目覚める巨象、インドの変貌


   新型コロナ対応でインドが見せたスピード感 

   繁田 奈歩 インフォブリッジ・ホールディングス・グループ 代表取締役


     2020年4月28日 日経ビジネス




 3月25日、インドは全土を封鎖した。世界最大規模のロックダウンだ。同日、筆者は中央政府の役人と面談の約束があったため、朝から外出した。自宅から政府庁舎までは車で15分ほど。その間に、早くも警察が設けた数カ所の検問に引っ掛かった。昼、庁舎から帰る頃には検問での取り締まりは一層厳しくなっていた。「よく出かけることができた」と思うほどインドは素早く、徹底した封鎖体制を敷いていた。

 封鎖の取り組みに限らないが、インドでは中央政府がまず大まかな指示を出し、細かい指示や決め事は州政府に委ねられる。具体的に実行していくのは、さらに小さい組織、日本で言えば県にあたるディストリクトになる。それぞれの組織が短期間で緊急事態に対処していく中では、当然のことながら混乱も起きた。たとえばフードデリバリーを許可する州もあれば、そうでない州もあった。野菜のサプライチェーンに携わる人たちや、必需品の生産・供給に携わる人たちが警察から暴行を受けてしまったこともあった。事業許可を出す州やディストリクトと粘り強く折衝し、いち早くサービスを再開できた企業や店舗がある一方で、許可を受けられず苦しんでいる企業、店舗も多い。

   

デリバリーサービスは封鎖下の生活には欠かせなくなった。配達員のバイクの前面には生活必需品の配送サービスであることを示す紙が貼られている。

 警察が暴行するシーンは日本を含む世界で面白おかしく報じられてしまった。一般市民の耳をつかんでうさぎ跳びのような行動をさせる光景も報道されている。こうした行為が一部であったことは事実だが、あくまで例外的なものだ。政府が体罰によってルールを守らせようとしたわけではない。ちなみにインドで耳をつかむというのは謝罪とか反省を表す。ルールを守らなかったことを反省させるポーズを警察が取らせたのだろう。

 こうした混乱はあったものの、14億人もの人口を抱えるインドが厳格な封鎖を短期間で実現できたことは注目に値すると思う。中央政府に加え、地方政府の動きも迅速だった。この国には多種多様な人々が住んでいる。人口2000万人を超える大都市から農村まで、そして中央から地方まで、さらに治安部隊の末端まで意識を統一し、最低限の生活インフラを維持しながら封鎖を徹底していく。その取り組みは容易ならざるものだ。中央がいちいち細かいところまで詰めて封鎖の指示を出していたら、ここまで迅速な封鎖は実現しなかっただろう。

 残念ながら、今はまだ新型コロナウイルスの感染を抑制できていない。ただ封鎖に手間取っていたら事態はもっと悪化していたかもしれない。病がまん延してからでは遅い。脆弱なインドの医療インフラでは太刀打ちができない。スピード感をもって封鎖に取り組むためには、ある程度厳しい処罰を前提にしても規律を維持しなければならなかった。強制力を持った命令ではなく、「自粛」に頼ることができる日本は、ある意味恵まれていると言える。

伝統的なパパママストアが生まれ変わる

 新型コロナに素早く対応しているのは政府ばかりではない。この国で急成長しているスタートアップも、持ち前のスピード感を発揮して封鎖という非日常に対応している。まさに火事場のばか力というものを見せつけられている思いだ。

 自由に買い物ができない封鎖下の生活で頼りにされているのがデリバリーサービスだ。Bigbasket(ビッグバスケット)やGrofers(グローファーズ)など、必需品をオンラインで販売する大手ネットスーパーや、小売店舗から様々なものを購入して自宅まで運んでくれるDunzo(ドゥンゾー)のようなデリバリーサービスの利用が急激に伸びている。当初は配達員の不足などにより注文がうまくできなかったりもしたが、今は通常の水準に戻りつつある。特に「なんでも運ぶ」ドゥンゾーは肉や魚、野菜から日用品、さらには薬局にある大衆薬のデリバリーまで、多方面で活躍している。

 デリバリーサービスを手掛けるスタートアップは伝統的なパパママストア「キラナ」に注目し、短期間で新しいサービスを立ち上げている。

 まずはキラナについて説明しよう。生鮮品や日用品を販売する伝統的な小規模店舗で、インドの人々にとってなじみ深い存在だ。ただ筆者がインドで仕事を始めた2000年代中ごろになると、インドでもスーパーマーケットやハイパーマーケットなどチェーンストア、大型小売りが台頭し、キラナを脅かし始めた。

   

伝統的な小売店キラナに商品が搬入されている。

 徐々に存在感を失いつつあったキラナが、封鎖という非日常の世界で再び脚光を浴びつつある。インドのスーパーマーケットはどこにでもあるわけではない。一方でキラナはどこでも目にすることができる。筆者の近所にも、もちろんある。これまでは何でもそろうスーパーに時々買い物に行き、必要なものを購入していた。だが外出もままならない今は、近所の、間口1メートルほどの小さなキラナが頼りだ。店主も厳しい状況の中、あちらこちらの問屋に掛け合い、より多くの品を仕入れようと努力している。

 デリーなどの大都市では、フードデリバリーサービスを手掛けるZomato(ゾマト)やSwiggy(スウィギー)がキラナに注目し、新しいサービスを開始した。両社はこれまでレストランの食事を配達していたが、4月からはキラナの生活必需品を自宅まで届けるサービスを始めた。利用者はネットでキラナの商品を注文できる。つまり、地元密着の小さな店が、ネットのプラットフォームを介して消費者とつながり始めたのだ。

 中規模の都市でキラナの商品仕入れをサポートするスタートアップ、ShopKirana(ショップキラナ)は、消費者が近所のキラナの在庫を確認でき、欲しいものがあれば注文できる「Zaruri(ザルリ)」というサービスを立ち上げた。驚くべきはサービスを立ち上げるのに要した時間だ。ネットスーパーの品切れが続く状況を背景に発案され、たった3日でアプリを開発。即座にローンチされたという。「そのスピードと技術力には目を見張るものがある」。ショップキラナへ投資しているインキュベイトファンドのインド代表、村上矢氏はこう驚く。

 新型コロナの感染拡大と、それに続く封鎖は、インドの消費世界を大きく変えるかもしれない。インドの人々は一つのブランドに愛着を感じると、他のブランドには容易にはスイッチしないと言われる。一方、封鎖下の生活を支えるキラナの品ぞろえは、スーパーと比べると限られている。今は「あれがいいい、これがいいと」とブランドを選ぶ余裕はなく、とにかく必要なものを入手しなければならない。筆者もCatch(キャッチ)というブランドのソーダ水を好んで購入していたが、いつでも買える状況ではなくなった今は少なくとも3つ以上のブランドに手を出したりしている。メーカーなど企業からすれば、新しい消費者を獲得する絶好の機会が訪れているとも言える。


農産品のサプライチェーンでも革新的な動き

 封鎖を背景にしたサプライチェーン革新の動きは、BtoC(消費者向け)だけでなく、BtoB(事業者向け)にも及んでいる。2015年創業のスタートアップ,Ninjacart(ニンジャカート)が始めた新しいサービスもその一つだ。

 もともと彼らは連携した農家から買い上げた野菜を、都市部の八百屋やレストランなどに直接卸すビジネスを展開していた。封鎖が始まると、複数の一般消費者を束ねるボランティア「Ninja(ニンジャ)」を募集し、彼らを通じて消費者に直接、野菜を提供するサービスを始めた。ボランティアに近隣の消費者を束ねてもらうことで、疑似的な八百屋を開業し、そのエリアに安定して生鮮食品を提供できるようにしたのだ。ここでも注目すべきはサービス展開の速さで、封鎖が発表された翌日には新しいサービスを立ち上げている。検問などで、四輪車での配送がしづらいと見るや配送手段を一部バイクに切り替えるなど対応は柔軟だ。

 封鎖を機に、食品のサプライチェーンの強靭(きょうじん)性を高めようとする試みもある。アグリテック(最新の技術を活用して農業に革新をもたらそうとする試み)に長年携わっているインドのファンド「バーラット・イノベーションファンド」のパートナー、Hemendra Mathur(ヘメンドラ・マトゥール)氏は、封鎖下でも食品・農産品のサプライチェーンを維持、効率化することを目的とする起業家ネットワークを組織した。ヘメンドラ氏は「サプライチェーンを刷新することは難しいが、成功すればインドの農業に大きなチャンスをもたらす」と語る。インドの農産物に対する欧州やアジア諸国からの引き合いは増えているという。各国のバイヤーとインドの農家とをうまくつなぐことができれば、流通の拡大だけでなく、輸出の拡大も実現できる。

 全体で見れば、インドの多くの産業や市場は効率的に組織されているとは言い難く、個人あるいは零細企業の集まりにすぎないことが多い。農業はその最たるものの一つであり、零細農家が多くを占めている。サプライチェーンは脆弱で、一部でも寸断されれば多くの農家が痛手を被る。果物や野菜など長期保管が効かない作物は、市場に出荷ができなければ廃棄せざるを得ない。サプライチェーンが機能しないばかりにせっかくの作物を廃棄せざるを得なかったというニュースは今も紙面をにぎわせる。ただその光景は、新型コロナの登場と封鎖というショックを機に、今後大きく変わるかもしれない。インドの人々は転んでもただでは起きない。自分たちのミッションと役割を認識し、課題を見極めた上で、動きながら解決していく。そこから学べるところは多そうだ。