東京五輪・女子ボクシング「金」 入江聖奈さん 
   好感度アップ、ちょっと怖い 

   福田智沙


     毎日新聞 2021/10/5 東京夕刊

   
お気に入りのカエルのリュックとポーズを取る入江聖奈選手=東京都世田谷区で2021年9月7日、宮武祐希撮影

 賛否両論が渦巻く中、今夏に開催された東京オリンピックは、終わると報道各社の世論調査で「開催して良かった」と前向きな評価が目立った。オリンピック閉幕から2カ月近くたった今、一躍注目を浴びたあのボクシング選手は、どうしているのだろうか。直撃した。

 それは日体大3年の入江聖奈選手(20)。東京オリンピックで日本の女子ボクシング界に初の金メダルをもたらした、フェザー級の選手である。試合後「今日だけはトノサマガエルになれた」との名言を残した五輪の女王は、大好きなカエルのマスクにリュックを身につけて、インタビューの場に現れた。


 一番好きなのはヒキガエルだそうだ。「つぶらな瞳と、んーにゃ、ってなった口と、どてっとした体形と人間味がある表情が好き。ヒキガエルになりたい」。今は毎日のように図鑑や本で勉強しているそうで、「奥が深い。『ヒキガエルのことなら私に任せて』となるくらい、死ぬまで勉強したいです」。

 さて、改めて偉業について聞いた。「金メダルをとったことは、今も信じられない。とった瞬間も覚えていなくて。表彰台に上って『君が代』が流れた時も信じられなかった」。うれしいことはうれしいが、まだ実感がわかないようで「私に金メダルは、なんか似合わないです」。金メダリストとなったことで戸惑いもある。同級生らから「金メダリスト」として見られていると強く感じるといい、「みんながもてはやしてくれるのが、ちょっと怖い」。カエルがよく出てくるというお気に入りのスポットには、人目が気になって行きにくくなったという。


 金メダリストの中でも、とりわけ入江さんはメディアに引っ張りだこである。それは金メダリストだからだけではない。試合の入場時はいつも笑顔で四方におじぎ。試合中もレフェリーに深々と頭を下げる。リング外ではカエル愛を爆発させ、ポンポンと面白い発言が飛び出す。オリンピックの試合後に会場を去る時に放った「サンキュー、ベリーサンキュー」は強烈な印象を放った。金メダルの余韻がさめやらぬ中、2023年春に予定する大学卒業を機に引退する意向を宣言し、ゲーム会社への就職希望まで明かした。とにかく自然体。常に笑顔で飾ることなく話す姿は好印象だ。

 「金メダリストというだけで好感度が上がっている気がして、自分は自分なのに、周りが違うようにしている」とこぼす。明るくて人気者のイメージがあるとぶつけると、「いや、明るくないと思います。全然」と意外な回答が返ってきた。「あまり外に行くのが好きではない。パリピー(人と集まって過ごすのが好きな人)ではない。どっちかというとインドア派」と自己分析する。それでも「『人前では愛想良く』というのをちゃんと意識してこの人生頑張ってきた。オリンピックでは多分、それが出たのかな」。


 新型コロナウイルスの感染拡大が収束しない中での五輪開催には反対の声も根強く、アスリートにも批判が向けられた。「やりたくなかったですね」。入江さんは当時の心境を明かす。「別に自分が勝つことを望まれていない気がしました」。これまでのオリンピックでは日本人はお祭り騒ぎし、熱狂した。だが、今回はコロナ下での開催だ。「いつも通りじゃない気がした」。勝敗やメダルの有無がより重要視されているように感じたようで、「負けた選手は何事もなかったかのように終わり、勝った選手はすごくフィーバーされる。今まで以上に勝ち負けの差がはっきり出るのがすごく怖くてやりたくなかったです」。

 だが、大会中に心境に変化があった。初戦突破後、自身のツイッターに、小学生時代に「2020年 20才で五輪代表に選ばれて金メダルをとる?」と書いたノートをアップし「オリンピック初戦、無事勝てました! 応援が力になりました そして、小学生からの夢にまず一歩踏み出せました」とツイートしたところ、温かいメッセージが数多く寄せられた。「オリンピックは悪くないな。やってやろう」。一つでも上の順位を目指そうと思ったという。


 選手村の生活は「暇」。テレビはなく、練習をして、寝て、ゲームをするという日々で、選手同士の交流は「あいさつはしたけど、お互い試合前だし、なんか申し訳ないと思って話しかけなかった」。ただ、これまで時間があればしてきた読書はしたという。三島由紀夫の「金閣寺」を読み、「文体がきれいで、読んでいるだけで賢くなれそう」と感じたそうだ。村上春樹の作品も好きという入江さん。「日本の小説にはない感じ、春樹節が多分好き」。とりわけ、「ノルウェイの森」と「国境の南、太陽の西」がお気に入り。「おしゃれ。朝、水泳して、コーヒー飲んだり。主人公の言い回しもキザだし。私もあれくらいスマートな人間になりたいです。特に何もしないけどなんかモテるし、ずるくないじゃないですか」。洗練された生き方が理想のようだ。



引退前に完全燃焼目指す

 大学を卒業したら引退すると公言した入江さん。オリンピックの3~4カ月前には決めていたという。撤回はない? 「はい。ないです」。即答だ。

 約3年後の24年パリ・オリンピック開催時は23歳で、日本史上初の連覇も十分可能なように見える。そんな問いかけに「練習が精神的にも身体的にもきつくて。歩けないくらい追い込まれたりした。オリンピック選手という自覚もあって、あまり調子が上がらないと余計きつかった。パリまで続けられない。もう3年頑張れと言われても無理です」。プロになることもないといい「女子プロは稼げない。減量もして仕事もしながら練習してっていう環境のわりには注目度も低い。今の状況を見ると行きたいと思えない」と言う。

 テレビでの露出も目立つが、芸能界もオファーがあっても「入るつもりはない」ときっぱり。「そんな甘い世界でない。あきられたら終わりというシビアな部分もある」。お笑い芸人の松本人志さんのドキュメンタリーを見て厳しさをひしひしと感じたそうで、「よく現実的だと言われます。理想ばっかり追いかけてても現実を生きていくので、ちゃんと考えないとだめ」。目標のゲーム関連の仕事は企業からオファーが「10くらい来た」といい、大手企業でインターンシップをすでに経験した。

 小学2年生の時、たまたま母が読んでいた漫画「がんばれ元気」をきっかけに始めたボクシング。13年に東京オリンピック開催が決まり、目標に定めた。「目指し始めた時は夢のまた夢だった。けど、ちゃんと毎日練習を頑張ったら、金メダルに近づいていると実感できた」と語る。「逆上がりもできないくらい運動音痴だった」のに、努力でボクシングで頂点に立つ夢を現実のものにした。

 残りの現役生活では22年9月、中国・杭州でのアジア競技大会で日本女子初の金メダルを目指す。「オリンピックで金メダルはとりましたけど、まだまだ足りないところが多すぎる。それを克服して頑張りたい」

 まずはボクシングで完全燃焼し、人生の新たなゴングを鳴らすつもりである。
【福田智沙】

 ■人物略歴

入江聖奈(いりえ・せな)さん
 2000年、鳥取県生まれ。小学2年生の時から地元のボクシングジムで競技を始めた。鳥取・米子西高3年の18年に全日本選手権優勝。19年に世界選手権ベスト8。