世界の真ん中って、どこ?

  伊藤智永


     毎日新聞 2022/10/29 東京朝刊
   

土記

 大国の指導者たちが示し合わせたように、よく似た標語を唱えるのはどういうからくりだろう。

 「中華民族の偉大なる復興」

 「アメリカを再び偉大に」

 「大ロシアの再生」

 いずれも偉大なものに憧れ、昔を懐かしみ、そこを目指せと号令しているが、それがいつの、どういう状態を指しているのか、実はよく分からない。その偉大な国は実在したのか。いくつかの時代の高揚した場面を貼り合わせたユートピアを掲げているのか。

 専門家の解説もあやふやなのに、多くの人が勝手なイメージを思い描き、何となく分かったような顔をして、支持したり、服従したり、反発したりしている。


 あげくに、議会を襲撃し、兄弟国にミサイルを撃ち込み、意見の違う人々を黙らせる。影響は世界中に及び、「偉大な国」と関係ない人たちまで、感染症や物価高、異常気象、ニセ情報、軍事衝突の不安におびえて暮らす。

 習近平氏の「中国の夢」は、漢や唐、「鄭和(ていわ)の大遠征」があった明の王朝を連想させるが、どれも時代が飛びすぎる。「中華民族」は清朝末、20世紀に現れた西洋由来の概念だ。ところが、この雑なつぎはぎを元に「社会主義現代化強国」の夢を、14億人があと10年追い続けるという。


 トランプ氏の「MAGA」は、1980年の米大統領選でレーガン陣営が用いた標語の使い回しである。念頭にあるのは、ベトナム戦争や米国経済が陰る前、理想にあふれた50年代か。46年生まれのトランプ氏には甘い記憶かもしれないが、その後、長い苦悩と幻滅、不信と分断をくぐった今日の米国からは、あまりに遠い。

 ウクライナ侵攻前に歴史論文を発表したプーチン氏の「大ロシア主義」も、とらえどころがない。ピョートル大帝やエカテリーナ2世を尊敬し、ロシア帝国に取って代わったソ連の消滅も惜しむ。要は「帝国」大好き。それをユーラシア主義と称するらしい。


 負けてはいられない、と登場したのが「日本よ、世界の真ん中で咲き誇れ」「日本を取り戻す」。東京タワーが建ち、初の東京オリンピックが開かれた頃を美しく物語るストーリーだ。当時は暴力や犯罪が多発し、人権軽視の社会でもあったが、そこは省略。それに世界の真ん中って、どこだ。

 冷戦後、歴史修正主義が勢いづき、第二次大戦後体制に依拠しながら、その価値を否定する「国民国家の物語」が流行した。今や国際政治の動力となっている。歴史は偉大な物語に負ける運命なのだろうか。(専門編集委員)