世界の見方



   幸福感と出生率の関係

   セルジオ・デラペルゴラ ヘブライ大学名誉教授(イスラエル)

     毎日新聞2020年2月9日 東京朝刊



 イスラエルの人口は右肩上がりで増え続けてきた。建国当時(1948年)の80万人が、70年後の2018年には約890万人と11倍になった。かつて人口増加をけん引したのは世界各国からの移民だったが、現在の最大の要因は出生率の高さだ。1人の女性が一生に産む子どもの数に相当する合計特殊出生率は3・11(17年)。経済協力開発機構(OECD)諸国の中では群を抜いてトップだ。

 その要因として手厚い福祉政策があるかと言えば、実はそうでもない。子育て世代の支援は北欧諸国やフランスに比べると不十分だ。

 それでも私たちが行ってきた調査によると、1家族の平均的な子供の数は3人だが、理想的な子供の数は4人と考え、本当はもっと欲しいと思っている。イスラエルは、世界の中でも「幸せだと感じ、楽観的な」国の一つだとされ、こうした心理が高い出生率の背景にあるのだろう。

 また、イスラエルの人口の特徴はその「若さ」にもある。例えば65歳以上の人口比率は約12%(18年)で、日本の約28%(19年)に比べると非常に低い。このため仮に出生率がある程度低下したとしても、死亡する人より生まれる子供の方が多く、今後も人口増加が続いていく見込みだ。

 イスラエルの国土の大部分は南部の砂漠地帯で、居住者が少ない。逆に中部は人口過密地帯だ。人口分布を変化させ改善するためには、南部にある開放地を最大限に利用しなければならない。

 南部ベエルシェバの都市圏人口は75万人に過ぎないが、同じように砂漠地帯にある米アリゾナ州の州都フェニックスの都市圏人口は400万人以上を誇る。イスラエルのような狭い国は、社会資本を均等に整備していく必要がある。南部を「周辺」と考えるのではなく、国全体を一体的に開発することで人口増加を吸収することができるだろう。【構成・高橋宗男】

 ■ことば

イスラエルの人口増加
 イスラエルは世界中に散らばっているユダヤ人の「祖国」として建国され、移民を奨励してきた。ソ連崩壊後の1990年代にはロシア系ユダヤ人を100万人受け入れている。高出生率の背景には600万人以上が犠牲になったユダヤ人大量虐殺(ホロコースト)の記憶があり、コミュニティーを存続させようという意思が働いているとの説もある。