入社後数年広がる差
管理職志向女性、男性の半数

    国立女性教育会館調査


     2019年9月2日毎日新聞



 入社から数年で、管理職を目指す意識の男女善が広がる傾向にあることが、独立行政法人「国立女性教育会館」(埼玉県嵐山町)が実施した追跡調査で浮かび上がっている。


     82・9%対43・3%


 今年5月に発表した、入社4年目の男女を対象とした調査で「管理職を目指したい」と答えた男性は47・6%。女性は約3分の1の12・8%にとどまった。「どちらかというと目指したい」との回答を合わせても男性82・9%に対し「女性は約半分の43・3%だった。

 同じ採用形態の男女で、意識の違いが表れる背景には何があるのだろうか。

 それを探るため、アンケートでは「管理職を目指したくない」「どちらかというと目指したくない」と回答した男女に、その理由を複数回答で尋ねた。


     女性は両立困難
     男性は仕事量増


 女性で最も割合が高かったのは「仕事と家庭の両立が困難になるから」の67・7%。次いで「責任が重くなるから」(47・6%)、「自分には能力がないから」(42・7%)、「仕事の量が増えるから」(35・4%)-----などと続いた。

 男性の最多は「仕事の量が増えるから」の46・9%で、これに「責任が重くなるから」の42%が続いた。女性では最も多かった「仕事と家庭の両立が困難になるから」は32・1%にとどまり、性によって固定的な役割分業を強いる社会構造はなお根強いことをうかがわせた。


     「働き続けるか」
     10ポイント超える差に

 アンケートでは「結婚したり子どもが生まれたりしても今の会社で働き続けたいと思いますか」とも質問。

 女性は「続けたい」と「どちらかというと続けたい」という回答を合わせて69・8%。これに対して男性は80・4%で、ここでも10ポイントを超える差が表れた。特に「続けたい」との回答だけを比べると、女性34・6%に対し、男性は56・4%で、より大きな差があった。

 さらに「続けたくない」「どちらかというと続けたくない」と答えた男女に、その理由を複数回答で聞いたところ、女性は最多の66・1%が「職場や仕事の状況から働き続けるのは難しいだろうから」を選択。これを選んだ男性が25・4%にとどまっているのとは対照的な結果だった。


      上司や職場の
      期待が励みに

 調査を担当している国立女性教育会館の研究員、島直子さんは「他の質問への回答を踏まえると、上司が熱心に育成してくれたり、職場からの期待を感じたりしている女性は管理職志向を維持できる傾向がはっきりと浮かび上がる」と説明。「逆にいうと、男性に比べ、女性にはプレゼンテーションやリーダーシップを伸ばす教育をしっかりと行わないせいで鍛えられず、管理職に就く自信もつかないというサイクルに陥っている」と指摘している。