サントロペにあるブリジット・バルドー家のユニークな景色

    https://www.tipsandtricksjapan.com

     (ワシントン=芦塚智子)


    2020.11.15


    
ブリジット・バルドーはこの家に62年間住んでいます。
50年代と60年代のアイコンだったフランスの映画スター彼女は、60年以上前にはモデルや歌手としても活躍していました。現在85歳になった彼女は、フランスのサントロペにある田舎の家で隠居生活を送っています。一体どんなユニークな家なのでしょうか。



隠居生活

映画界で目まぐるしいキャリアを送った後、は62年前、フランスの海岸沿いの町ラ・マドラグへ引っ越すことを決意しました。水辺に直接面し、高い壁、フェンス、大きな植物や木々によって外界から遮断されています。この場所こそブリジットが常に重要だと感じていた平穏とプライバシーを確保できる場所だったのです。彼女は以前インタビューでこのような事を語っています「芸能界を辞めたのは正解だった、続けていたら恐らくマリリン・モンローやロミー・シュナイダーのような最期を迎えていたと思うから」

    


「本当に自分になりたかっただけ」

映画スターとして素晴らしいキャリアを送ってきたものの、彼女自身はこの生活をポジティブに捉えていませんでした。彼女は1973年に芸能界を引退し、映画の世界に背を向け、最終的に「自分自身の生活」を送る決意を固めたのです。「正直に言うと当時やっていたことは私のやりたいことではなかった」とも後に語っています。「私はとにかく自分自身でいたかったのです、自分に正直に…」



自然に生きる

ブリジット・バルドーさんが数年過ごした場所は、彼女の希望に沿って完全に設計されました。静けさに囲まれ、彼女が愛する動物と一緒に自然の真ん中に住むことができる場所です。彼女は夫のバーナード・ドルマレ氏と一緒にラ・マドラグに住んでいます。今でもプライベートには気を使っており、ゲストを呼ぶことはほとんどありません。

    


70年代のインテリア

ブリジット・バルドーの家の中は、70年代から多くの影響を受けた暖かい印象があります。ペンと紙を使って彼女は人々と、そして動物の権利のために働く財団と連絡を取り合っています。ブリジットは何年もの間、動物福祉活動に取り組んでおり「動物の保護よりも交通ルールが多いのはばかげていると思う、私は動物福祉のために生きます」と以前のインタビューで語っています。この気持ちは住む家にも色濃く反映されており、家の周りには、ヤギ、ポニー、ヒツジ、さらにはイノシシなどのさまざまな動物がいます。

    
    

ラガリーグのチャペル

ブリジット・バルドーは、サントロペで動物たちと共に外界とは接触せずに何年も過ごし、常に黒い服を着ています。スカートもドレスも着ません。現在や関節炎などの健康問題に苦しんでおり、歩くときは常に杖を使って歩いていますが、今でも毎日1、2杯のシャンパンは欠かしません。家の隣には礼拝堂があり、ここに生息するロバ、牛、豚など様々な動物は彼女が世話をしています。

    


ブリジット・バルドーの人生

85歳の彼女は、もうサントロペの市内中心部を訪れなくなりました。「私は私が知る昔のサントロペに愛着を持っています」と彼女は言います。食料品を家に配達で届けてもらい、美容師も定期的に家に訪れて髪を切っています。自由な時間はクロスワードパズルを解いたり、音楽を聴いたり、最近のテレビトークショーについて心配したりしています。また、彼女は今でも自分が出演した過去の映画を見ることもあり、「私の演技が及第点だったのは分かるけど、まるで別人を見ているようね。自分の映画を観るよりも他にやりがいのあることがあるわね」と語っています。