成り立たなかった」と小林さんは指摘する。様々な物が徴発されたようだ。池上新田(川崎市川崎区)など多摩川沿いの村は、新政府軍幹部が宿泊した池上本門寺(東京都大田区)に寝具を届けるよう命じられた。助郷の負担が過重だとして減免の嘆願書も残っている。

     *

 臨戦態勢だったのは東海道沿道だけではなかった。綱島村(横浜市港北区)は東海道と中原往還を結ぶ道筋に当たるが、3月半ばから半月ほどの間に村内22軒の家で岡山、尾張、長州などの藩士計2143人が宿泊、2036人が休憩していた。見張り場を設けた多摩川の渡船場への中継地点だったようだが水や灯油、炭などは村の負担だった。

 当時の雰囲気を伝えるものとして落書がいくつか記録されている。

 「錦旗(きんき)勅命丸 人倫の道を失い世を乱す妙薬 価高百石に付き白米三俵 金三両人足十五人」

 架空の薬にかこつけて新政府軍の徴発を揶揄(やゆ)している。さらに「今度新たに薩長土の三悪を加味し、表に攘房の箔(はく)を懸けて、裏に奸謀(かんぼう)の毒を流し、苦々しく調合致し候ゆえ、とても永続はこれなく、当分の内御非道申し上げ候間、何卒(なにとぞ)忠勇義胆の諸君子仰合され、速やかに御誅罰(ちゅうばつ)の程(ほど)願い上げ奉り候」と続く。

 新政府軍への批判的な視線を伝えている。「この地域の村の有力者は江戸の支配層と近い関係にあり、幕府寄りの人が一定数いたようです。平和のうちに江戸は開城したというイメージがあるかもしれませんが、社会も人々も大きく揺れていました」と小林さん。

 体制が転換するという社会の大変動を地域の視点から振り返ると知らなかった歴史が浮かんできたが、どことなく米軍が上陸した1945年夏の神奈川の姿にも重なって見える。(渡辺延志)

 【写真説明】

「大総督東下之図」(部分)。東征大総督有栖川宮の隊列が江戸へと向かう姿を描いた巻物で全長8メートル68センチ。藤沢宿の名主の息子で数え15歳だった堀内郁之助の作と伝わる=藤沢市文書館寄託「堀内家文書」

先鋒総督軍が通過した時の戸塚宿の様子を伝える鍛冶ケ谷村の記録。動員された人馬の数を記している。「二日目」に「尾州様」「紀州様」、「三日目」に「備前様」「肥後様」とあり、最後に「御勅使様」の文字が見える=横浜市歴史博物館寄託「小岩井家文書」



(神奈川の記憶:107)

  戊辰戦争:下
  抗戦に向かう旧幕府勢力 彰義隊など資金求め村々に 

   (渡辺延志)



 慶応4年4月11日(新暦1868年5月3日)に江戸城は新政府軍に明け渡されたが、旧幕府勢力が簡単に引き下がったわけではなく5月15日に彰義隊の上野戦争に至る。現在の感覚からするとその間は1カ月ほどに見えるが、この年には旧暦ならではの閏(うるう)4月があり、5月15日は新暦では7月4日であり、緊迫状況は2カ月にわたり続いた。

 神奈川の県域はどのような様相だったのだろう。引き続き横浜市歴史博物館の小林紀子さんに聞いた。

     *

 「新政府軍にとっては江戸に入る前の重要拠点でした。一方、旧幕府勢力の動きが現れるのは江戸城引き渡しの後のことです」

 長尾村(川崎市多摩区)で、しょうゆ醸造業を主としていた鈴木藤助の日記をもとにたどってみよう。長尾村は幕府領で現在の生田緑地の付近である。

 彰義隊関係者が初めて登場するのは閏4月26日で、村にやって来て資金を要求した。その額は6千両。村の有力者6人で相談し、計100両を出すことにして藤助は16両を割り当てられた。とりあえず40両を集めて28日に藤助の息子が江戸まで届けた。新政府軍への米の供出を理由に負担を拒否する人がいたことも記されている。

 5月10日には「残金を差し出せ」と彰義隊から督促の手紙が届く。11日にもまた督促状。12日に村の名主が江戸まで持参したが、金額は記されていない。

 「江戸城を失った旧幕府勢力にとって、江戸周辺の地域は新政府軍に対抗するための資金や物資の補給源でした」と小林さん。

 旧幕府勢力は彰義隊だけではなかった。

 5月1日には仁義隊からの呼び出しが届く。藤助は仁義隊に10両を出した。6日には報恩隊から米30俵を要求される。報恩隊に藤助は結局25両を届けた。12日には純忠隊からの呼び出しを受けている。

 その間に2日には、彰義隊士を名乗る男が現れ、家ごとに1両を要求。だが、偽の彰義隊と発覚。村人によって制裁された。

 「戦闘こそありませんでしたが、村々の日常に戦争がやってきたといえるでしょう」と小林さん。民衆にとっての戊辰戦争が見えてくるが、「それが庶民全般の姿や見方だと考えるわけにはいきません」とも。

 横浜や横須賀は新政府側がいち早く掌握したので、旧幕府側が活動できる範囲は限られ、地域により事情は大きく異なるという。

 さらに注意が必要なのは当時の社会状況だ。

     *

 1866年には各地で打ちこわしが発生した。生活に困った人たちが米穀商などを襲ったもので、背後にあったのは物価の高騰だった。幕末の社会は大きく揺らいでいた。

 59年に横浜が開港すると外国人が買う生糸や茶などの値が上がり生産が盛んになったが、一方で薪や炭は生産が減った。そこに凶作が重なった。開港後9年間で江戸の物価は米が3・7倍、油が4倍、紙が3・4倍になっている。

 外国との貿易は経済構造に変動をもたらし、大きな利益を得る人が出る一方、生活に困窮する層を生み出していた。「神奈川県史」は藤沢と川崎での打ちこわしを紹介している。

 打ちこわしで最大だったのは埼玉の「武州世直し一揆」で、3千人が参加し、商家のほか豊かな農家が襲われ、300軒もが被害に遭ったとされる。

 67年には「ええじゃないか」が広がる。藤沢や横浜でも神仏のお札が降り、興奮状態を呼び起こしたと伝わる。実態は不明だが、同時に広まった風説は「買い占めていた米屋が火事で焼けた」など貧困者の願いに沿ったものだった。

 「藤助には安定的生活と地位があり、その立場を守る意識があったでしょう。一方で生活に困った人もいたでしょうし、社会変動を契機に立身を目指した人がいた地域もあったようです」と小林さん。立場によって、この内戦に寄せる視線は違っていた。

 そうした違いをよく示すのが川崎宿と綱島村を拠点に編成された農兵隊だ。母体となったのは寄場(よせば)組合。領主による境界を越え近隣の村々を横断して幕府が結成させた組織で、幕府の治安維持や警察活動に協力し下支えする役割を担っていた。農兵隊は弾薬や訓練費用は自己負担で、豊かな農家の子弟が参加した。「武州世直し一揆」では物価騰貴の元凶だとして横浜を目指す動きもあり、その道筋に当たる地域の豊かな農民が武装した自衛組織という性格があった。

 グローバル化の波により社会基盤が揺らぐ中、新政府と旧幕府という構図に加え地域社会内でも矛盾が顕在化していた。そして戊辰戦争はさらに北陸、東北、北海道へと展開する。(渡辺延志)

 【写真説明】

「大総督東下之図」(部分)。錦の御旗を掲げ、有栖川宮東征大総督が藤沢に到着したのは4月12日で、江戸城が明け渡された翌日だった=藤沢市文書館寄託「堀内家文書」

月岡芳年「東叡山文珠楼焼討之図」。彰義隊と新政府軍の上野での戦いを描いた浮世絵=横浜市歴史博物館所蔵